発声の罠・注意点

【急がば回れ】高い声で自由に歌いたいなら、地声から離れるべきである理由

こんな記事

私が「高い声の出し方」から連想するのは、通常の発声、つまり地声の延長線上で工夫をして「高い声を出す」という発想です。

しかし、その方法ではミックスにたどり着くことは出来ません。「高い声の出し方」自体は、簡単でシンプル。裏声を使えばよいのです。

そして、その貧弱な音色をどう育てていくかという視点を持てるかどうかが、ミックスボイスの成長可否を分ける要素だと考えています。

結論

喚声点より上は裏声に切り替えるべきです。高い音を裏声に任せることは、体の自然に沿っています

自由で美しい声で歌いたいならば、気にするべきは、どうすれば「裏声感覚の声」が地声っぽく聞こえるか、です。

高い声=裏声でOK

地声を何とか持ち上げて楽に響くポイントを探そうとしてはいけません。過去の私は、この方法で発声の成長が随分と止まりました。

引用 : コーネリウス・リード著 「ベル・カント唱法 その原理と実践」p111

「胸声の機能を無理なく出せる音域以上に高く押し上げるどんな試みも許されない

地声を持ち上げることは、声の成長面声帯の健康面から避けるべきです。では、高い声を出したい私たちは、どうすればよいのでしょうか?その答えは、シンプルです。高い声は、裏声で出そう。それだけです。

地声をダメージを少なめで持ち上げる方法はありますが、その発声には自由度と柔軟性が足りません。常に全力の勢いと力が必要になり、滑らかなフレージングや音色の調整が難しいのです。

音色を育てよう

ミックスボイスは、出し方が分かれば一気に充実した声が出せるようになる訳ではありません。従って、コツコツとした基礎練習を積み上げる必要があります。

ミックスボイスは、基礎練習さえすれば、才能に関わらず誰でも習得できる可能性があるともいえます。その習得に、天才的な閃きは必要ありません

「貧弱な声」の育て方 ~基礎編~

高い声は裏声に頼ろう。貴方にとっての喚声点、つまり男性ならmid2D付近、女性ならhiA付近からは裏声発声に切り替えるべきだと考えています。

ただし、裏声にもいくつか種類があり、適切な力を積み上げていける裏声を使って練習する必要があります。即ち、ヘッドボイスを使いながら「声帯フォーム」を構築し、最終的に声帯交錯筋の覚醒を目指すという方法です。

「それなりの声」の育て方 ~中級編~

ある程度、「声帯フォーム」が出来上がってきたら、その発声を実際の歌唱の中で使っていくことで練習していきます。

いきなり難易度が高すぎる曲を選ばないように注意は必要ですが、基本的には自分の好きな曲を歌うようにするのが良いでしょう。歌の練習に最も必要なのは、継続することです。自分が歌っていて楽しい曲を選ぶことが良いでしょう。

「地声っぽい声」の育て方 ~応用編~

基礎が固まってきたら、テクニックによる音色調整も積極的に取り入れていきましょう。声が響く方法安定する方法を探しながら、色々な感覚を発声に試しては捨て、試しては捨てを繰り返しているうちにしっくりくる感覚が見つかるかもしれません。

もちろん私も、積極的に色々な感覚を試しています。例えば、私がミックスボイスを安定・強化するために使っている独自感覚を紹介するコーナーもありますです。

コツや閃きは基礎力があってこそのものです。「声帯フォーム」が安定していない状態でコツだけを追い求めるのは時間の無駄です。

さいごに

ミックスボイスでラクラク高音を歌うという目標を達成するためには、「高い声の出し方」を探るというより、「裏声をいかに地声に聴かせるか」が重要です。

地声を持ち上げる形での「高い声の出し方」を探るのではなく、裏声を響かせる形での「声の育て方」を目指し、充実したミックスボイスを手に入れましょう!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!