スピッツの曲

スピッツの「ハートが帰らない」の魅力を語る。歌詞の物語も想像

帰らないハートのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「ハートが帰らないは、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」に収録された楽曲。悲し気な雰囲気を漂わせながらも、サビは意外に力強いです。このアルバムの性格を反映したラブソングですね。

この記事では、そんな「ハートが帰らない」の魅力を語り、歌詞解釈にも挑戦します。君を失った主人公の心情を、物語調で考えます

「ハートが帰らない」とは

「ハートが帰らない」は、スピッツが2000年に発売した9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。前曲の「宇宙虫」は、アルバムの区切りとなる静謐なインスト曲でした。この「ハートが帰らない」は、アルバム後半の幕開けを告げるラブソングですね。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1ハートが帰らない強く悲しく
破れた心、戻らないハートのイメージ

1. 演奏への印象

「ハートが帰らない」は、メロとサビで印象が異なりますが、全体としては悲しげな雰囲気を纏う楽曲です。ただ、その悲しみは、絶望に沈んだ紫色の世界ではなく、叶わぬ願いをぼんやりと思う様な、穏やかな白く煙った世界を連想させます。

曲のまどろみと悲しみの雰囲気は、イントロやメロ、間奏で感じられます。イントロの優し気なギター、メロでの優しく響くベースと、その背後の明るさと悲しさが混濁したアルペジオ、そして間奏の金管楽器的な悲しくも、どこか涼し気な音色。

これらの演奏は、まどろみの中で物思いにふける誰かを思わせるものだと感じます。そして力強さを増すサビの演奏では、諦めの境地にあったはずの感情が、堰を切ってあふれ出したかのようです。曲の中で、静と動の二面を感じる演奏ですね。

白く曇った曲の世界のイメージ

 

2. 個人的な想い

この「ハートが帰らない」は、「さらばユニヴァース」とペアで考えています。曲調が似ている訳ではありませんが、同アルバム収録であること、テーマが愛であること、サビでの中高音ロングトーンが似ていることなどから、そう感じるのでしょう。

また、「さらばユニヴァース」と同じく、歌詞に「俺」が使われていることにも注目したいですね。このあたりにも、スピッツがこの「ハヤブサ」というアルバムに込めた想い、ロックな色を強くしたいという意図が反映されているのでしょうね。

個人的な曲のハイライトは、間奏部分の金管的な音色のソロ。悲し気な雰囲気を感じる涼やかな演奏から、力強いサビに移っていく構成は、メリハリがあっていいですね。また、全編を通して要所で登場するハモリのコーラスも、美しいですね。

ペアのイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ハートが帰らない」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「今さらながらに」としました。また、そのテーマを補足するため、以下の3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

懐かしむイメージ

1. 考察の前提

「ハートが帰らない」の歌詞は、終始主人公の心情が吐露される形で進行しています。つまり、このサビでは、主人公の「ハートが帰らない」という気持ちが歌われるわけです。なお、歌詞冒頭を見れば、この曲でのハートの意味を推測できます。

歌詞冒頭での彼は、君の笑顔をもう一度見たいと歌っています。ただ同時に、それが身勝手で調子のよい話だとも自嘲しています。このことから彼は、既に「君」を失っていて、その事実を持って「ハートが帰らない」と歌っていると考えられます。

このことから、この曲でのハートとは、「君」そのものか「彼の感情」と考えることが出来るでしょう。私としては後者、君を失ったことで色を失った彼の心こそが、この曲でのハートだと考えています。彼にとって、君がいてこその人生だったのですね。

私は、君を失った理由をことさら議論する必要はないと感じています。大切なのは、君がいなくなった理由ではなく、君がいなくなった事実でしょう。以降では、大切な君を失った彼が、悲しい未練を胸に、取り戻せない君を想う歌として、「ハートが帰らない」を解釈していきます!
色を失った彼の心のイメージ

一覧に戻る

2. 掛け違えたボタン

彼は、君を失ってしまいました。大切な君を、失ってしまったのです。そして彼には、それが自分の責任だと分かっています。彼が君を失ったのは自業自得なのです。そんな彼が今更、君を取り戻したいと願うことは、自分本位すぎる話です。

君を失った彼の日々は、全ての色を失ってしまいました。彼は今更になって、君がどれだけ大切だったのかを痛感しています。もし君が戻ってきて、優しい笑顔を再び自分に向けてくれるのならば、何を差し出しても全く惜しくはないほどです。

あの頃、君と一緒だったころの自分は、問題だらけ。君の前でカッコよく尖っていたつもりでしたが、後から振り返れば、ただ君を困らせていただけ。それでいて、自分だけ恋の喜びに酔っていたのですから、全くもって滑稽な振舞いでした。

ボタンの掛け違えで辿り着いた、悲しい今。好き勝手に振舞った自分と、困ったように微笑む君。そして、その笑顔を見た自分の心に浮かんだトゲが刺さったような感覚。そのときに、あの感覚の正体を見極めて対処していれば、二人の未来は異なる物語を紡いでいたのでしょうか。
心のトゲのイメージ

一覧に戻る

3. ハートが帰らない

彼の心にはかつて、恋の春風が吹きわたり、鮮やかな色が広がっていました。しかし、今の彼の心はモヤがかかったようで、白く煙った世界と化しました。しかし、時すでに遅し。どんなに悔やんでも、時を逆回しにすることは出来ないのです。

君がいなくなるのと同時に、鮮やかに彩られていた彼の心も消え去ってしまいました。それは彼からすれば、まるで「ハートが帰らない」かのよう。ただ後悔と悲しみだけが浮かぶ白モヤのかかった心など、彼にとってはハートではありません。

もし、奇跡が起こって心のモヤが晴れるなら、何気ない時間を君と一緒に過ごしたい。今度は、君にしっかりと向き合いたい。彼は、そんな都合の良いシナリオを胸に、今日も眠りの世界へと落ちていきます。そこで君に出会えることを願いながら。

私にとっての「ハートが帰らない」は、君との日々を当たり前に考えすぎた彼が君を失い、その後になって君の温かさを痛感する失恋の物語。現実逃避的に夢の世界に逃げ込む彼が立ち直るには、まだ少し時間がかかりそうです。彼のハートは、彼の手元に戻ってくるのでしょうか?
霧がかかった世界のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

当たり前だと思っていた物が、ある日突然に消えてしまう。その時に初めて、当たり前が当たり前でなかったことを知る。「ハートが帰らない」も、そんな悲しい出来事を描いているのでしょうか。当たり前など、この世に無いのかもしれませんね。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!