音色の改善・安定

【ミックスボイスと腹式呼吸】習得には必要ないが、安定化には必要です

ミックス習得と腹式呼吸

ミックスボイスは胸式でも出せる

声はお腹から出るるわけではなく、声帯に息がぶつかって振動することで作られます。つまり、声の源は声帯であるという事実を確認しましょう。

つまり、ミックスボイスはその声帯フォームを作れば、胸式呼吸でも出せます。ミックスボイスを出すために、腹式呼吸の習得は必須ではありません。

腹式呼吸は役立つ技術

ただし、腹式呼吸は次のようなメリットも多く、習得しておくべきでしょう。ただし、体にとって快適な発声を求め続けるならば、自然と腹式で声を支えるようになります。特別なメニューを組んで腹式呼吸の練習をする必要はないと考えています。

腹式呼吸のメリット

1. 喉絞め防止
2. ハイラリ防止
3. 声帯に送り込む息の量のコントロール
4. ミックスボイスを豊かな音色にできる

以下で、上記1~4のメリットについて、軽く解説します。

1.喉絞め防止

ミックスボイスには声帯フォームの維持が不可欠であり、発声時は声帯への意識が強まります。このため、無意識的に喉を絞めてしまうリスクがあります。

そんな中でも腹式呼吸を使用しながら重心を低く意識しておけば、喉への意識が分散され、声帯周りをリラックスさせることが出来ます。

2. ハイラリ防止

ハイラリとは、発声時に喉仏が上がりすぎている状態を指します。ハイラリの状態で歌うと、喉絞めを誘発しやすく声が枯れやすくなるのに加え、口内の共鳴腔が狭くなるために、声から響きが失われ、平たく細い声になってしまいます。

腹式呼吸を意識することで発声時の重心を低くすることが出来るため、喉仏の上昇を軽減でき、結果として声への悪影響をも軽減できます。

3. 息の量をコントロール

腹式呼吸で一番分かりやすいメリットです。胸式呼吸では難しいですが、腹式呼吸を用いることで、声帯に送る息の量をコントロール出来ます。

空気が一杯に入った風船から徐々に空気を抜いていくイメージで、一定の量の息を声帯に送り続けることが出来るのです。

歌唱中に腹式呼吸を使用することで、ミックスボイスの声帯フォームに適切な息の量を当て続けることが出来るようになり、声を安定させることが出来ます。

4. 声が豊かな音色になる

腹式呼吸により喉仏の上昇を軽減し、口腔共鳴腔を大きく確保することで、ミックスボイスは豊かな倍音成分を含むことが出来るようになります。

さらに、喉絞め防止効果のおかげで、声帯周りがリラックスし、声帯の健康な振動を補助できるというメリットもあり、腹式呼吸はミックスボイスの質向上に大きな効果があると言えます。

さいごに

ミックスと腹式は直接は関係ない

腹式呼吸は、ミックスボイスを出せる事とは直接は関係ありません。ミックスボイスの発声は、あくまで声帯フォームが作れていれば、呼吸法に関わらず可能です。

しかし、ミックスボイスが出せれば質には拘らないという方は少ないでしょう。どうせ出せるなら、良い質で安定して出したいはずです。

実質的には必須技術だが、難しくはない

腹式呼吸は、ミックスボイスの安定化と質向上に大きな効果を発揮します。そのため、実質的には腹式呼吸は必須の技術であると言えるでしょう。

ただし、腹式呼吸は自然な歌い方に含まれる要素でもあります。自分の体に向き合いっていれば、自然と身についてくるでしょう。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!