音色の改善・安定

【実践編】ミックスボイスに必要な息のコントロールを体得し、声を安定させよう

こんな記事

ミックスボイスがある程度できてくると、細かい失敗が気になります。美しい物の中にシミがあると、目立つからです。

そんな細かいヒビ割れは、声帯フォームの破綻によるノイズ混入によって起こります。ノイズは、安定した歌を汚してしまいます

ノイズの大きな原因である、息の使い方にしっかりと向き合い、ノイズの少ない安定した歌唱を実現していきましょう!

結論

理想の「声帯フォーム」は最低限の力で閉鎖されています。そんな「声帯フォーム」に勢いよく息をぶつけると、閉鎖破綻を招きます。

ミックスボイスの安定には、息を出来る限りゆっくり、そして少量流すことが必要です。その定着のために意識すべき点をご紹介します。

 

息の使い方の注意点

基本方針は、流れる水が如し。息に勢いをつけるなど、不自然な動きをしてはいけません。ただ、理想のコントロールを維持するのは大変困難です。

息を暴れさせないようにして、出来る限り「声帯フォーム」の安定を維持するには、以下の様な感覚を大切にすると良いと考えています。

  1. 息を一気に使わない
  2. 息を目いっぱい吸わない
  3. 全身を緊張させない
  4. 自然な呼吸に立ち返る

1. フレーズ始めで、息を一気に使わない

フレーズ始めは、声帯破綻が起きやすいポイントです。声帯は、ゼロから始動し、健康的な振動をしなくてはならないのです。当然、失敗のリスクがあります。

そんなフレーズの立ち上がりは、息の使い方においても慎重な対応が求められます。私は、は、「フレーズ始めを始めにしない処理」で対応しています。

つまり、フレーズが始まる少しに、軽く息だけを声帯に流す予行練習を行い、「こんな感じで始めろよ」と声帯と脳に合図を送っているのです。

予行練習なしにいつでも安定して立ち上がる理想です。ただし、マイクを外せば、予行練習のノイズが聴こえることもありません。

2. 意識的に息を吸い込まない

これも、フレーズの立ち上がりを特別視しないための取り組みの一つです。声を出すためには息を使う必要がありますが、目一杯息を吸い込む必要はありません

一気に吸い込んだ息は、一気に消費してしまいます。そして、一気に消費しようとした息は、声帯に勢いよくぶつかって「声帯フォーム」を崩します

このことを避けるため、息を意識的に吸いこむのをやめるのです。しっかりと吐き切れば、息は自然と入ってきます。

3. 全身を固めない

フレーズ始めが難しいと思っていると、体が硬直し、息に勢いをつけた発声になりがちです。その場合、「声帯フォーム」が破綻するリスクが高まってしまいます。

とにかく、リラックスすることが重要です。体をゆらゆらと揺らしながら歌うなど、自分なりのリラックスできる方法を見つけましょう。

大切にしたいコンセプトは、流れる水の如しです。一定速度で流れ続ける水のように、柔らかい息の使い方をイメージしましょう。

4. 自分の発声を冷静にとらえる

カラオケのバックミュージックの中で歌っていると、どうしてもアカペラで歌う時のような理想の発声からは逸脱してしまうリスクがあります。

そんな時は、アカペラ感覚を思い出すのをおススメします。マイクに向かって声を出すという状況をいったん忘れて、アカペラで歌うつもりで発声してみるのです。無駄な力みや勢いがあれば、直ぐに気づけるはずです。

さいごに

息の使い方は、ミックスボイス発声の必須条件ではありませんが、ミックスボイスを安定・強化していくためにはマスターするべき要素です。

大切なのは、出来る限り特別な意識を廃し、自然の状態に近づいていくこと。息の使い方への意識を完全に忘れるくらいの域を目指して、頑張りましょう!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!