スピッツの曲

スピッツの「メモリーズ・カスタム」の魅力を語る。歌詞の意味も独自考察

メモリーズのPVに出てくる三角錐のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「メモリーズ・カスタムは、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」の収録楽曲で、ロックな変化球という印象。カッコいい大サビはスピッツ曲で唯一、メンバー以外の方が作曲を手掛けたものです。

この記事では、そんな「メモリーズ・カスタム」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。大サビで彼が知った真実とは、一体どんなもの?

スポンサーリンク

「メモリーズ・カスタム」とは

「メモリーズ・カスタム」は、2000年にスピッツが発売した9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。前曲の「ホタル」は、凛とした雰囲気のバラード曲でしたが、今回の「メモリーズ・カスタム」は、スピッツのロックなトンガリ魂を感じる楽曲です。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1メモリーズ・カスタム変わり種ロック
メモリーズの尖ったイメージ

1. 演奏への印象

「メモリーズ・カスタム」の演奏には、ロックバンドとしての力強さとともに、スピッツが持つトゲを感じています。スピッツには「遊び心」を感じる楽曲も多いですが、今回のケースでは「遊び心」と言うより「トンガリ魂」と言った方が良さそうです。

イントロの出だしのギターから、ロック魂を感じますし、ノイズエフェクトが入ったメロのボーカルにも、「トンガリ魂」を感じています。エフェクトをこれほどあからさまに使うのは、スピッツでは「どんどどん」くらいのもので、大変珍しいですね

この曲には、パンク的雰囲気のメロ、軽快なスピッツ節のサビ、スケールの大きいロックな大サビと、一曲に3つの魅力が詰まっています。また、曲のハイライトである大サビでは、ノビのある高音ボーカルと激しいドラムが最高にカッコいいですね!

 

3つの魅力のイメージ

2. 個人的な想い

「メモリーズ・カスタム」は、スピッツのロック魂を強くアピールする曲だと感じています。極端なボーカルエフェクトも、滑らかでスムースなバンドのイメージを打ち破り、ザラついた感覚、尖ったロック色を強く打ち出すための演出でしょう。

また、PVに登場する三角錐も、ロック魂の象徴と感じます。スピッツが「尖り」と「ロック」を結び付けているのは「トンガリ’95」からも明らかですし、PV内で三角錐が顔に重なったり、手に乗せて歌ったりするのも、ロック魂のアピールなのでしょう。

ところで私は、そもそも大サビ追加の決断をしたことに感心しています。私のような素人が口にするのもおこがましいですが、超一流の作曲家としてのプライドより、曲が良くなる提案を優先した草野さんの度量は、尊敬に値すると感じています。

PVに登場する三角錐のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「メモリーズ・カスタム」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「忘れてしまえ」としました。また、そのテーマを補足するため、以下の5つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

忘れる、捨てるイメージ

1. 考察の前提

歌詞全体には、未成熟な若者像を感じています。君への想いを歌ったサビは、あくまで彼の願望ですから、現実の彼には悩みもあるはずです。ただ迫力ある大サビでは、悩みを突き抜けた強さを感じますから、彼は悩みに捉われた存在ではないでしょう。

また個人的に、「メモリーズ・カスタム」の解釈のキーは、Cメロの歌詞だと感じています。後から追加した歌詞だから、曲の全体像に影響しないという見方も出来るかもしれませんが、私にとっては逆。わざわざ追加するからには、強い意味があるのです。

以降の解釈は、「メモリーズ・カスタム」の物語を、彼の性格像の描写、彼の望みの描写、Cメロの内容の描写、最終的な結論という4ステップで行います。なお、重要な位置を占めるCメロの解釈は、一部、歌詞描写にない想像で補うものとします。

Cメロでは、嵐を越えた彼が、追い求めた何かの真実に至ります。ただ彼は、その真実はお好みではないようで、それを忘れると宣言します。また個人的に、嵐の後に真実に至るという順番も重要。これらの基本原則を守りながら、必要と考えた部分に、想像でカスタマイズします!
曲をカスタム、調整するイメージ

一覧に戻る

2. マッチの炎

今の彼の一番のお気に入りは、最近見つけた君。彼は、君を眺めた時間を拾い集め、その一つ一つを大切に胸の中にしまい込んでいます。それらの多くは、普通の人が見たならば取るに足らない些細なことでしょうが、彼には問題ではありません。

普通の人は、マッチの小さな炎を馬鹿にするかもしれませんが、その炎もしっかりと温かいものです。そして彼には、君との日々の欠片も似たようなもの。彼は、その些細な想い出が、自分の心を温める大切な炎となることを知っているのです。

ただし、その実態以上に、彼がそう思い込もうとしている部分もあります。遠くから君を眺めた想い出だけで満足するのは、極端に純粋すぎる感情です。本心では、その思い出を振り返ると切なさもあり、彼はもっと君に近づきたいのですが・・・。

彼が拾い集めてきた想い出は、真実半分、嘘半分と言ったところです。その思い出が彼の心を温めてくれるのは疑いようのない事実ですが、それだけで心から満足できるわけではありません。だからこそ、その想い出は爽やかなものではなく、少しの湿り気を帯びてしまうのでした。
彼が渡り歩く刹那的な喜びのイメージ

一覧に戻る

3. 彼が望む物

君を想う心は、日に日に強まるばかり。君を想うとなかなか冷静なままではいられず、心に波が立つのを感じます。かと言って、その想いを君にぶつけることも出来ません。奥手な彼は、想い出の温かさに心から満足したフリを続けるしかないのです。

ただ、君が自分の世界に入ってきたならどうなるだろう。彼にも、そんな想像をすることはあります。もしそんなことが起こったら、彼は君が放つ輝きに圧倒されるでしょうし、その光に平伏してしまうでしょう。何と、素晴らしいことでしょうか!

今の彼の願いは、真実と嘘が半分ずつの湿った想い出を、爽やかな真実の想い出にすること。つまり、想い出から真の満足を引き出すことが出来るようになることです。そのために彼は、遠くから君を見ているだけの日々から脱しなくてはいけません。

今の彼は、君のために何か出来る立場にはありません。それは、切なくて歯がゆいものでした。そんな想いを抱えつつ君を見つめ続けていた彼ですが、突然、君を見かけなくなりました。今までに無かったことに、心もザワついてきます。君は一体、どこへ行ってしまったのでしょう?
彼の心のざわつき、嵐のイメージ

一覧に戻る

4. 嵐のあとに

君は、いなくなってしまったわけではありませんでした。それによって、彼にとっての最悪の事態は過ぎ去りました。しかしその嵐が止んだと同時に、彼はある事実を知ってしまいました。彼が追い求めた恋は、叶う見込みがなさそうなのです。

久しぶりにいつもの場所に戻ってきた君ですが、その指に見覚えのない何かが輝いているのです。あの指に光るものがある意味は、流石の彼にも分かります。遠くから見つめるだけですが、君の表情もいつもよりも明るいものに見える気もします。

君が戻ってきたことに安心し、心の中をかき乱した嵐が明けたと思ったら、今度はこれです。君の右手の薬指に輝く何かと、いつもより嬉しそうな君。彼が大切にしてきた君への純なる祈りは、もうここで終わらせてしまうべきなのでしょうか。

いいえ、そんなことは絶対にしません。彼は、彼が至った真実を見なかったことにするのです。あれは確かに、恋の終焉を意味し得るものですが、そうではない可能性だってあります。彼は、やや無理やりでも明るい未来を描き、失望ではなく彼が望んだ日々で心を満たしていきます。
彼が描く色鮮やかで明るい日々のイメージ

一覧に戻る

5. メモリーズ・カスタム

彼は、あの真実を放棄しました。あんなものが追い求めた恋の正体であるはずがありません。彼の恋はここで終わるべきではありませんし、この恋は二人に実りあるものなのです。大切な君のためにも、彼はこの恋を諦めてはいけないのです。

とは言え、急に大胆なアプローチをすることは出来そうにありません。ただ彼は、遥か彼方から君を見つめるのではなく、少し近くで君に見つかりそうなハラハラを味わったり、もし気が向いたなら、もっと近づいたりしてみるつもりです。

彼の恋路は、決して平坦な道のりにはならないでしょう。しかし、運命の恋というものは、得てしてそんなものであり、今は彼が君のために一肌脱ぐときです。彼は緊張を飲み込んで蝶となり、君の甘い香りを目指し、フラフラと飛んでいくのです!

私にとっての「メモリーズ・カスタム」は、遠くから君を見つめている内気で純情な青年による、ちょっとキツメの思い込みも含んだ恋物語。なお、項目3と4には歌詞で示唆されない想像を足し込んでいます。話の流れとしては、一定の筋を通したつもりですが、如何でしょうか?
蝶々の彼が目指す君のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

曲中の蝶にはどんな意味があるのか。ふと頭に浮かんだのが、緊張状態を表す英語表現「have a butterfly in one’s stomach」。落ち着かない感覚を、お腹に蝶がいると表現するものです。蝶は、恋の緊張を表しているのかもしれませんね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!