スピッツのアルバム

【アルバム感想】スピッツの「スーベニア」を全曲レビュー!

スーベニア、お土産のイメージ

こんな記事

「スーベニア」は、スピッツが2005年に発売した第11作目のオリジナルアルバム。タイトルの意味は、「贈り物・お土産」です。

歌詞の面では、現実路線を志向したアルバムだとされていますが、個人的には裏腹に幻の「スーベニア王国」を旅するような感覚があります。ジャケットの、浦島太郎的な女性と亀の印象が強いのですね。

このページは、そんな「スーベニア」の個別レビュー記事をまとめたページです。特におススメする曲も、何曲か紹介していきます!

収録曲一覧

スピッツの「スーベニア」には、多くの名曲が収録されています。「春の歌」、「正夢」、「みそか」などがその筆頭になるでしょうか。スピッツからの「贈り物」が沢山詰まった本アルバムは、私たちを夢の音楽の世界へと誘ってくれる名盤です!

曲名属性おススメ度
1春の歌スピッツロック
2ありふれた人生優しく切ない
3甘ったれクリーチャートンガリロック
4優しくなりたいな優しく切ない
5ナンプラー日和お気楽&沖縄
6正夢ロックバラード
7ほのほ闇と炎
8ワタリ闇夜ロック
9恋のはじまり優しく穏やか
10自転車まったり&哀愁
11テイタム・オニールウキウキロック
12会いに行くよ温かく穏やか
13みそかスピッツロック
上表の曲タイトルをクリックすると、個別レビュー記事へジャンプします。赤字の曲がこの「スーベニア」での三本の柱と言った印象ですが、それ以外の曲も名曲ぞろい。特に、トンガった「甘ったれクリーチャー」とウキウキする「テイタム・オニール」は大のお気に入り曲です!

さいごに

「スーベニア」というアルバムには、優しく明るく照らす光の広がりを感じています。「春の歌」を筆頭に、全体として優しくも力強いメッセージが込められた曲が多いからそう感じるのでしょう。貴方の「スーベニア王国」は、一体どんな国ですか?

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!