音色の改善・安定

【声がすぐに枯れる】高音を歌い続けても「枯れにくい声」の作り方

少しでも声を長持ちさせよう

発声時に声帯に負荷がかかるのは仕方がありませんが、声がすぐに枯れるのは困りますよね。この記事では、私の実体験を踏まえ、極力声を枯らさない方法をお伝えします。

何故声が枯れるのか

シンプルに言ってしまえば、それは貴方の発声が、声帯の適切な振動を妨げているからです。つまり、声帯に無理をさせているから、ということです。発声時にありがちな無理のさせ方として、以下の3パターンをご用意しました。

【声帯振動を妨げる3つの悪癖】
1 喉周りの筋肉で声帯を締め付けている   = 喉絞め発声
2 息の量が多すぎて、声帯を吹き上げている = 吹き上げ発声
3 声帯の準備ができていない        = 単なる準備不足

悪い発声には、一定の共通項があります。以降では1~3の3つの悪癖の原因を、それぞれA~Iまでの要素に分解し、それぞれの場合の対処法をお伝えしていきます。

1.【喉絞め発声】の原因を探る

喉絞め発声は、喉周りの筋肉を不必要に発声に参加させてしまう事で起きます。では、私たちは何ゆえに喉周りの筋肉を使った発声に飛びついてしまうのでしょうか?私の経験では、以下の様なことが考えられます。これらは全て、私が辿ってきた道です。

A 地声から裏声にリリースできていない
B ミックスボイス発声時のバランス調整を力で乗り切ろうとしている
C 力=声量と思い込んでいる

A. リリースできない

この場合、そもそもミックスボイスができていません。地声を持ち上げて歌っているので、声が枯れやすいのは当然です。この場合、適切なリリースができるように勇気をもって裏声を鍛えましょう。(練習法はこちら

B. 力で抑え込もうとしてしまう

これは、ミックスの発声感覚をある程度掴んできた時に生じやすいです。ミックスボイスの練習は、自転車に乗る練習に例えられます。つまり、バランス感覚の訓練が必要です。(注意:バランス感覚だけでは不十分です。詳しくは、後日、別記事にて)

ミックスボイスは非常に繊細な発声方法であるため、少しでもバランスを崩すと声帯のフォームが破綻しやすいです。しかし、喉周りを固めることで、バランスを崩しても多少のごまかしができます。喉周りの筋肉=自転車の補助輪と考えても良いでしょう。

しかし、自転車に乗れるようになるためには、最終的には補助輪なしで練習に取り組み、試行錯誤の中で運転の感覚を身につけていく必要があります。

ミックスボイスの習得にも、同じことが言えます。喉周りの筋肉の不必要な参加が無い状況で適切に声帯を閉鎖し、声帯に健康的な振動をさせる練習する必要があるのです。

この練習をしない限り、ミックスボイスの上達は勿論のこと、声が枯れやすいという状況からも抜け出せません。その場限りのごまかしを続けるのがいいのか、よろけながらでも成長を目指していくのか。成長したいのならば、急がば回れですね。

C. 力み=声量と考えてしまう

地声張り上げを引きずっていると、どうしてもこの発想から抜け出せません。この要素を排除するためには、ミックスボイスへの正しい知識が必要になります。

ミックスボイスは、軽めの力で声帯を鳴らし、共鳴で声を増幅して音量を稼ぐのです。この、声帯を鳴らすという感覚がミックスボイスの健康的な響きに必要不可欠です。

何よりも、地声のように力で音量を稼ぐという発想を捨てることが重要です。

2. 【吹き上げ発声】の原因を探る

喉絞め発声の原因に続いて、今度は吹き上げ発声の原因を探っていきましょう。私が考える吹き上げ発声の原因は、次のようなものがあります。

D ミックスボイスへの理解が足りない
E 腹式呼吸を使って、細く長く息を出すことができない
F 歌っている最中の息への意識が足りない

吹き上げ発声を改善するためには、技術的な要素もありながらも、知識や意識の持ち方がより重要になってくると考えています。

D. 理解力不足

ミックスボイスに必要な息の量は、貴方が思うよりずっと少ないという事をしっかりと認識するべきです。私自身は、ミックスボイスに必要な空気の量こそが適正で、張り上げ発声に必要な空気が多すぎるのだと感じています。

兎にも角にも、まずは正確な理解をすることが重要です。そして、その理解を実践するための技術として、次のEをマスターしましょう。

E. 息を細く・長く使えない

ミックスボイスその物の習得には、腹式呼吸は必要ないと思っています。しかし、ミックスボイスを安定させるためには、息を制御する技術が必要です。

ポイントは、「細く・長く」です。腹式呼吸で一息で30秒くらい息を吐くことが出来れば問題ないと思いますが、これを歌の中で常にキープするのはなかなか難しいです。

たまにミックスボイスの息の使い方というトピックの中で、「息を鋭く出す」というアドバイスを見かけますが、私個人としては息を鋭く出す必要があるとは感じていません。むしろ、声帯を鳴らすことができる範囲でできるだけ遅く息を出す方が良いと感じています。

全くジャンルは違いますが、プロ野球・広島カープのレジェンドである前田智徳選手がバットスイングについて語っていた「スイングは遅ければ遅いほど良い」という言葉に通ずるものがあるのではないか、と勝手に思っています。

F. 息への意識が足りない

ミックスボイスのための声帯のフォームに気を取られすぎて、それをどう鳴らすかと言う部分への意識が不足してしまうと吹き上げ発声になってしまいます。

カラオケで歌っている最中はそれほど感じないでしょうが、静かな場所で地声からミックスに跳ね上がる部分があるような曲を歌おうとしてみてください。

実際に声を出す必要はありません。あくまで、フォームの確認です。どうでしょうか?ミックスが必要となる音で、地声で出す部分と比べて、あまりに大量の息を吐こうとしていませんか?

私が息の使い方を練習する曲としては、スピッツの桃があります。この曲のサビで登場する大きな音程移動は、地声からミックスへ上手く切り替える練習に最適です。

いずれにしても、私たちは自然と息を吹き上げるような声の出し方をする癖がついているように思います。それを押さえるためには、常に息を「細く・長く」、そして「出来る限り遅く」使うという意識が必要です。

3. 【準備が足りない】原因を探る

さあ、いよいよ最後の項目です。ここでいう「準備」とは、歌う前の声帯ウォーミングアップは勿論ながら、精神的充足や日々の体調管理にも及びます。正しい理解と技術の実践を妨げる要素を、出来る限り減らしていきます

G. 歌う前のウォームアップが足りない
H. 気分が乗っていない
I. 体調が悪い

声帯のウォームアップが不足していたり体調不良の状態では、発声時に声帯に必要以上の負荷がかかり必然的に声が枯れやすくなります。

また、気分が乗らないときは、になりがちです。必要とされるミックスボイスの繊細なコントロールを放棄し、張り上げ発声に立ち戻ってしまうリスクが高まります。

要するに、歌を構成するのは貴方の全てなのです。出来る限り多くの項目で、ベストに近い状態をキープできるように取り組んでいきましょう。

G. 歌う前のウォームアップが足りない

食べる物、飲む物、起きる時間、事前のストレッチ、スケール練習やリップロール。歌のために気にするべき事項は山ほどあります。とはいえ、ストイックになりすぎても気分・体調に悪影響を及ぼしかねません。出来る範囲で、気にしましょう

私の場合、歌う直前のコーヒーや酒はNG、出来る限り寝起きから6時間以上たってから歌う、カラオケ前にリップロールを3分程する、歌う前に散歩するなどして全身、特に首・背中の筋肉を目覚めさせるという事を意識しています。

貴方自身の体の声を聴き、最適なウォームアップを見つけていきましょう。

H. 気分が乗っていない

声は、歌は、貴方自身が創り出すものです。もし貴方が何らかの事情で落ち込んで、陰鬱とした気分でいるのならば、ベストの歌を歌う事は難しいでしょう。

私たちはストレスの多い世の中に生きています。当然、落ち込むこともあるでしょう。そんな時は、無理に歌を歌おうとせず、歌を休むか、ストレス発散のために叫び倒しても良いでしょう。そういう時ばかりは、地声で張り上げたって良いじゃないですか。

歌に限らず、貴方は貴方自身の人生を充実させるための方針を持っていると思います。それに身を委ね、しばらく歌を忘れるのも良いと思います。歌は義務ではなく、楽しむ物です。楽しめるときに、楽しめばいいのです。

I. 体調が悪い

これも、Hと同様です。体調が悪いときは、無理せず休みましょう。特に、喉風邪や鼻風邪を引いているときは、おとなしく回復を待つのが良いと思います。

ミックスボイスでは、声帯を鳴らす=健康的に振動させることが必須です。風邪をひいているときは、これをすることが物理的に困難です。腫れあがった声帯は、少量の息では振動してくれないので、無理やり息をぶつけて歌うことになります。

当然、喉は直ぐに枯れてしまいますし、良くない発声の仕方を体に覚えさせることにもなりかねません。他の趣味に時間を費やした方が賢明です。私の場合は、テレビゲームやアニメ鑑賞で有意義に時間を使うことが多いです。

また、義務的に歌い続けていると、「歌いたい」という歌の練習に不可欠な気持ちが枯渇してくることもあります。その気持ちを補充するという意味で、歌から離れることも歌の練習と言えるのです。

さいごに

以上が私が考える、喉枯れの原因と対策です。しかし、声が枯れてしまう悪癖とその原因は、人それぞれです。最終的には、このブログのボイトレコンセプトでもある「自分の体の声を聴く」というスキルが重要になってくるでしょう。

ミックスボイスでも喉を枯らす発声をすることは出来ます。ミックスボイスは魔法の声ではありません。その性質をしっかりと理解し、適切なコントロールを常に意識することで、正しいミックスボイスの成功率を高め、長持ちする声を目指していきましょう!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!