音色の改善・安定

高い声が裏返るのを直したい?ミックスボイスが裏返るときに考えて欲しいこと

こんな記事

ミックスボイスが裏返ってしまう。それは確かに問題ですが、そもそもの話として、貴方のミックスボイスは正しい道の上にいますか

不具合を力で無理やり押さえつけて誤魔化すような発声では、遅かれ早かれ転んでしまいます。そんな発声に、陥ってはいませんか?

この記事では、声の裏返りを「発声のエラー」として広く捉え、そのエラーが発生してしまう原因と対応策を考えていきます。

結論

ミックスボイスを出すためには、「声帯フォーム」の適切な運用が不可欠です。逆を言えば、これが出来ない場合、声が破綻します。

ミックスボイスが裏返ってしまうのも、「声帯フォーム」が問題。無理なギアチェンジをしないように心がければ、改善が可能です。

ミックスボイスの発声

私の考えでは、ミックスボイスそのものは裏声がベースなので、ミックスは裏返るというよりは、抜けて裏声になってしまうという認識です。

そして、私の考えでは、声が抜けてしまうのは「声帯フォーム」が破綻するから。つまり、不安定な声=不安定な「声帯フォーム」です。

当然、「声帯フォーム」を改善すれば、発声も改善します。つまり、声の裏返りが発生するリスクを下げることができます。

発声に必要な状態

ミックスボイスを出すためには、「声帯フォーム」を以下の状態にする必要があります。育成手順は、別ページで紹介していますので、そちらをご確認ください。

【声帯フォーム】

声帯フォーム =(A.基本閉鎖 + B.特殊閉鎖)+ C.基本伸展

何故、フォームが乱れるのか

ここからは、「声帯フォーム」が乱れる理由を分析していきます。簡潔に言えば、フォームが乱れるのは、発声時に無理をしているからということです。

そこで、どうして無理をしてしまうのかという視点で発声を分析することが重要になります。声帯に無理をさせる要因は、次の2点が考えられます。

  1. 声の切り替えが遅い
  2. 息の使い方が乱暴

それでは、以上の二つの要素を個別に分析していきましょう。

1. 声の切り替えが遅い

地声張り上げで押さえつけた声帯を瞬時に整え、ミックスに入っていくことはほぼ不可能です。多くの人は、声の切り替え、ギアチェンジをするのが遅すぎます。

ただし、悲観することはありません。発声法とその認識を、以下のように変えることで、声を成長軌道に戻すことが可能です。

喚声点の考え方

私は、喚声点は、どこまで地声で出せるかではなく、どこまで無理なく地声で出せるかで判断するべきだと考えていて、喚声点の定義を以下のように考えています。

喚声点=地声に少しでも負担を感じ始める音

繰り返しになりますが、どこまで地声で出せるかは関係ありません。私はかなり無理をすればhiAくらいまで地声で出せますが、mid2Cからミックスに入る意識を持ちます。

貴方の体がこれ以上はツライと言ったなら、そこが貴方の喚声点です。ここまでは地声で出さなければいけない、などは止めましょう。

出しにくいエリア

地声に無理をさせないというルールを徹底すると、低音域と高音域の間に地声・裏声どちらの声でも上手く処理できないエリアが生まれるでしょう。

しかし、これは、悪いことではありません。むしろ、自然な姿です。そして、この姿を覆い隠すために地声に無理をさせ続けても、ミックスは獲得できません。

誰もが処理に困る中音域に徐々に力を持たせる練習が、ミックス練習の本来の姿です。そして、その過程で失敗するのは、自然なことです。

声の育て方

大切なことは、このギャップ部分を地声張り上げなどのその場しのぎで誤魔化そうとするのではなく、弱い声を育てるという意識を持つことです。

2. 息の使い方が乱暴

今まで述べてきたように、「声帯フォーム」が乱れてしまう最大の原因は、本来地声で出すべきでないエリアまで地声に無理をさせていることです。

ただし、適切な声の切り替えが出来ていても、息の使い方が乱暴だと、「声帯フォーム」が乱れてしまいます。息の使い方の基本は、以下の通りです。

フレデリック・フースラー氏の助言

歌唱と息の関係については、ベルカント唱法からも有益な指摘が多数なされていますが、一つだけ抜粋します。貴方は以下を地声張り上げで達成できると思いますか?

【 フレデリック・フースラー著 「うたうこと」p67より 引用 】

息の使用量は極度に少なくしなければならない。(中略)(「私は歌うためには、花の香りをかぐ程度にしか、息を吸わない」)

地声に無理をさせた状態で、息を適切に使う事は不可能です。この意味でも地声張り上げは卒業するべきだと言えるでしょう。

さいごに

今回は、声が裏返ってしまうという事を「声帯フォーム」の暴発として捉え、暴発リスクを最小化するための考え方を述べてきました。

繰り返しになりますが、中音域が出しにくいのは普通です。そして、その問題に正面から向き合ったとき、私たちの声は成長への一歩を踏み出すと言えるでしょう。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!