スピッツの曲

スピッツの「今」の魅力を語る。「野生の心」に注目し、歌詞の意味も考察

「今」に感じるイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「今は、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」の先頭を飾る楽曲。僅か2分程度の曲中には、爽やかな風が吹き抜けています。

この記事では、そんな「今」の魅力を語り、歌詞解釈にも挑戦します。「今」に辿り着いた主人公は、何を感じているのでしょうか?

スポンサーリンク

「今」とは

「今」は、2000年にスピッツが発売した9thアルバム「ハヤブサ」の1曲目。本作は、ロック色が強いアルバムですが、その先頭を飾る「今」も、迸るエネルギーを感じる楽曲です。今、爽やかな風を呼ぶ「今」で、名アルバムの幕が開きます!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1爽やかな疾走感
スピッツの「今」に感じるイメージ

1. 演奏への印象

「今」の演奏は、とにかくエネルギッシュで爽やかですね。テンポも速めの僅か2分弱の短い曲は、疾走感と高揚感、そしてエネルギーに溢れています。この「ハヤブサ」というアルバムに懸ける、原点回帰への強い想いが伝わってくるかのようです。

そんな「今」の演奏で、特に印象的なのは、草野さんのかき鳴らすアコギ。「演奏する」ではなく、「かき鳴らす」がピッタリの生演奏は、爽やかな躍動感を作り出しています。まさに、ロックバンドとしての勢いを前面に打ち出した演奏ですね。

また、アコギを大切にする演奏には、スピッツの原点を感じています。実際に、私は「今」の演奏に、スピッツのデビューアルバム収録の「海とピンク」と似た、爽やかな高揚感を感じています。どちらも海を想起させる点でも、共通点がありますね!

「今」に感じる爽やかなエナジーのイメージ

2. 個人的な想い

スピッツの歌詞には、自分らしく咲くことを肯定するものが多いですが、その歌詞が強い説得力を持つのは、それがスピッツの本心だからに他ならないでしょう。よって、型にはまることは、スピッツが最も避けたいことの一つのはずです。

ところで、スピッツ前作アルバム「フェイクファー」の方向性に迷いがあったことは有名です。この「ハヤブサ」も含めて、ロックなスピッツを知ったうえで聴く「フェイクファー」は名盤ですが、そうでないならトゲが足りないと思ったかもしれません。

美しい楽曲たちは、スピッツの魅力の一つであり、型ではありません。大切なのは、求められる音楽でなく、やりたい音楽を鳴らすこと。この「今」は、今の自分たちがやりたい音楽を全力で届けるという決意を、高らかに宣言した曲だと感じています。

今この時の衝動を大切にするイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「今」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「野生の心よ、今にこの瞬間にあれ」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の2つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

今を駆ける野生の心のイメージ

1. 考察の前提

「ハヤブサ」というアルバムは、スピッツをポップなバンドと考えている世間に、彼らの本来の姿を見せようとしたロック色の強い作品。そして、そのアルバムの先頭を切る楽曲こそが、この「今」である事実は、曲解釈で考慮すべきでしょう。

美しさや優しさは、スピッツの魅力的な個性の一つであって、彼らの活動領域を決める型ではありません。また、彼らがパンク出身であること、自分らしさを大切にしていることなどから、彼らの根底には本能・衝動・野生への敬愛があると感じています。

「今」のシンプルな歌詞には、そんな彼らの姿勢が示されていると感じています。大切なのは、理性的な頭で考えることではなく、本能で感じること。今回は、「今」はシンプルな感情への想いを歌った「原始賛歌」であるとして、解釈を考えます!

曲に登場するのは主人公と君ですが、この曲をスピッツからのメッセージソングと捉えて、曲中の「君」を私達ファンとして考えることも出来ます。ただ今回は、あくまで曲中の物語は物語として捉え、そこで歌われている内容を、私たちにも間接的に適用するという形で考えます。
曲に感じる野生のイメージ

一覧に戻る

2. 今

君と二人で、浅瀬を歩く彼。何故だか分かりませんが、心が浮き立ってしまいます。彼はガラにもなく、小さな花が胸に咲いたような気分。見る人が見れば、この花を恋の花と呼ぶのかもしれません。ただ彼には、この花の名など重要ではありません

今実現している、夢見ていた君との時間。それこそが、彼の全てです。君がくれた力で、彼はこれから何でもできそう。眠っていた野生の心も今、目を覚まし始めます。彼も、ちっぽけな獣として吠え、世界にその爪痕を残す準備が出来ました!

渚を吹き抜ける風は、時を押し流し、全てに等しく終わりを運びます。今、自分が抱く夢と衝動、そして過去の傷跡さえも、やがて無へと帰すでしょう。しかし、今が今として、確かに存在するのもまた、事実。彼には、今この時こそが全てです!

私にとっての「今」とは、待ち望んでいた「今」に辿り着いた彼が、その今に存在することに全身全霊を傾ける歌。私にとっての曲の主題は、恋愛ではなく野生の誇り。野生の動物としての彼は、君がくれた力を胸に、世界に挑みかかります。ちっぽけでも、誇りを込めて駆けるのだ!
走り抜けるちっぽけな彼のイメージ

一覧に戻る

さいごに

「今」は、歌詞解釈を考えると言うより、曲に漂うオーラやその背景事情を感じるべき曲だと感じています。そんな私が感じたテーマは、「野生の挑戦」だったのです。私も、ちっぽけな獣として、今このときに全力を込め、世界を駆けたいです!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!