スピッツの曲

スピッツの「ロビンソン」の魅力を語る。歌詞の意味も独自考察

ロビンソンのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「ロビンソン」は、スピッツの6thアルバム「ハチミツ」収録曲で、もはや説明不能なほどの有名曲。80年代生まれの音楽好きで、この曲を知らない人を見つけるのは難しいでしょう。

この記事では、そんな「ロビンソン」の魅力を語りつつ、歌詞の意味を考えます。二人が作り上げる国とは、どんな国でしょうか?

「ロビンソン」とは

「ロビンソン」は、スピッツが1995年にリリースした6thアルバム「ハチミツ」の収録曲。前曲の「あじさい通り」で箸休めをした後にやってくるのが、「ロビンソン」。この曲は、スピッツ史はもちろん、邦楽史にも刻まれた超大作と言えるでしょう。

曲名コメント一般知名度お気に入り度
1ロビンソンスピッツの代名詞
スピッツのロビンソンのイメージ

「ロビンソン」の印象

「ロビンソン」は、スピッツの代名詞。発売当初、草野さんは地味な「ロビンソン」は売れないと考えていたようですが、予想外のスマッシュヒット。以下では、そんな「スピッツと言えば」という地位まで上り詰めた「ロビンソン」の魅力を語ります!

1. 演奏について

「ロビンソン」の演奏は、草野さん曰く地味。ただ、私自身は「ロビンソン」が地味だと感じたことはありませんでした。また、一般的に考えて、地味な曲が売れるとは思えませんから、世間の人も「ロビンソン」が地味とは考えていないのでしょう。

とは言え、私は「ロビンソン」が派手と感じたこともありません。「ロビンソン」への印象を形容するならば、「凛とした美しさを持つ曲」という感じです。「美しい」だけでは、曲が持つ気高さを表現しきれないと感じています。

草野さんにとっての「地味」という言葉は、ロックバンドっぽいかどうかという基準で測るものなのかもしれません。その点「ロビンソン」は、ロックバンドっぽい曲ではありません。ただし、スピッツらしい曲であるのは間違いありませんね!

スピッツらしいアルペジオで始まる美しい演奏、草野さんのボーカルが最大限に映えるハイトーンの連発、そして草野さんにしか描けない歌詞の世界。「ロビンソン」には、そんなスピッツらしさが詰まっています。ジャンルの枠に留まらず「スピッツ」を鳴らすのがスピッツです!
気高く美しいイメージ

一覧に戻る

2. ボーカルについて

「ロビンソン」のボーカルの特徴は、なんといってもハイトーン。一般男性で、この曲をまともに歌える人は極めて少ないでしょう。プロの歌手を考えても、原曲のイメージを保って歌うことが出来る歌手は、殆ど思い浮かびません。

勿論、高い声が出せることが歌手技巧の頂点にあるわけではなく、高音発声はあくまで技量の一部のはずです。ただそれでもやはり、この曲を涼しい顔で歌い切る草野さんの実力が脱帽物であることは、万人が認めるところでしょう。

なお、「ロビンソン」はスピッツの代名詞的存在ですから、ライブでも定番曲です。もちろん、ライブでもCDと変わらず、力感のないボーカルが再現されています。また、近年の声質の変化に伴って、ライブ歌唱の方が深みが増していますね!

音楽としての魅力は言うまでもないですが、歌の上達を志す人にとっても、ライブでの草野さんのボーカルは、最高のお手本、研究材料であると確信しています。低音と高音の一本化、高音域での息の使い方、力まない高音の出し方など、全ての歌手が参考にすべき点が山盛りです。
研究のイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

「ロビンソン」は、あまりにも身近にありすぎたため強く意識することはありませんでしたが、その歌詞もスピッツらしく美しいものです。私が無意識的に「ロビンソン」に、気高い美しさを重ねていたのも、歌詞の影響が強いのに違いありません。

考えてみれば不思議なことに、今まで一度も「ロビンソン」の歌詞の意味を意識したことはありませんでした。「ロビンソン」は、いつでも「ロビンソン」で、唯一無二。「ロビンソン」は、感じるべきもので、考えるべきものではなかったのです。

これはある意味、「ロビンソン」の歌詞が、一つの究極点に到達している証左かもしれません。ことさら歌詞を強調するまでもなく歌詞は音楽と一つ。そんな印象を持ってるため、人生初のロビンソンの歌詞解釈の試みには、ワクワクする自分がいます。

ところで「宇宙に風はない」は誤解で、実は「宇宙にも風はある」ようです。太陽風と呼ばれるその風は、重力すら振り切る速度で太陽から噴き出す超高温のプラズマで、地球にぶつかると、磁場を乱したり、オーロラを起こしたりします。宇宙の風は、世界を変える風なのですね。
色々な物が自然に交じり合うイメージ

一覧に戻る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ロビンソン」の歌詞を見つつ、その歌詞の意味する世界を考えます。今回の考察のテーマは、「癒しの風に包まれて」とします。なお、そんなテーマを補足するためのトピックとして、以下の5つを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

自由な新しい自分のイメージ

 

1. 考察の前提

「ロビンソン」の解釈については、多くの方が既に取り組んでいるようですが、今回の解釈では、私が幼き日から感じ続けている美しさと気高さを大切に解釈を進めていきます。ですから、実は怖い話が隠されていた、という解釈は行いません。

さらに、草野さんのコメントも、原則無視します(笑)。せっかくですから、自分の感覚を最優先し、心の赴くままの解釈を考えるのです。それに、草野さんのコメントを参考にしすぎると、既存の解釈と被りがちになってしまいますからね!

ところで、曲の登場人物は、強い絆で結ばれた恋人同士として考えていきます。サビに登場する「二人しか関知できない国」の存在が、その根拠の中心です。片想いの歌と考えるのも面白そうですが、今回は昔からの感覚を優先していきます。

「ロビンソン」のPVでは、バスが孤独な様子のメンバーを拾い上げて海へ向かいます。最後に海で遊ぶメンバーの姿を見ると、バスが全員にとっての国であり、その力で元気を取り戻したとも読めますが、息をしつつも倒れたままの三輪さんをどう取るかは、解釈が分かれそうですね。
メンバーの国としてのバス

一覧に戻る

2. 世界と二人

世界を生きる主人公を照らすのは、かろうじて三日月と呼べる程度の不完全でくすんだ月。ただしその月は、世界の隅で生きる二人の道連れで二人のお気に入り。他の人は歯牙にもかけない月ですが、二人だけはその不完全な月なりの美しさを知っています。

そんな二人と世界の関係は、野良猫と世界の関係に似ています。人間の傲慢な目線で野良猫を眺めたならば、彼らは人間世界から見捨てられた存在のよう。彼らは、安全な家も温かい食事もなく、ただ道端でひっそりと生きるのですから。

二人は、そんな野良猫と似ているのです。つまり、彼らも世界の中心ではなく、光の届きにくい世界の末端で生きているのです。ただし、野良猫が自分たちを不幸とは考えていないように、二人も自分たちがとびっきりに不幸だとは考えてはいません。

野良猫たちも、世界の隅で不安定に生きていますが、彼らはその生を生き切るために全力を尽くしています。時にはのんびり、時には凛とした表情で、世界が自分に投げつける物事に、恨み言なしで立ち向かうのです。彼は、そんな猫たちの姿勢に親近感と敬意を抱いているのです。
野良猫のイメージ

一覧に戻る

3. 二人の日々

世界は季節の変わり目を迎えていますが、彼は理由も分からず切なさを感じているようです。そして彼は、その切なさを埋め合わせるために、河原を走る君を追いかけていきます。人肌恋しくなるような寒さが、世界を包み始めたのかもしれません。

そんな彼の心の中では、二人の想い出の日々が揺れています。その想い出とは、君と交わした会話の記憶や、些細すぎる小話を含んだ記憶。二人は、些末な出来事にも喜びを見出していますが、それは他人から見れば大げさにも映るでしょう。

ただ彼は、そんな思い出を振り返って、幸せな気分に浸っています。自然と表情も緩みがちになりますが、突然彼を振り返った君の怪訝そうな顔を見て、慌ててしかめっ面を作ります。まるで、落ちていく夕日が眩しいとでも言うかのように。

そんな彼が少し疲れているのは、世界と二人の日々が対立しているから。二人はまだ、その対立を意に介さない完全な野良猫ではないのです。ただ二人は、いつか完全な野良猫になって二人の世界で生きる日を夢見て、二人だけの想い出を作りながら、一所懸命に生きてきました。
自転車の君のイメージ

一覧に戻る

4. よくある魔法

世界の中心に住む人の中には、「哀れな二人」に対し、悪意なく高みからの指導をしようとする者もいますし、悪意を込めて二人を蔑む者もいます。これらは、どちらも二人の心をすり減らすものです。結局、二人と世界の価値観は、合致しないのです

例えば、二人の人が同じタイミングで同じ言葉を口にすること。それは、普通の人からすれば良くあることで、特別な価値などありません。しかし二人にとって、異なる存在である二つの心が完全に重なるのは、魔法のような出来事です。

そして、その種の魔法は、二人の心を強く結びつけます。そして二人は、日々の中でそんな魔法を何度も繰り返し、互いへの信頼をますます深めていきます。二人は、気に掛けるべきことは二人でいることだけ、との想いすら抱き始めました。

貴重な満月ではなく、特別ではない月の一つである、くすんだ三日月。彼は、その三日月の魔法を待っています。やがて、月を覆う雲は流れ、清廉な光が辺りを照らします。隣でまどろんでいだ君も、驚いて目を開きました。二人の目に映る美しい月の魔法が、二人を包んでいきます。
価値のないありふれた三日月

一覧に戻る

5. ロビンソン

魔法の力で形どられていくのは、世界の干渉が届かない、二人しか関知できない世界。その世界の成立は、二人の意識が本当に大切な物以外に向かなくなること、つまり、二人が憧れた自由な野良猫へと生まれ変わっていくことを意味しています。

生まれ変わった彼にとって一番大切なのは、握った君の手を決して離さずに歩んでいくこと。繋いだ手に感じる温もりは、何よりも大きな力を持って二人の背を押します。世界が何を言おうと、もう二人の心をすり減らすことは出来ません。

気分の高揚した二人は、意味もない鼻歌を口ずさんでしまいます。そして、そんな二人を、全ての悩みを薙ぎ払う宇宙の風が包みます。世界が押し付ける「あるべき姿」を吹き飛ばす癒しの風に乗った二人の心は今、凛とした星空を舞い始めました。

「ロビンソン」の解釈では、二人がたどり着いた国が、現実での成長を意味するのか、それとも現実からの逃避を意味するのかが、解釈の分かれ目になるでしょう。正直、どちらもあり得ると感じますが、今回の解釈は、幼少期に抱いた感覚に沿い、魔法による成長の物語としました。
宇宙のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「ロビンソン」PVの内容は、正反対の解釈が出来そうな曖昧な物なのが難しいところです。今回の解釈の方向性では、倒れたままの三輪さんも、宇宙の風に癒されて起き上がり、メンバーに交じって楽しく遊び始めることになるでしょう!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!