発声の罠・注意点

【高い声は才能ですか?】高い声を実現するのは才能ではなく、練習量です

こんな記事

練習すれば、誰でも高音が出せるなんて嘘だ。そういう意見に対し、私は原則的には反対の立場をとっています。

何故ならば、私たちにはミックスという武器があるからです。そして、ミックスを習得すれば、高音をラクラクに出すことができます。

この記事では、高音は才能という罠に陥る3つの理由を解説します。罠を回避し、才能限界論を突破して練習を継続しましょう!

 

結論

高い声は才能。良く聞く言葉ですが、必ずしも適切ではありません。ミックスボイスを使えれば、地声に拘って歌う必要はないからです。

そして今、ミックスボイスという技術に光が当たり、その習得方法も様々な角度から分析がなされるようになっています。

その習得に必要なのは、生まれ持った才能ではなく、声帯を目覚めさせるために地道に練習を繰り返す根気です。

「高い声は才能」という誤解

私たちが高い声が才能であると思ってしまう理由は、どこにあるのでしょうか?私は、大きく分けて以下の様な理由があると思っています。

  1. 地声とミックスの響きを聴き分けられない
  2. ミックスボイスは、才能で作られるという誤解
  3. 高すぎる高音への憧れ

1. 音色を聴き分ける能力が不足

音楽好きの私たちには、それぞれ好きなアーティストがいます。それらのアーティストはラクラクと高音を出しているように聴こえるかもしれません。

しかし、プロがラクラクと高音を出している場合、その歌手は、極端に地声が高いなどの例外を除き、ほぼ確実に裏声を使ったミックスボイス発声を使っています。

プロがミックスを使っている音に対して、地声で出そうとしても無理です。そうなれば、高音は才能だという結論に至ってしまうでしょう。

2. ミックスは才能だという誤解

ミックスは歌唱に自由をもたらす発声ですが、その実現には繊細な声帯制御が必要です。多くの人にとって、この繊細な動きを自然に見つけることは難しいでしょう。

また、ミックスボイスに関する情報が広まったのは、つい最近の話です。そうなると、昔はミックスは才能だという考えがあったとしても仕方がありません。

プロ野球界のレジェンドである落合博満氏は、「努力は裏切らないから、結果が出るまで努力を続けなさい」と述べています。

3. 狙う高音が高すぎる

高音は、才能が無くてもミックスを使って出せると言うのが、私の基本スタンスです。しかし、勿論例外があります。それは、高すぎる音を目標としている場合。

最近の楽曲では、男性でもhihi域を出すことを要求されることもあるかもしれません。この位の高音になると、声帯の物理的な形などの制約が絡んでくる可能性があります。

高すぎる音のイメージ

さいごに

高声=才能というのは虚像です。そして、その虚像を打ち破るために必要なことは、目標とする声を正しく理解することと、その理解に基づいて練習を繰り返すことです。

特別な才能が無くてもミックスは習得できます。必要なのは、才能より努力の継続です。私が考える習得への道筋は、以下のページに掲載しています。

熱気バサラのように熱く生きたい!
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。草野マサムネさんのようなボーカルを目指してボイトレに励みつつ、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。日ハム、エンゼルス、ACミランを中心として、幅広くスポーツが好きです!ツイッターは、スポーツ観戦の話が中心です!
\ Follow me /
error: Content is protected !!