ミックス感覚論

【ミックスボイスの安定】喚声点でのミスを軽減する「Uで巻き込み感覚」

こんな記事

ミックスボイスをある程度使いこなせても、いつでも完璧に喚声点を処理するのは難しいですよね。「喚声点ミス」を減らすのは、私たちの永遠の課題と言えます。

今回は、私が試行錯誤の中で見つけた、喚声点処理を少しだけ楽にしてくれる「Uで巻き込み感覚」をご紹介します。

個人の感覚は、「合う・合わない」があります。この感覚を導入する際は、貴方の体との対話を大切にしてくださいね。

貴方の喚声点処理の精度が上がり、曲の中でより満足を得られることを願っています!

「喚声点ミス」とは

その名の通り、喚声点付近でミックスボイスを失敗することです。喚声点ミスには、例えば次のような失敗が含まれます。

喚声点ミスの特徴

・音程がずれる
・ミックスにノイズが入る
・ミックスから地声感が失われる(最悪の場合、裏返る)

今回は、特に「声にノイズが入る」と「声が裏返る」に特化して、解説していきます。

「喚声点ミス」の原因

「声にノイズが入る」や「ミックスの地声感が失われる」のは、「声帯フォーム」の破綻が原因です。つまり、これらの様な「喚声点ミス」を減らしていくためには、「声帯フォーム」が破綻する確率を下げる必要があります。

声帯フォームの構成

「声帯フォーム」は、大まかに言うと「閉鎖」+「伸展」から構成されています。

「閉鎖」か「伸展」か、いずれかが何らかの要因で崩れ、そこに息が当てられると、声帯をコントロールすることが出来ず、「喚声点ミス」が発生します。その結果として、声にノイズが入ったり、裏返ったりしてしまうのです。

「Uで巻き込み感覚」とは

さて、ここからは「声帯フォーム」が破綻する確率を低減させるために私が重要と考えている感覚、「Uで巻き込み感覚」について詳しく述べていきます。

この感覚の意味と、何故効果があるかについて解説します。まず初めに、この感覚のポイントとして、発声時に気を付けるべき項目を二つお伝えします。

「Uで巻き込み感覚」のポイント

1. 喚声点を越える際、母音「U」を歌う時のイメージを保つ
2. 声を手放さない感覚で、喉の奥に引き付ける感覚を維持

以降でポイント解説をする前に、「体と対話する」ことの重要性をお伝えするため、この感覚を閃いた経緯からご説明していきます。

0.閃きの経緯

スピッツの「ありふれた人生」を歌っていた時、この感覚を閃きました。「ありふれた人生」の2番には、以下の歌詞があります。赤色の部分は、ミックスボイス音域です。

【スピッツ ありふれた人生 より引用】
(α) ・・・ 現実は怖いな
(β) ・・・ 点滅する色たち

つまり、(α)では「A」の音で、(β)では「U」の音でミックスへ切り替えることになります。そして、明らかに(β)の方が歌いやすいのです。

それを「U」の母音だからで済まさず、「この(β)のフォームを応用できないか」と考えて体と対話をした結果、「Uで巻き込み感覚」が生まれました。このことからも、体と向き合って、何故を考えることは非常に重要だと実感しています。

ポイント解説1. 「U」のイメージ維持

それでは、以下で「Uで巻き込み感覚」のポイント解説をしていきます。

この感覚の意図

この感覚で意識してほしいポイントは、常に「U」の母音を歌う時の「理想的なミックスボイスフォーム」意識しながら歌うという事です。

期待される効果

喉仏を一定の高さでキープできると、声帯の進展を強化し、閉鎖効率を上昇させます。また、ミックスボイスの音色に豊かな倍音成分を加え、地声との連結感の向上にも寄与します。

そして「U」の母音は下方向に声を向けやすいため、喉仏を上げずに歌いやすい母音です。ですから、「U」を意識して歌うことは、「声帯フォームの安定化」と「音色の向上」に繋がり、結果として「喚声点ミス」の発生率を軽減させます。

ポイント解説2. 声を巻き込む

続いて、「Uで巻き込み感覚」のポイント解説、その2です。

この感覚の意図

この感覚で意識してほしいポイントは、音が上がっても喉は上げずに、声をしっかりと体に巻き付けながら、声が体と連結していることを意識しながら歌うという事です。

「U」の母音の特長である喉を上げずに歌いやすいという感覚を強化するため、声を体に巻き付けるという意識を追加しています。

声を口腔内にひっこめすぎると声がこもり、声楽で悪い発声の代表例とされる「団子声(クネーデル)」になるリスクがあります。

この感覚を試す際は、発声を録音しながら行うことで、自分が求める響きが得られているかを確認するようにしましょう。

期待される効果

「声を手放さない」という意識付けは、喉仏の位置をキープすることに繋がります。従って、ポイント2も、ポイント1と同じく「声帯フォームの安定化」と「音色の向上」に効果があり、ひいては「喚声点ミス」の発生率軽減に効果があると言えます。

さいごに

私の練習ノートから、使えそうだなと思っている「Uで巻き込み感覚」をご紹介しました。繰り返しになりますが、感覚が「合う・合わない」は、人それぞれです。

自分の体との対話を繰り返しながら、使える部分を導入し続け、自分なりの発声法を確立していきましょう。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!