発声の罠・注意点

【mid2Eで限界】「地声が低い人はミックスボイスが出来ない」という誤解を打ち破れ

こんな記事

地声が低いから、ミックスボイスが出来ない?安心してください、そんなことはありません。ミックスボイスを出すために地声高音が出せる必要はないからです。

出来る必要があるのは、声帯コントロールで、それは地声が低くても問題ありません。さらに言うなら、地声の低い方は、深い響きを持ったミックスを作りやすいです。

お分かりですね?地声の低い方も、心配する必要など一切ないのです。さあ、素晴らしいミックスボイスを、迎えに行きましょう!

結論

声が低い方は、より深い響きを持ったミックスボイスで歌うことが出来る可能性があり、声のポテンシャルが高いと言えます。

声が低い方は、大器晩成型。コツコツと練習を重ねていけば、自分でも驚くような響きを持ったミックスボイスを生み出せるでしょう。

「低い声は才能」の意味

高い声は、適切なトレーニングによって大きく拡張できますが、低い音を大きく拡張していくのは困難です。この意味で、低い声は才能の要素が大きいと言えます。

しかし、「低い声は才能」というのは、一体どういう意味でしょうか?私は、この捉え方を間違ってしまっている方が多いように感じています。

「低い声=魅力=才能」という誤解

現実を考えると、低い音そのものは、高い音に比べると評価が低いのは事実です。例えば、それぞれ、lowChiCをラクラク出している男性がいるとしましょう。

その場合、どちらの男性がより評価されるでしょうか?。答えは明らかに、後者のhiCを出している方ですね。ここを否定しても仕方ありません

ただし、ここで腐って、「低い声は才能」という言葉を気休めの慰みと捉えてはいけません。低い声は、素晴らしい才能です。

「低音成分=魅力=才能」だ

私は、低い声そのものに魅力を感じることはあまりありません。しかし、低音の倍音が含まれている声は、とても魅力的だと思います。

そして、地声の低い人は、その点でアドバンテージ、才能があると思っています。言うまでもなく、ミックスボイスの音色地声の音色に左右されます。

この意味で、地声の低い人ほど、豊かな低音成分を含んだ響きのあるミックスボイスを獲得するためのポテンシャルが高いと言えます。

私の憧れはスピッツの草野さんなので、ダンディーな声が必要という訳でもありませんが、それでもアルフィーの桜井ヨルシカのsuisさんのような声は、カッコいいなと思います!

地声が低くてもミックスできる

地声が低い人は、喚声点も低いです。つまり、曲内でミックス処理しなくてはいけない音が増えます。また、超高音の習得難易度が高いのも事実です。

声が低い人には、上記のデメリットはあるものの、私に言わせれば、取るに足らない問題です。声が低い人はそれ以上のメリットを享受できるのですから。

地声高音は、ミックスに必要なし

どんなに地声が低いと言っても、ミックスボイスは地声ではありません。ですから、地声が低いからミックスボイスが出せないという事はありません。

引用 : コーネリウス・リード著 「ベル・カント唱法 その原理と実践」p111

「胸声の機能を無理なく出せる音域以上に高く押し上げるどんな試みも許されない」

ミックスは、地声と裏声そのものを混ぜる声ではありません。つまり、ミックスで出したい音が、地声単音で出せる必要もないのです。

では、どうすれば?

声を混ぜるという発想ではなく、声帯の機能を混ぜるという発想の転換が必要です。このブログでは、それを「声帯フォーム」を構築すると表現しています。

つまり、地声っぽい音を作る筋肉と、裏声の自由さを作る筋肉を同時に使えるようにトレーニングする、ということですね。

どのくらいまで出せるの?

上記の声帯フォームの考え方で安定して歌えるようになれば、裏声で出せる高音まで、地声から繋がった声を目指せるでしょう。

結果として、男性でもhiC、女性ならhiEくらいまでは出せるようになると思っています。勿論、完成することはないので日々改善です。

さいごに

私にとって、地声が低いという事はプラスの才能です。誰しもが、地声っぽいミックス、力強いミックスなどを追い求めているのですから、自明の理です。

超高音が習得しにくいなど、多少のデメリットはあるものの、貴方の力強い中高音は、そんなデメリットを木っ端みじんに打ち破ってくれるでしょう。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!