スピッツのアルバム

【アルバム感想】スピッツの「花鳥風月+」のレビュー!曲感想&歌詞解釈!

スピッツの「花鳥風月」のイメージ
こんな記事

「花鳥風月+」は、スピッツが2021年に発売した、1999年発売の「花鳥風月」に数曲のインディーズ曲が追加されたアルバムです。

収録曲はそれぞれ好き勝手に尖っていますから、オリジナルアルバムとはまた違う趣を感じます。タイトルもオシャレでいいですね。

このページは、そんな「花鳥風月+」の個別レビュー記事をまとめたページです。なお、一部曲は、レビュー対象から外しています。

スポンサーリンク

収録曲一覧

「花鳥風月+」は、スピッツの様々な顔を楽しむことが出来るアルバム。インディーズの曲も多数収録されていますから、近年のスピッツとは少し違う雰囲気のスピッツを楽しむことも出来ますね。知名度は低めでも、癖になる楽曲が多いですよ!

曲名属性おススメ度
1流れ星インディーズ
2愛のしるしライト&脱力
3スピカ穏やかで優しい
4旅人軽やか・伸びやか
5俺のすべてスピッツロック
6猫になりたい甘く切なく
7心の底から軽やか・伸びやか
8マーメイド明るく軽やか
9コスモス爽やかで強い
10野生のチューリップインディーズ
11鳥になってインディーズ
12トゲトゲの木インディーズ
13353号線の歌インディーズ
14しにもの狂いのカゲロウを見ていたインディーズ
上表の曲タイトルをクリックすると、個別レビュー記事へジャンプします。独特の尖り方をした曲が多いですが、やはりインディーズの曲が気になりますね。なかでも、「しにもの狂いのカゲロウを見ていた」は、スピッツ初期の世界観を堪能できる、興味深い一曲だと感じています!

さいごに

本作は全体として、あまり目立ってこなかったトンガリ曲たちに光を当てた、ファン的に嬉しいアルバムだと言えるでしょう。個人的には、「あかさたな」などの曲も、「花鳥風月」的な形でCD化して欲しいと思っています。続編にも期待したいです!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!