成長のための知識・指針

高い声の出し方が分からない?殆ど効果のない小手先の対策から卒業して改善しよう

こんな記事

巷には、高声を出すための手法が溢れています。高音発声と言うトピックに、多くの方が興味を示している証左と言えるでしょう。

しかし、それら手法の多くは、本質的には高音発声に繋がるモノではなく発声を調整するための技術であると感じています。

この記事では、高音発声に役立つとされる一般的手法への私見と、私が考える高音開発の本質的手法をご紹介していきます。

結論

高い声が出ない方が認識するべきこと。それは、高い声は、発声を自然に返し、丁寧に整えた結果として現れる物だということです。

呼吸法や声の当て方を変えるなど即時効果のある手法に頼るのではなく、体の自然に従って声を育てる必要があります。

高い声を出すための一般的手法

高い声を出す方法としては、例えば以下の様な事が挙げられます。

  1. 腹式呼吸
  2. 喉を開く
  3. 姿勢を整える
  4. 声を当てる位置を変える

これらは確かに、声質調整に役立つ手法ではあります。しかし、本当にこれらを行えば高い声が出るようになるのでしょうか?私の答えは、NOです。

高い声を出すために必要なこと

高音で声を開放するために本当に必要なことは何でしょうか?それは、地声を持ち上げるのとは全く異なる声帯の使い方です。

一方、腹式呼吸、喉を開く、姿勢を整えるなどの手法を練習しても、声帯の使い方の練習にはなりません。つまり、これらの練習では、高音は開放されません

青枠内の1~3の技術は、声の質を高めるための大切な要素ですはありますが、高い声を出すための技術ではないという事です。

どうして誤解が広まったのか

では、これらの方法はいったい何故、高声を出したい人向けの処方箋として、広まるようになってしまったのでしょうか。私の答えは、非常にシンプル

本質的な練習を求めている人が、相対的に少ないから

つまるところ、世間には、本質的なボイトレを望んでいる人よりも、お手軽に試せて多少の効果がある手法を望む人の方が多いということです。

別に練習したいという訳ではないけど、カラオケでちょっと注目されたい。そういう方にとっては、喉を開いたりする手法がマッチするでしょう。

喉を開くなどの手法でも、多少の効果は見込めます。ただし、本質的な高音開放のための技術ではないため、劇的な効果は望めません。

では、どちらを取るか

簡易的ボイトレは、何も悪いことではありません。全ての歌好き・カラオケ好きが、毎日の時間を削ってまで練習したいと思っているはずもないのですから。

しかし、ここで貴方に問いかけたいことがあります。貴方の答え次第で、上記の3手法という平坦な道に留まるか、苦難の道を進むかが決まります。

声に真の自由を与えるため、喜んで苦難の道を選びたいと思いますか?

苦難の道の先に

私が考える高音発声の本質的手法とは、言うまでもなくミックスボイスの習得です。上記にて、この道を苦難の道と形容しましたが、それは以下の様な理由からです。

ミックス習得のために必要な覚悟

ミックスボイスを習得するためには、以下の点を受け入れる必要があります。

  1. 発声を変え、最初は弱い声に耐えなくてはならない
  2. 上手くやっても時間が掛かり、即時的な成長はない

どちらも忍耐力を要することです。以下の覚悟を、貴方は持てますか?

1. 発声を変える覚悟

発声を大きく変える必要もあり、それまで地声張り上げで対応していたであろう喚声点付近の音を、裏声発声に切り替える必要があります。

2. 弱い声を育てる覚悟

当然ながら、最初は声が弱くなります。「地声で少し無理して出せば十分に歌えるのに」というジレンマを感じるのも大きなハードルです。

最低でも年単位の練習を積まなければ、ある程度納得できる声の獲得には至らないでしょう。ちなみに、私は1年では足りませんでした

本質的な練習法

貴方に困難の道を進む覚悟があるのならば、後は練習を継続していくだけです。具体的な練習方法は、別ページにて纏めています。

私たちが赤ん坊のころに使い、今は忘れてしまった自然な発声を取り戻していくプロセスが、本質的な高音開発です。

さいごに

コーネリウス・リード氏のベル・カント唱法においては、パンくずを噛むことで喉を柔らかく使うという練習法を痛烈に批判しています。

同氏は、ベルカントの原理を丹念に応用していくことのみによって、声の開放が成されると指摘し、パンくずトレーニングの様をインチキとまで表現しているのです。

高い声を出すための手法に、即時効果を求めてはいけません。小事を積み上げて、声を育成していくしかないのです。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!