スピッツの曲

スピッツの「花の写真」の感想。「励まし」を軸に、歌詞の意味も考察

手紙を送るイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「花の写真」は、スピッツの13thアルバム「とげまる」の収録曲。小気味よいテンポが印象的な、ポップで温かいラブソングです。

この記事では、そんな「花の写真」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。君を元気づけるべく、花の写真を送る青年の姿を考えました!

「花の写真」とは

「花の写真」は、スピッツが2010年に発売した13thアルバム「とげまる」の収録曲。前曲の「新月」は夜闇を感じさせるミステリアスな一曲でしたが、この「花の写真」の雰囲気は全くもって対照的で、温かい愛情を軽快に歌ったラブソングですね。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1花の写真軽快ラブソング
「花の写真」に出てくる花のイメージ

1. 演奏への印象

「花の写真」の演奏には、温もりと軽快さを感じると同時に、少し切ない歌詞とメリハリのある演奏構成から、微かな哀愁も感じています。ノリを感じる曲ですが、ひたすらに明るい曲ということではなく、温もりがじんわり広がるといった印象ですね。

ところで、私は大学時代にブルーグラスという音楽をやっていたのですが、その音楽での主流楽器の一つであるマンドリンが間奏に登場するのが気になっています。乾いたカット音が心地よいマンドリンソロは、ホッとする温もりに溢れていますね。

また、ベースの演奏にもブルーグラス的要素を感じます。「1,2,3,4」と曲のリズムを取ったとき、ベースもそれとピッタリ重なるのです。このシンプルな演奏を聴いていると、体を揺らしてウッドベースを演奏する、楽し気な情景が浮かんできます!

曲に登場するマンドリンのイメージ

2. 個人的な想い

ミステリアスな「新月」で、「とげまる」の第一章は終わり。私は、続いて登場する「花の写真」に、第二章の幕開けを告げる曲との印象を抱いています。「花の写真」の丸い雰囲気そのままに、その始まりも柔らかなものになっていますね。

また、「花の写真」に抱くイメージには、「海を見に行こう」と似通ったものを感じています。どちらも曲の音作りがシンプルですし、生演奏の雰囲気を強く感じるからでしょう。明るさの裏に微かな切なさを感じる点でも、類似点があると感じています。

「花の写真」は、ロックな楽曲ではありません。ただ、ホッと安らぐ雰囲気を振りまく本曲もまた、スピッツらしい楽曲だと感じています。「花の写真」は、様々な顔を持ったロックバンドスピッツの、穏やかで優しい顔を感じられる一曲ですね。

曲が持つ柔らかいイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「花の写真」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「写真を送ろう」としました。また、その考察テーマを補足するために以下の通り、3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

美しい写真の入った手紙を送るイメージ

1. 考察の前提

「花の写真」は、主人公から君への親愛の情が歌われた楽曲。サビでは二人の物理的距離が示唆されており、二人は曲時点で離れ離れだと分かります。また、季節を繰り返している描写もあるため、その離別の期間も、年単位に及んでいるはずです。

そんな二人の関係は友人関係としますが、主人公は君に恋心を抱いているものとします。これは、2番メロで彼が切なさを感じていることを根拠としました。彼は、いつの日か君も誰かの恋人となり、ささやかな二人の交流も終わると感じているのです。

ところで彼は、定期的に「花の写真」を君に送っているようで、それが二人の関係性を繋ぎとめているようです。物理的距離や関係性の限界もあって、彼には写真を送るのが精一杯ですが、彼はその写真が君の力になることを願っているのですね。

彼が感じる切なさは、やがて来る生命の終わりとそれに伴う別れから来たものとも解釈できますが、生あるものの必然に切なさを感じているとするのは、少し違和感を感じました。以降では、離れ離れの大切な君に対し、出来る限りのサポートをしたいと願う青年の物語を考えます!
遠くの君を想う主人公のイメージ

一覧に戻る

2. 街角の花

君は今、どうしているだろう。彼はふと、君を思い出していました。その切欠は、雨上がりの街角で「あの花」を見つけたこと。その花は、君好みの可憐な花。去年など、その花を見つけた嬉しさのあまり、わざわざ写真を撮って君に送ったのでした。

それに、彼自身もまた、この花はお気に入りでした。この世界は、自分を置き去りにして回っているようで、一人の彼を気にかけてくれる人は誰もいません。ただ、街角に咲いたこの花だけは、彼に向かって微笑んでくれている気もするのでした。

そんな花をまた見つけた喜びで、彼は久方ぶりにウキウキしてきました。今年もまた、写真を撮って君へ送ろう。最近は連絡も途絶えがちでしたが、この花は手紙を送る良い切欠にもなってくれます。彼は懐から、「小さな相棒」を取り出しました。

花の写真を撮った彼は、急いで雨上がりの街を抜け、自宅へと戻ります。一人の日々で降り積もった鬱積で体は痛みますが、大丈夫。この写真を見た君の笑顔を想像すれば、すぐに痛みも消えていきます。この写真が君の力になると思えば、多少の痛みなど無いも同然なのでした。
街で見つけた花のイメージ

一覧に戻る

3. 花の写真

噂で伝え聞く所によれば、君も色々苦労をしているよう。ただの友達に過ぎない彼には、踏み込んだことは出来ませんが、この写真はきっと君を元気づけるものになるはずです。彼は、妙にウキウキした気分で、花の写真を入れた封筒を投函しました。

こうして写真を送ることで、不思議と切れることのなかった君の縁。ただ、いつまでもこの関係が続くことはないでしょう。それぞれがそれぞれの道で自立したとき、今の淡い関係も溶けてなくなるでしょう。そう思うと、少し切ない気もしてきます。

ただ、君が幸せが何より重要です。別れが定めでも、彼が君を想う気持ちは変わらないのです。降り続いた雨も上がり、いつの間にか晴れ間も広がっています。彼は、爽やかな青空と同じように、二人の未来もまた、明るく開けることを願うのでした。

私にとっての「花の写真」は、君に淡い恋心を抱いた彼が、離れた地で頑張る君を想う物語。彼にとって、今の関係は、いずれ消えてなくなってしまうものですが、それでも彼は、君の幸せを願わずにはいられないのです。もちろん、彼の純情が報われる可能性も、ゼロではありません!
雨上がりの街のイメージ

一覧に戻る

さいごに

歌詞だけを見ると、彼が君に送ったのは写真ではなく花そのものと読むほうが自然でしょう。ただそう解釈すると、タイトルの「花の写真」が行き場を失いますし、花を送っても萎れてしまうでしょうから、解釈では「花の写真」を送ったとしました!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!