スピッツの曲

スピッツの「ルナルナ」の魅力を語る。歌詞の意味も独自解釈

the image of luna that is beautiful

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「ルナルナ」は、アルバム「ハチミツ」に収録されている楽曲で、明るくキャッチーな曲調が魅力的なスピッツポップ。

この記事では、私が「ルナルナ」に抱く印象を語りつつ、その歌詞の世界を簡単に覗き見することで、「ルナルナ」の魅力を語ります。

「ルナルナ」とは

「ルナルナ」は、1995年にスピッツが発売したシングル「涙がキラリ」のカップリング曲です。「涙がキラリ」が本格的な音作りのスピッツロックだとすると、「ルナルナ」のスタイルは対照的で、完全にポップに振り切っていると言えます。

「ルナルナ」というタイトルからして、既に可愛らしい雰囲気がありますが、曲調もタイトル通り、ポップでキャッチーな仕上がりになっていて、ポップなスピッツを楽しみたいならぜひおススメしたい一曲。個人的なお気に入り度は、星4つです。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1ルナルナポップ&キュート
an image of being pop

 

「ルナルナ」の印象

「ルナルナ」は、その収録アルバム「ハチミツ」が持っているポップな雰囲気をそのまま抽出したような、キャッチーなポップナンバーです。思わず体が躍り出してしまうような「ルナルナ」の魅力を、以下の3点から語ってみます

アンカーa

1. 演奏について

ポップスピッツ、ここにあり。「ルナルナ」は、そんな印象を受ける楽曲ですが、演奏もコンパクトにまとまっているように感じます。ギター、ベース、ドラムのそれぞれに聞きどころがあって、演奏を楽しむことが出来ます。

3つの楽器の中で、一番目立って聴こえるのはベースだと感じています。イントロは、殆どベースがメロディーを作っているようなものですし、キャッチーなギターソロの前にも、短いながらベースソロのパートが用意されています。

ドラムのサウンドも、この曲が持つ爽快さを支えていると言えます。基本的には堅実なプレイが中心ですが、2番サビ直前の連打が心地よく、サビの持つワクワクした雰囲気を引き立てています。思わず、小躍りしそうになってしまいますね。

サビの背後で勢いよく鳴るのがサックスで、ベースソロの直後に聴こえるのはバイオリンでしょうか。このように、バンドとしての音作りの中に、別ジャンルの楽器が上手くアクセントをつけることで、サウンドに深みと多少の神秘性を付与している気がします。
a performance image of the song

一覧に戻る

2. ボーカルについて

この曲のボーカルは、一言で言ってとにかくポップ。草野さんのポップに輝くボーカルを楽しむことが出来ます。全体的な使用音域も高いので、草野さんの高音の輝きを存分に楽しむことが出来ます。この曲を普通の男性が歌うのは、難しいでしょう。

ところで、「ハチミツ」の頃のスピッツは、アイドル的な要素を持っていたようですが、この草野さんの歌い方も、ポップさや可愛さを意識しているように思えます。ところどころ、今の草野さんは恐らくしないであろう歌い方があると感じるのです。

例えば、2番のサビの「眩しい」の「ま」。草野さんの良い意味で淡々としたボーカルで、こういった甘えた感じの歌い方を聞くのは珍しいと感じます。もちろん、悪くないですが、今の草野さんなら違う歌い方をする気がしますね。

草野さんの歌い方には、解釈を固定する歌い手の感情が含まれていないので、聴き手が無色透明の心でその音楽を自由に楽しめる気がします。ただ、この曲に関して言えば、そのボーカルに少し色が付いているでしょうか。珍しいというだけで、悪いということではありませんがね。
a pop image that represents the song

一覧に戻る

3. 歌詞について

この曲の歌詞は、草野さんの言葉回しが賞賛されている曲の一つで、作詞家としての草野さんの魅力を存分に楽しめる一曲となっています。特に賞賛が集まっているのは、2番メロの出だし、ビールと羊のくだりでしょうか。

何を言っているのか良く分からないようで、こうかもしれないという解釈はできるという、スピッツあるあるな世界観がこの曲では楽しめます。また、草野さん自身は、この曲のテーマについて「一人妄想の歌」というニュアンスのことを言っているようです。

ところで、スピッツの歌詞における「絡まって」という言葉は、たいてい大人の関係を指すわけですが、この曲のサビでも「絡まって」という歌詞が連呼されます。そんなこの曲のテーマは、「青年が抱くピンクな妄想」とか、そんな感じかもしれません。

「ルナ」には、月のほかに狂気、美しい女神という意味もあります。このタイトルもあって、この曲からは少しだけ神秘的な雰囲気も感じます。ポップメインに聴こえる曲でありながら単色ではなく、その背後に違う何かも感じる。そんな複層感が「ルナルナ」の魅力だと思います。
an image of quite atmosphere of the song

一覧に戻る

 

歌詞の世界を妄想する

ここからは、「ルナルナ」の歌詞を考えながら、この曲の世界観を妄想してみます。この曲のテーマとしては、「ちょっと歪んだ妄想」とか、そんな感じでしょうか。そんなテーマを前提に、以下の3つのトピックから、この曲のストーリーを考えてみます

これはただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください

1. 主人公の姿

登場するのは、主人公と君の二人です。二人の関係を恋人関係と考えることもできますが、草野さんのコメントを考慮し、この曲は青年の片思いの歌と考えてみます。二人の関係は、友人関係の可能性もありますが、知人程度の関係の方がしっくりきます。

主人公の描写を見ていくと、彼は胸に小さい痛みを抱えているとあり、その視界の先には小さな花が見えています。ただし、その花は今にも消えてしまいそうです。この花は、自分の想いが届かない君という存在を象徴しているのかもしれません。

また、彼は、思い悩んだ後で無知な蜂になるともあります。これは、彼の君への叶わぬ想いに悶々とする姿を表していると感じます。考えれば考えるほど、君には届きそうになく、全てを忘れた蜂となるしか君と会う方法がないのでしょう。

君には既に恋人がいて、彼は自分の想いが叶わないことを知っているのでしょう。とはいえ、彼は君に首ったけです。サビ直前の歌詞の「アナーキー」とは混乱を意味しますが、彼女の眼差しは、彼の心をかき乱すほどに魅力的なのだということを示しているのでしょう。
an image of beautiful eye

一覧に戻る

2. 主人公の想像

そんな彼は、夜も眠れずに彼女への想いを悶々と募らせて、月を見ながらビールを呷り、羊たちを数える日々を過ごしているのではないでしょうか。彼が寄りかかる冷たい壁は、彼の現実を示している気もします。

ただ、彼の気持ちは高揚しています。酒の力が見せる夢のせいでしょうか。1番メロの世界がねじれるという描写も、彼の酔いを表しているでしょうか。普段は消えそうな花である君ですが、ねじれた世界の先では絡み合うことすら出来るのです。

サビでの彼は、幸せそうです。二人で楽しんだなら、現実で大変なことがあっても何とかなるよ。彼はそんな幸せな妄想に浸っています。彼の妄想はどんどんと続いていき、彼は自分自身を止めたくないと思っているのではないでしょうか。

2番のサビの直前の歌詞の意味とは、彼も君に対しての妄想を募らせるのは少し気味が悪い、つまりスプーキーであるという想いはありつつも、そんな気持ちを酔いの勢いでかき消して、君に対して少し背徳的な夢を見ようとしているということだと感じました。
sheep and moon I mentioned above

一覧に戻る

3. 最終的な展開

身もふたもない結論ですが、この曲はあくまで一人で妄想を募らせる曲であり、二人の関係を進展させるような何事も起こることはないというのが、私の結論です。主人公は、妄想を楽しみ、また現実の世界に戻っていくのです。

楽しい妄想の世界を終えて、その夢から覚めていく主人公ですが、まだやっていけるという気持ちを持っているようです。そんな彼は、「まだ見ぬトキメキ」に目をつけて、それを手に入れようとしているようです。これは、何を意味しているでしょうか。

もしかしたら、君の恋路に飛び込んで、君がトキメキを感じる対象を自分にすること、つまり君の現在の恋人から君を奪い取るという気持ちを歌っているのかもしれません。彼は、そんな決意を夜空に浮かぶ月に語っているのかもしれませんね。

曲としてはポップな曲調ですから、妄想の果ての危険な香りを感じる曲にはなっていませんし、そういう曲でもないと思います。高嶺の花に悶々と憧れる青年という、どこにでもいるような男性の姿を独特な描写で描いた曲が、この「ルナルナ」ではないでしょうか。
an image of a man trying to be interested in

一覧に戻る

 

さいごに

ポップでキャッチーなメロディーが耳になじみやすい曲ですが、その世界観は独特の描写をされています。この曲が煩悩に溢れた青年の叫びの歌だとすれば、あまりにも爽やかすぎますが、そういう曲が多いのもスピッツの特徴ですね(笑)

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!