スピッツの曲

スピッツの「恋は夕暮れ」の魅力を語る。歌詞も独自目線で解釈

スピッツの恋は夕暮れのイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「恋は夕暮れは、スピッツの第5作目のアルバム「空の飛び方」に収録されている楽曲で、スピッツの王道路線の一つである、どこかほっとするような温かさを放つラブソングです。

この記事では、そんな「恋は夕暮れ」の魅力を語りつつ、歌詞の意味を考えます。恋はいったい、どうして夕暮れなのでしょうか?

スポンサーリンク

「恋は夕暮れ」とは

「恋は夕暮れ」は、1994年にスピッツが発売した5thアルバム「空の飛び方」の収録曲。前曲は、少し尖った曲である「迷子の兵隊」でした。一方で、この「恋は夕暮れ」は、スピッツの王道を想起させるようなラブソングになっています。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1恋は夕暮れ王道ラブソング
夕暮れの優しさのイメージ

 

1. 演奏への印象

「恋は夕暮れ」には、全体的に穏やかな印象を持っていますが、演奏自体はその印象とは裏腹に、意外と主張が強い部分もあります。というのも「恋は夕暮れ」では、スピッツの楽曲で時折りみられるトランペットによるアレンジが採用されているからです。

一方、曲が穏やかなイメージを持つ大きな理由の一つが、サビの高音ボーカル。スピッツでは珍しいかなり裏声寄りの高音パートがあります。裏声寄りの声には、空間に漂う様な膨らみがあるため、曲の雰囲気を優しくしていると感じています。

トランペットによるキレのある主張と、柔らかく漂うボーカル。その二つが上手く交じり合って、メリハリがついた楽曲になっている印象です。また、トランペットが入ることによって、曲全体のスケール感が大きく感じられるのも良いですね。

夕暮れとトランペット

2. 個人的な想い

「恋は夕暮れ」と聴いて、一番に私の脳裏をよぎるのは、「どっちだっけ」という疑問です。と言うのも、スピッツファンとして恥ずかしながら、私の中で「恋は夕暮れ」は後年の楽曲である「夕焼け」と瞬間的に混同することがあるのです。

どちらの曲も、個人的に「夕焼け色の世界」というイメージを浮かべる曲なので、一瞬分からなくなることがあります。両曲ともに、ちょっと切なげなラブバラードですし、タイトルも似ています。同じように感じている方も、意外といるかもしれません。

「夕焼け」のイメージが頭に浮かんでしまうので、個人的な感覚では、この「恋は夕暮れ」が「空の飛び方」の収録曲であることに違和感を覚えるくらいです。曲調や歌詞が浮いているという事はないはずですが、固定観念とは不思議な物ですね。

類似するイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「恋は夕暮れ」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味を考えていきます。今回の考察のテーマは、「陽と陰が混じった恋」としました。そんなテーマを補足するためのトピックとして、今回は以下の3つをご用意しました!

曲解釈はただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください!単純に、こういう話も当てはまるかもな、というだけの妄想です!

夕焼けのイメージ

 

1. 仲良しの二人と恋

この曲に登場するのは、主人公と君ですね。曲タイトルはもちろん、歌詞を見ても主人公が君に恋していることは議論の余地がありません。では、君の気持ちも彼に向いているのでしょうか。私の考えでは、そうではありません

「恋は夕暮れ」の歌詞の半分ほどを占めるのが、彼の恋の比喩描写です。詳しくは後述しますが、その比喩の中での恋は、ポジティブな物に例えられていない描写があります。このことから、彼の恋には順風満帆ではない要素を感じています。

サビの描写を見れば、二人に一定の交流があることは明らかです。さらに、君は楽しそうにふざけてもいるようですから、二人は良好な友人関係にあると見ても問題ないはずです。ただし、彼にとっての君はただの友達ではないのです。

歌詞の中では、恋をネガティブな物に例える様子が見受けられますが、彼の心にあるのは失望や悲しみではなく、切なさと喜びが入り混じった気持ちでしょう。君との無邪気な交流に喜びを感じながらも、友人どまりの関係に切ない気持ちもある。それが、彼の恋ではないでしょうか。
良い友達関係のイメージ

一覧に戻る

2. 強まる想いを胸に

彼の恋が片想いであることを強く匂わせるのは、「恋は届くことのない想い」であると歌う、冒頭の歌詞です。そして、そんな恋は、彼に不幸を呼ぶ物とも描写されています。届かないと知りながら焦がれることは、確かに彼を不幸にするかもしれません。

また、2番のメロでは、悪魔に対して祈ることが恋ともされています。彼はそれがいけないことと知りながら、君と恋人の仲がこじれることを心のどこかで願ってしまうのでしょうか。人を呪わば穴二つ。この意味でも、不幸を呼ぶ恋かもしれません。

しかしそれでも、彼にとって、「恋は夕暮れ」なのです。しかも、日に日に美しさを増す夕暮れです。昨日よりも今日、今日よりも明日です。自分の恋が不幸を呼びうるという認識を持ちながらも、彼の想いは日に日に強まっていくのでしょう。

彼は、イケナイ祈りを捧げはしますが、本気で事を荒立てる気はないようです。Cメロにある通りに武装解除した彼は、ただ風の吹くままに流されていきます。彼は、現実世界から目をそらして心の中を見つめながら、君との想い出に浸ることを望んでいるのかもしれません。
彼の心を温めるイメージ

一覧に戻る

3. 恋は夕暮れ

君への恋は、彼を不幸にするであろう恋です。しかしそれでも、その恋はどこまでも美しい恋でもあります。二人の関係が友人関係に過ぎないとしても、君がくれる全ては、彼にとって地平線で温かく輝く夕日のように美しい物なのです。

サビでは、君の何気ない一挙一動が、彼には大切な物であるという描写がなされています。君が冗談めかして、彼の耳元で囁いた言葉は、彼の心でこだましているようですし、君が彼に向ける眼差しは、彼の心に鮮明に焼き付いているようです。

彼は、そんな君の力で蝶になります。その蝶は、風に流される儚い存在ではありますが、夕日の色にその身を染め、楽し気に舞うことが出来る存在。その蝶の心は、世界を染める夕日と同じように、温かい色で塗られているに違いありません。

私にとっての「恋は夕暮れ」は、届かない恋と知りながらも、君への想いを温め続ける主人公の恋の歌。この恋は、既に十分な意味を持っていますが、まだ不完全。サビにある「はっきりしない夢」とは、彼も叶うとは思っていない、恋人としての君と一緒になる夢かもしれません。
蝶になるイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

夕暮れどきは、優しい光が世界を包むと同時に、間もなく闇が訪れる時間。日差しが降り注ぐ真昼の鮮やかさとは一線を画す、妖しさが漂う時間でもあります。陽と陰とが交じり合う時間。それこそが夕暮れであり、彼の恋だとも言えるでしょうか。

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!