スピッツの曲

スピッツの「恋のはじまり」の感想を語る。歌詞の物語も独自考察

歌詞に登場するお花屋さんのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「恋のはじまりは、スピッツの11thアルバム「スーベニア」の収録曲。穏やかで優しい感じのラブバラード曲ですね。

この記事では、そんな「恋のはじまり」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。主人公は、この恋で、どう変わっていくのでしょうか?

「恋のはじまり」とは

「恋のはじまり」は、スピッツが2005年に発売した11thアルバム「スーベニア」の収録曲。前曲の「ワタリ」は強い疾走感を感じる曲でしたが、「恋のはじまり」は、それとは対照的に、穏やかな雰囲気を持ったラブソングになっています!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1恋のはじまり優しく穏やか
恋の始まりの歌詞に出てくる花屋さんのイメージ

1. 演奏への印象

「恋のはじまり」の演奏は、「ワタリ」というロック曲が残したトゲのある雰囲気を中和する、柔らかな温かさに満ちています。イントロのギターや間奏部分のキーボードに感じるようなフワフワした音色には、恋に落ちた浮遊感を連想しています。

一方で、曲には強さを感じる部分もあります。主人公の自称が「俺」であることもそうですし、Cメロの背後で鳴るギターは、かなり強めのロックな雰囲気を放っています。また、サビでの草野さんのボーカルの強い輝きも見逃せないポイントです。

草野さんのボーカルは、強い輝きを放って曲を明るいものにしています。サビを締める高音のロングトーンは、まさにボーカルのハイライトでしょう。恋に落ちた主人公の内面の光を感じさせる、美しくも力強い素晴らしいボーカルですね。

曲が持つフワフワしたイメージ

2. 個人的な想い

「恋のはじまり」は、アルバムの中での休憩ポイントのイメージ。「正夢」はスケールが大きく、「ほのほ」と「ワタリ」はシリアス寄りの曲でしたから、「恋のはじまり」のような穏やかな曲が来ると、ほっと一息つけるような感覚があります。

「恋のはじまり」で歌われるのは、そのタイトルの通り主人公の「恋のはじまり」。人生観や生き方といったスケールの大きな雰囲気を離れ、些細な日常を歌うこの曲は、「スーベニア」が持つ温かな雰囲気を体現するような曲だと感じています。

また、個人的にはボイトレの曲としての印象も強いです。メロから男性には少し辛い音域を連発し、サビでは男性の限界点を遥かに超えたロングトーンが求められます。ただし、テンポはゆっくりなので、基礎を繰り返すには悪くない曲ですね。

曲の温かなイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「恋のはじまり」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「慣れないリズム」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

慣れない恋のリズムのイメージ

1. 考察の前提

「恋のはじまり」は、恋に落ちた主人公の心境を歌った曲です。主人公の人物像としては、恋とは無縁の日々を送ってきた青年のイメージです。恋に落ちた主人公は、急に花に興味を持つようになりますが、その様子が「おかしい」とされているのですから。

1番のサビでは、「恋のはじまり」は、彼に光をくれるものだとされています。この描写は、恋が放つ光の明るさを強調するするとともに、それまでの彼が暗い世界の住人だったことも示しています。彼はまさに、恋によって救われようとしているのです。

また、サビを締める天気予測では、「翌日も」ではなく「翌日は」良い天気になるとされています。毎日が晴れ続きならば「翌日も」になるはずですから、彼の世界の天気はまだ回復途上、つまり彼の恋もまだまだ発展途上なのだと感じています。

また、2番のメロにある虫の鳴き声とは、情景描写はもちろん、恋に落ちた彼の心のざわめきをも表しているでしょう。それは、今の彼では乗り切れないような、軽快でおかしなリズム。以降では、おかしな恋のリズムに浮かれ、柄にもないことにも手を出す主人公の物語を考えます!
回復途上の彼の心の中のイメージ、明るすぎないがピンク

一覧に戻る

2. 闇に差した光

これまでの彼の世界は、厚い雲に包まれていました。全てが上手くいかない日々ではありません。それなりの人間関係を築き、それなりの想い出を作ってきました。しかし、彼の心は閉じられたまま。彼にとって、この曇天の日々は闇に等しいものでした。

しかし、そんな彼の世界にも、大きな変化が訪れます。そう彼は、光輝く君に出会ったのです。君を一目見た瞬間、彼の心は君に捕らわれてしまいました。その出会いは、暗い世界で生きて来た彼に、その世界の夜明けを予感させるものだったのです。

ただ、現状は彼の想いは片思いに過ぎません。何せ、君とろくに話したこともないのですから。そんな彼の脳裏に浮かぶのは、ぼんやりとした君だけでした。ただそれでも彼は、君のことを考えると時間を忘れるほどに夢中になってしまうのでした。

彼にとっての君は、優しい光。ただ、君のことを深く知らない彼には、そのイメージをさらに具体化することは出来ません。くだらない日々は思い出せますが、君の鮮やかな姿を浮かべることは出来ない彼。彼が、君をより鮮明に描くためには、もっと君に近づく必要がありそうです。
ぼやけた君の優しいイメージ

一覧に戻る

3. 柄でもないが

彼の心の中では、これまでの闇の日々の中では聴くこともなかったヘンテコな音楽が流れています。これはきっと、恋のメロディーというやつなのでしょう。その音楽を聴いていると、彼は何故だか、彼らしくないステップで踊り出したくなるのでした。

例えば、柄にもなく、彼が花に興味を持ちだしたのも、この恋の音楽のリズムが原因。ヘンテコな音楽に導かれるまま、名も知らぬ花を手に取ったりして、彼は妄想するのです。もしこの花をプレゼントしたら、君は喜んでくれるだろうか、と。

ハッキリ言って、昔の彼を考えれば、今の彼は少し奇妙です。ただ、鳴り止むことのない音楽は、彼に自然とステップを踏ませてしまうのですから、仕方がないでしょう。かつては闇の中でうずくまっていた彼も、今や自然と体が動いてしまうのでした。

彼は今日も、君を想っています。時間を忘れて君を想ううち、いつの間にか夜も更けてきました。彼を追い越していった一陣の風は、自分と似た存在に思われました。どちらも暗い世界を旅してきたのです。ただ、彼の世界の夜はもう終わり。君と言う光が、彼を照らすのですから。
彼が物思いにふける夜のイメージ

一覧に戻る

4. 恋のはじまり

今の彼にとって、君を追いかけることが生きる意味になりました。かつての彼の世界は闇に包まれていましたが、今の彼の世界に僅かながらも光が広がる世界へと姿を変えました。さらに君に近づくことで、この世界はまた別の姿を見せるでしょう。

恋が奏でるリズムに合わせきれず、調子っぱずれに踊る彼は、滑稽に映ることもあります。ただ、今の彼にはそれは全く問題ではありません。今の彼が気にしているのは、如何に自分の身を守るかではなく、君と言う光を追いかけることなのですから。

彼の世界は、闇の世界を抜け出したとはいえ、まだまだ曇天の世界。何もかもが上手くいく日々ではありませんし、君との距離もなかなか縮まりません。しかし、明日にはきっと。曇りの日々を越えた明日には、きっと鮮やかな晴れ間が広がるはずです!

私にとっての「恋のはじまり」は、心躍ることのない日々を生きてきた主人公が、君と言う光と出会って闇の日々に別れを告げて、まだまだ慣れない恋のリズムに合わせて踊る物語。現時点では、彼の恋心は完全な片思い。彼が抱く君への深い想いが君に届くかは、今後の彼次第ですね!
恋に落ちた彼の心の中のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

恋に落ちた主人公は、普段は立ち寄ったりしない花屋さんに入って、柄にもなく花を手に取ったりしています。光り輝く君に出会い、彼は変わり始めたのです。恋に落ちて、柄にもないことをしたくなる。そんな経験、貴方にもありますか?

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!