ミックス感覚論

【声の質を上げる】固まりがちな声帯を自由に振動させる「唇共鳴感覚」

こんな記事

誰しも、ミックスボイスに地声感が欲しいですよね。しかし、地「声感のために必要な事=声帯閉鎖の強化」ではありません。

ミックスの地声感に必要なのは、声帯の健康的な振動で、その為の助けとなるのが、今回ご紹介する独自感覚「唇共鳴感覚」です。

この感覚を発声に取り入れ、自由で伸びる声を手に入れましょう!

結論

声帯の閉鎖声帯の固定は似て非なる考え方です。声帯の無理な固定は、発声時の不要な筋肉介入を招き、声の自由度を損ないます

正しい閉鎖では、声帯を自由に振動させて鳴らす必要があり、そのために「唇共鳴感覚」が助けとなるかもしれません。

この発声は、発声調整ツールであり、常時この感覚で発声することを推奨するものではありません。この発声に頼りすぎると、口先発声で喉が上がりやすくなるリスクがあります。

「唇共鳴感覚」とは

声を宙に漂わせるような感覚で発声しながら唇周りで受け止め、喉周りをリラックスさせる独自感覚が、唇共鳴感覚です。

この感覚を通常の発声に少し混ぜ込むと、声帯のリラックスに役立ちます。そして、中音域でノビのある柔らかいミックスを出すことが出来るでしょう。

殆ど力を入れていないのに、声が良く響く感覚を得ることが目的です。最小の力で最大の効果を生み出せるポイントを探っていきましょう。

唇共鳴感覚」を掴むために意識するべき点は、以下の通りです。

A.「WOW」のフォームと発声意識

まず、重要な前提事項として、「wowを出すときの喉のフォーム」と、「発声時の意識」を確認しておきましょう。

  1. 軟口蓋を上げて、口の中に広い空間を確保
  2. 喉仏を下げることで、口の中にさらに広い空間を確保
  3. 軽やかな発声イメージ(最初は、アニメ声でOK)
  4. 息は吹き上げない

B. 声を滑らせて出す

声から無駄な力感を抜くために、声を滑らせることが助けになります。これは、横顔のUラインで声を滑らせる感覚で、息も同じラインで流すようにしましょう。

「wow」を発声する際、初めの「w」でうなじあたりから声と息が出発し、「o」で声が顎のラインを通り、最後の「w」で口に達します

C. 唇を大げさに動かす

唇を突き出して「wow」というスケールを練習すると、感覚が掴める可能性があります。唇は「wow」という音の変化と共に、大げさに動かします。

唇に意識を集める目的は、声帯をリラックスさせることです。声帯の閉鎖は最小の力で行いながら、意識的な声帯の固定を取り除くようにしましょう。

唇は固めてはいけません。子供が、大好きなソフトクリームにむしゃぶりつくようなイメージで、力を唇に集めるようにしましょう。

D. 唇で声を受け止める

ただ宙に漂って消えていく声では、声量が出ません。声量を出すためにはフックとなるポイントが必要で、声をフックとして、唇で受け止めます

E. 唇で声を共鳴させる

受け止めた声を広げれば、共鳴によって声量を稼げます。そこで、唇で受けた声を顔全体に広げるイメージを大切にします。

顔の前に地面に垂直な板があり、唇を接点としてその板全体に声が広がっていくイメージで、声楽の「マスケラに響かせる」に近いです。

さいごに

ミックスボイスにおいては、最小限の力で閉鎖し、軽やかに鳴らすことが必要で、そのためには声帯のリラックスが必要不可欠です。。

今回の「唇共鳴感覚」は、声帯の不要な力みを取り除き、声帯を鳴らす感覚を掴むために役立ちます。ぜひ、トライしてみてください!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!