スピッツの曲

スピッツの「野生のチューリップ」の感想。「やけの力」を軸に、歌詞の意味も考察

チューリップのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「野生のチューリップは、1991年のデビュー前から演奏されていたものの、1999年発売の「花鳥風月」に初収録された楽曲とのこと。明るさと切なさを併せ持った、なかなかの佳曲ですね。

以降では、そんな「野生のチューリップの魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。未練を振り切り旅立っていく青年の物語を考えました!

「野生のチューリップ」とは

「野生のチューリップ」は、2ndアルバム「名前をつけてやる」への収録が検討されたもののお蔵入りになった曲とのこと。デビュー前の楽曲は力技とトゲを感じる曲が多いですが、この曲はそれとは違う、滑らかで美しいメロディが印象的ですね。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1野生のチューリップ明るく、少し切なく
「野生のチューリップ」のイメージ

1. 演奏への印象

「野生のチューリップ」の演奏には、ウキウキ感があります。また、この曲はデビュー前から存在したそうですが、例えば「353号線のうた」などインディーズ感が強い曲とは雰囲気が異なり、デビュー後の曲だとしても違和感はないと感じますね。

そして、その印象は曲が持つ滑らかなメロディはもちろんですが、ボーカルの録音時期も影響しているでしょう。この曲のボーカルはデビュー後に収録されたそうですが、そこにはパンクっぽさを狙った声、私が思うインディーズっぽさは感じませんね。

綺麗で伸びやかな感じの高音ボーカルは、イメージ的には「胸に咲いた小さな花」のボーカルと似ている気もします。また、いい意味で淡々と歌うイメージのスピッツの曲には珍しく、曲終わりのボーカルは強弱も含め、感情が乗っている感じがします。

曲に感じるイメージ

2. 個人的な想い

デビュー前の曲は、そもそも聴く手段が少ないということもあって縁遠く感じる曲が多いですが、この「野生のチューリップ」は私にとって身近な曲。「花鳥風月」に収録されていることは勿論、私がカラオケでよく選曲するということも大きいですね。

私が「野生のチューリップ」をよく歌うのは、曲が好きだからと言うのはもちろん、ミックスボイスの慣らし運転に適していると考えていることも大きいです。曲中では中高音を多用するうえにロングトーンもあり、歌うとイイ感じに喉が温まりますね。

これと殆ど同じ印象を受けるのは、同じく「花鳥風月」に収録された「旅人」。ただ、「旅人」はhiAという高音も使用しますから、やや難易度が高い印象です。いずれにせよ、この「野生のチューリップ」は私にとってお気に入りの一曲ですね!

カラオケで歌うイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「野生のチューリップ」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「やけの力で新たな旅へ」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の3つのトピックを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、作詞意図に沿った「正解の解釈」より、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

曲の明るいイメージ

1. 考察の前提

チューリップには愛に関する多くの花言葉があり、その中には完璧な恋人というものがあります。歌詞中の主人公はそんなチューリップを求めて旅立とうとしながら、意味深な別れの言葉を口にしています。そこでここでは、この曲を失恋の歌と考えます。

ただ今回は、君の天逝などは考えず、単純に君に振られた彼という設定で考えます。とは言え、その失恋は彼にとっては深刻なものだったことは間違いありません。2番メロの賑やかな昼から静かな夜へ移る描写は、彼の心境変化を示唆しているでしょう。

また、空から星が姿を消しているのは彼の心から希望が失われたことを、彼が持つ地図がボロボロなのは彼の失恋で破れかぶれ気味の心境を示唆しているとします。ただし、彼には君に対する悪感情はなく、今でも君を大切に想っているものとします。

また、1番メロの歌詞には彼が君に未練を残している様子を感じています。君を諦めて新たな旅にいざ出発と言う時、彼は君の香りに誘われて、意志薄弱にも辺りを見回しているのですから。以降では、別れを切なく感じながらも、新たな愛を探しに旅立つ青年の物語を考えます!
夜空のイメージ

一覧に戻る

2. 新たな花を

もう、これでおしまい。彼は君への恋心を捨てて、新たな恋を探すことを決めました。正直な所、可愛い君への想いを振り切れたわけではありません。しかし、この恋が成就する見込みがないとハッキリ分かった今、気持ちを切り替えなくてはなりません。

思えば、君への恋をしていた頃、彼の心は賑やかでした。彼の心の中では、恋のウキウキで小鳥たちが賑やかにさえずるとともに、魅力的な君とゴールしたいという欲望が膨れ上がり、繁殖期の雄猫のような本能の炎が燃え上がっていたものでした。

しかし恋への望みを失った今、そんな賑やかで熱かった心も完全に崩れ去っていました。あの騒がしい心は何処へやら、彼の心は空っぽになってしまったのでした。だから彼は、旅立たなくてはなりません。また賑やかで幸せな気分を手にするために。

これからは前だけを見据えて、新たな愛へと一直線に進もう。そう自分に言い聞かせたはずの彼ですが、風の中に君の香りを感じた気がして、思わず辺りを見渡してしまいました。前だけを見つめると決めた傍からこのザマ。やっぱり彼は、今でも君への想いを残しているのでした。
失恋したイメージ

一覧に戻る

3. 野生のチューリップ

君に恋していた頃、夜空には美しい星が輝いていたものです。ただ、今はその星も姿を消してしまいました。あの星も、旅立ちを促しているのに違いありません。たとえそれが破れかぶれでやけっぱちの計画だとしても、新たな愛を求めて旅立つのです。

あれ程の恋が終わっても、彼の日々は回り続けるようです。失恋のショックでペースが乱れているのは間違いありませんが、ピンチをチャンスに変えて。やけっぱちの心を勢いに変えて、思い切りましょう。未練を勢いで振り切って、旅立つのです。

まともに考えていたなら、決断はできません。何せ彼は、まだ君に心を残しているのですから。だからこそ、正気ではない力がくれる勢いが必要なのです。そして今、彼は戻ることのない一歩を踏み出します。心の中で、君への別れを繰り返しながら。

私にとっての「野生のチューリップ」は、君に片思いして充実した日々を送っていた主人公が、その恋が叶わぬことを知り悲しんだ後、新たな愛を探しに旅立とうとする物語。「今すぐ」を強調する彼には、むしろその決断を躊躇する姿勢、旅立ちたくないという心理を感じています!
「野生のチューリップ」のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

個人的には、大サビの時計が解釈上のキーだと感じます、今回は、時計は彼の鼓動、人生を広く包含すると考え、その時計の故障は少しやけになった彼の示唆と解釈しました。彼は、正気では出来ない君との別れの選択を、壊れた力で断行していきます!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!