スピッツの曲

スピッツの「ラズベリー」の魅力を語る。歌詞の意味も独自解釈

スピッツのラズベリーのイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「ラズベリーは、スピッツの第5作目のアルバム「空の飛び方」の収録楽曲。ポップなメロディーとピンクな歌詞が印象的です。「ラズベリー」は、スピッツピンク組の大幹部、重鎮ですね(笑)

この記事では、そんな「ラズベリー」の魅力を語り、その歌詞の世界も考えます。爽やかなメロに、この歌詞。草野さん、脱帽です!

スポンサーリンク

「ラズベリー」とは

「ラズベリー」は、1994年にスピッツが発売した5thアルバム「空の飛び方」の収録曲。「ラズベリー」は、前曲のスピッツロックの最高峰「不死身のビーナス」と同じ爽やかな雰囲気とキュートな雰囲気を合わせ持つ楽曲になっています。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1ラズベリーピンクなポップ
ラズベリー

 

1. 演奏への印象

「ラズベリー」の演奏は、小気味よいドラムリズムが印象的なポップな物だといえるでしょう。また、オーケストラ風のアレンジが入っていることもあり、全体としての壮大さと爽やかさを感じることが出来る点も、私好みの演奏です。

全体として、スキップしている誰かが浮かんでくるようなキュートな雰囲気です。「ラズベリー」の歌詞を考えると、憧れの彼女と交流し始めた主人公が、より深い関係を夢見ながら胸を高鳴らせる様子を歌っていると考えるべきでしょうか。

ただ、この曲の演奏を可愛い・爽やかだけで終わらせないのが、イントロのエレキギターのリフです。なんとなく蛇っぽいというか、ひねくれ魂を感じるというか。この演奏が、この曲のカッコいい要素を象徴していると感じています!

skipのイメージ

2. 個人的な想い

「ラズベリー」という曲、大好きです。爽やかでポップなメロディーに驚きの歌詞。草野さん自身も、この曲はピンクな歌だと明言していますから、まあそういうことです。ただ、その発言と個人の感じ方は、必ずしも一致させなくてもよいでしょう。

ところで、「ラズベリー」に関する私のささやかな興味の一つとして、この曲をカラオケで、この曲を聴いたことが無い人の前で歌ったら、果たして草野さんがその歌詞に込めた真意を見抜かれずに歌い切ることが出来るか、という物があります。

2番の歌詞がかなり直接的なので、そこが一番危険の危険地帯だと言えるでしょう。そこさえ男性曲によくあるピンクとして流すことができれば、ポップな演奏の煙幕で誤魔化しきれるような気もします。真面目な顔を保って歌うのも大変でしょうがね!

カラオケのイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ラズベリー」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味を考えます。草野さんから種明かしされているも同然ですが、考察のテーマは「魔法に溺れて」としました。そのテーマを補足するため、以下の4つのトピックを準備しました!

曲解釈はただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください!単純に、こういう話も当てはまるかもな、というだけの妄想です!

恋の魔法のイメージ

 

1. 子犬と魔法使い

曲に登場するのは、主人公と君。彼が君の愛を求めているというサビの描写から見て、彼が君に恋しているのは明らかです。ただ私は、二人が恋人関係とは感じていません。私にとっての「ラズベリー」は、暴走気味な片想いを歌った曲なのです。

二人の人物像を考える際に、重要となるのがサビでの描写でしょう。そこでは、君の愛を得るためならば、傷付くことも厭わないという彼の姿勢が歌われています。さらに彼は、君に振り回されたり、弄られることを望んでいるようでもあります。

この描写から言って、私がイメージするのは恋に夢中になった子犬のような主人公と、自由奔放に無邪気な魔法を振りまいて、彼を魅了する君という二人がしっくりきます。そして、子犬的な彼は、君の愛を手に入れるため、暗がりから出ていきます!

彼は、明るい世界で生きることを諦めた弱気な人物だったはずです。そんな彼は、自分自身に恋のような明るい光が差し込むとは考えていませんでしたが、君と出会ったことで状況が激変しました。彼は、その光の眩しさに戸惑いながらも、不慣れな恋に向って動き出すのです!
走る子犬としての彼のイメージ

一覧に戻る

2. ピンク色のこころ

歌詞冒頭の丈が短いスカートは、君のスカートでしょう。そのスカートが泥や汗で汚れているのは、それが人の手に触れられたことを意味し、君が恋愛経験豊富である示唆と感じました。君は、彼が知りたいが知らない様々なことを知っているのです。

見えそうで見えないスカートを見た彼は、未開拓の大地に立つような気持ちです。彼は、探検者として未開の大地を切り拓き、まだ見ぬ何かを見るチャンスを感じています。そして、それは、過去の彼が殆ど諦めていたことでもありました。

そんな彼は、心の中にピンク色の恋心を感じています。その心は、彼が諦めていた物で、君がくれた心です。彼にとって、君は不可能を可能にする魔法使いのようですらあります。君から貰った彼のピンクの恋心は、君に向かって駆け出していきます!

そんな彼の恋は、彼女に翻弄されっぱなしの様です。サビ直前の描写からは、渦を巻く水のように彼女の魔法に振り回されている彼の姿が浮かんできます。しかし、それは彼の望むところでもあります。彼は、君と言う光を道標として、喜んでその身を恋の渦に投じているのですから。
pinkな心のイメージ

一覧に戻る

3. ゲームの始まり

君を追いかけ始めた彼は、ゲームの開幕を感じています。つまり、凸と凹である男女というプレイヤーによる恋のゲームが始まったのです。そして、そのゲームを上手くプレイすることが出来た暁には、彼が望む君の姿を見ることも出来るでしょう。

彼は、そのゲームをプレイする動機が不純であることに気づいてはいます。理想論を言えば、そのゲームは、美しき交流を繰り返して心を繋ぎ合うためのゲーム。しかし、彼にとってはもっと直接的な繋がりを求めるゲームになっているのです。

しかし彼は、そこで立ち止まるつもりはありません。彼は、暗闇を抜けるべく最後のトンネルを駆け抜けているのです。彼の視線の先には、出口を示す眩しい光。彼の耳には、君が彼を呼ぶ声が聴こえています。彼が、立ち止まるはずがありません!

光の世界を諦めていた彼は、これまでに恋と言う恋をして来なかったはずです。そんな彼が、目の前に現れたキュートな光に心惑わされ冷静さを失うのは、無理からぬことです。彼は、純粋すぎる性格のあまり余裕を失い、煩悩に捉われてしまったのです。うん、仕方ないですね
彼が駆けるトンネルのイメージ

一覧に戻る

4. ラズベリー

彼は、君の愛を求めて一所懸命にゲームをプレイします。ただ、そのゲームにおいて、何も知らないうぶな子犬も同然の彼に対し、君は魔法を駆使する経験豊富なプレイヤーです。二人の対戦で、彼が主導権を握ることは難しいでしょう。

しかし、彼はそれでもいいのです。どんなに傷つけられても、どんなに弄られても関係ありません。彼は、そのゲームの果てに収穫出来るとされる甘酸っぱいラズベリーを夢見て、ただ子犬としての全力を尽くすつもりなのです。

彼は、子犬のように君に飛びついてじゃれつきたい衝動を感じています。しかし流石にまだ時期尚早。もっともっと深く潜り潜られ、君に知られ君を知ったときこそが、そのときです。彼は、勝利の花火を打ち上げるそのときを夢見て、今日も頑張ります!

私にとっての「ラズベリー」は、日陰で生きてきた主人公が、君と言う光を知り、無我夢中でその光を追いかけ始める恋の歌。彼は、恋愛経験が豊富ではありませんから、その行動がやや暴走気味に映ることもあります。しかし、それもまた微笑ましい少年の姿ではないでしょうか?
ラズベリーのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「ラズベリー」は、草野さんの種明かしもあり、その解釈は固定的になる部分があります。今回は、草野さんの意図にある程度沿いながらも、「特定の行為」を指す歌ではないとしてみました。貴方にとっての「ラズベリー」は、もっとピンクですか?

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!