スピッツの曲

スピッツの「ガラクタ」の感想。「不完全」を軸に、歌詞の意味も解釈

「ガラクタ」という曲が持つカラフルなイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「ガラクタ」は、スピッツの15thアルバム「醒めない」の収録曲。明るく賑やかな雰囲気で、スピッツの遊び心を感じる一曲です。

この記事では、そんな「ガラクタ」の魅力を語りつつ、歌詞も考察。イケナイ恋を自身の不完全さで正当化する青年の物語を考えました!

「ガラクタ」とは

「ガラクタ」は、スピッツが2016年に発売した15thアルバム「醒めない」の収録曲です。前曲の「モニャモニャ」は穏やかでどこか夢見心地の一曲でしたが、この「ガラクタ」はおめめパッチリ、やりたい放題の賑やかな雰囲気を感じる一曲ですね!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1ガラクタ賑やかロック
曲に感じるカラフルなイメージ

1. 演奏への印象

「ガラクタ」の演奏はとにかくカラフルで、聴き手をニコニコさせるもの。全体的には、色々な「ガラクタ」が詰め込まれたおもちゃ箱のような印象です。人が寝静まった夜中に、おもちゃたちが始めたズンチャカ・パーティー的な雰囲気もありますね。

演奏では、普段はあまり登場しない楽器が次々参加しているのが面白いです。特に、子供の頃の私が吹いたかのようなヒョロヒョロしたリコーダーと、要所で鳴り響くホイッスルにクスリとさせられます。ノリと勢いで突っ走る雰囲気が大好きですね。

また、明るいボーカルも、「ガラクタ」の軽快で楽し気な雰囲気を強めていますね。中高音を多用するボーカルには、どこか「日曜日」的なウキウキ感を覚えています。そんな「ガラクタ」は、最後までノンストップで突っ走る、賑やかな一曲ですね!

曲に感じるカラフルなイメージ

2. 個人的な想い

「ガラクタ」は、私が「醒めない」の発売以前に既に知っていた2曲のうちの一曲。もちろん、この「ガラクタ」は、アルバムに先行して発売されたシングル収録曲だったからです。初めて聴いたとき、「みなと」との雰囲気の違いに驚きましたね。

スピッツは様々な得意分野を持つ多彩なバンドですが、「ガラクタ」的な、遊び心が炸裂した曲も十八番ですね。そんな「ガラクタ」には、強いワクワクを感じます。例えば、予想外の便りが届き、喜びのままに小躍りするような高揚感がありますね。

そんな「ガラクタ」で一番好きなのは、微かに調子外れのフラフラした笛の音色。しかも、その笛はボーカルのメロを中途半端になぞるだけ。この素人っぽい雰囲気が、変に格好付けず、飾るところのない「ガラクタ」が持つ魅力を象徴していますね!

曲で気に入っているリコーダーのイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ガラクタ」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「燃え上がったら、仕方ない」としました。また、その考察テーマを補足するため、以下の4つのトピックを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、作詞意図に沿った「正解の解釈」より、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

燃え上がった二人のイメージ

1. 考察の前提

「ガラクタ」は、スピッツの遊び心が炸裂した楽曲。その歌詞も、これぞスピッツ節と言わんばかりの不思議な言葉選びが多く、解釈には多くの可能性がありそうです。ただし「ガラクタ」が、恋の高揚感を歌った曲であることだけは確実でしょう。

歌詞冒頭を見ると、彼は久しぶりに君を目にして、随分と綺麗になった君に心を奪われたようです。ただ、その魅力的な君の隣には、彼から見て余計な存在がくっついていた模様。そしてその存在こそが、歌詞冒頭のマンタ、君の恋人だったわけです。

ところで彼は、君に昔から恋焦がれていたとします。ただ、風来坊のように気まぐれな君には、彼のアプローチは体よく交わされていたのでした。そして今、偶然君と再会した彼は、君からの久々のメッセージを受信し、曲の物語が幕を開けます!

彼の「もう恋はしない」との誓いは、君との恋由来でした。叶わない恋に打ちひしがれた彼は、そんな誓いを立てたのです。しかしそんな彼に、君からの思わぬ誘いというチャンスが訪れます。以降では、失ったかに見えた君との日々の予兆に燃え上がった青年の物語を考えます!
君からのメッセージのイメージ

一覧に戻る

2. 二つの感情

彼は一人部屋に戻り、深いため息をつきました。今日は、嬉しいことと気に入らないことが同時に起こった不思議な一日でした。素晴らしいこととは、君のこと。もう二度と会うことはないと思っていた君と、全くの偶然に街角でバッタリと出会ったのです。

彼はここしばらく、君を避け続けていました。彼は叶わぬ恋を受け入れて、友人として君の傍にいることに耐えられなかったのです。ただ、二度と会わないと思っていた君ですが、久々に見た君の輝きは、夢中だったあの頃にも増して眩しいものでした。

しかし、しかしです。それこそが、大きな問題です。君は綺麗になりましたが、それは一体何故でしょう。そんな問いが渦巻く彼の心には、とある敵愾心もメラメラと燃え上がっているのでした。君と並んで歩いていた、あの背の高い男への嫉妬心が。

昔の彼がアプローチを重ねても、君があれほどの美しさを見せることはなかったはず。まさか、「恋は、人を輝かせる」という奴なのでしょうか。その可能性を想うと彼は、悔しくてたまりませんでした。自分があれほど欲しがった君の心を、アイツは既に手に入れたのでしょうか。
彼の心で燃える嫉妬心のイメージ

一覧に戻る

3. チャンス到来

一人悶々とする日々を送っていた彼の下に、思わぬ便りが舞い込みました。それは、いつ以来かも分からない君からのメッセージ。彼が震える手でメッセージを開くと、そこには、君の簡単な近況報告とともに、会って話したいとの誘いがありました。

彼に、その誘いを断る理由など何もありません。二つ返事でOKを出した彼は、直ぐに考えを巡らせました。これは、あの男を出し抜くチャンスかもしれない、と。君からの誘いという千載一遇のチャンスを生かし、あの男から君を奪い取るのです。

恋愛の相性占いには、松竹梅、様々な結果があるよう。ただ彼にとって、二人の相性はそんな定型論で測れる範疇を越えていました。最高という言葉ですら足りない二人の縁。そんな二人の瞳が交わったなら、イケナイことが起こってくれるはずです。

久しぶりに向かい合った二人。空白の時間を埋めるべく積もる話をとも思いましたが、いざ君を前にすると言葉は必要なく、見つめ合うだけで二人は全て通じ合ったのでした。思った通り、君を奪い自分のものに出来る。そう確信した彼の心には春風が吹き、恋の黄花もそよぎました。
彼の心に咲いている恋の花のイメージ

一覧に戻る

4. ガラクタ

かつての誓いはどこへやら。春風に吹かれた彼の心では、恋の炎が燃え上がっていました。今の彼には、悲しみの結晶を投げ込んでいたゴミ箱すら、輝いて見えました。君への恋心が生み出したこの謎の感覚は、微妙に新説気味の斜め上の感覚でしょう。

君からの思わぬ誘いを、君を奪う絶好の機会と見た彼は、今やあらゆる局面で君を最優先に動いていました。街を駆けずり回り、奇抜な装身具を贈ったのもそう。もし君が自分のためにアレを付けてくれたら、それは彼が抱く君への独占欲を満たすでしょう。

この恋を綺麗な言葉で言い繕っても、アイツから君を奪おうとしていることに変わりはなく、彼も自分の行いが下劣だと分かっています。ただ人間は所詮、完璧ではない「ガラクタ」。だから彼も、イケナイ恋の炎を抑えることなど出来ないのです!

私にとっての「ガラクタ」は、君への想いを封印し、恋とは無縁の人生を送ると泣きの誓いを立てたはずの青年が、意図せずに君と再会してしまい、今度は互いに惹かれ合っていく恋の物語。二人の恋は褒められたものではなさそうですが、その恋は燃え上がってしまったようですね!
燃え上がった恋の心のイメージ

一覧に戻る

さいごに

「ガラクタ」では、曲調のお気楽さを曲解し、変に開き直った青年の姿を感じています。恋の力がその他モロモロを越えることはあるでしょうが、それが全ての免罪符になるわけではありません。舞い上がった二人の恋は、どう着地するのでしょうか?

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!