スピッツの曲

スピッツの「リコシェ号」の魅力を語る。珍しいインスト曲、イイね

リコシェ号が駆ける銀河のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「リコシェ号」は、スピッツの3rdアルバム「惑星のかけら」を締めくくるインスト曲。明るく、ノリよく、カッコよく。曲の中心で輝くギターサウンドが最高ですね!

この記事では、そんな「リコシェ号」の魅力を語っていきます。高速で駆け抜ける「リコシェ号」は、何処へと向かうのでしょうか?

スポンサーリンク

「リコシェ号」とは

「リコシェ号」は、スピッツが1992年に発売した3rdアルバム「惑星のかけら」のラストナンバー。一応、ボーカルとコーラスも入っていますが、公式での扱いがインストゥルメンタル曲となっているので、この曲はインスト曲と考えて良いでしょう!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1リコシェ号ロックインスト曲
an image of this song

 

1. 演奏への印象

「リコシェ号」は、とにかくノリが良くてワクワク感に溢れていますね。様々な顔を持つ楽曲を収録していた「惑星のかけら」ですが、最終的には「美しく明るい物語」が語られるアルバムだったと総括してもよいのかもしれませんね。

三輪さんの作曲と言うこともあってか、ギターが非常に印象的です。曲を通して繰り返される音程が徐々に上がっていくギターコードが、最高にカッコいいです。また、「ピューン」と流れ星が飛んでいくようなギターからは、宇宙を感じます。

また、ベースの演奏もカッコいいです。リコシェ号が力強く進むための動力部分がベースなのです。さらに、美しいコーラスワークからは、リコシェ号が華麗に進んでいく様子が浮かんで来ます。強く美しい力を持って、リコシェ号は銀河を進みます!

ハイスピードのイメージ

 

2. 個人的な想い

「リコシェ」がRicochetを指しているとすると、その意味は「跳弾」だそうです。要するに、「はねっかえり」と言うことですよね。この言葉は、スピッツ自身のコンセプトにも大いなる関連性のある物だと感じています。

パンクバンドとしての未来を諦め、アコギを抱えるスタイルを始めたけれども、スピッツの根底にあるのは尖った心だ。そんなスピッツの尖り具合が、この「リコシェ号」という曲のタイトルに表れているような気がしています。

つまり、スピッツそのものを「リコシェ号」に重ねている自分がいるわけです。ただの弾丸ではなく、跳弾。あえて王道を選ばない姿勢を貫こうとする意思が、そこにあるような気がしています。そんなスピッツ号、「リコシェ号」が大好きです!

流れ星のイメージ

 

さいごに

「リコシェ号」そのものへのイメージは、宇宙を駆ける流れ星と言ったイメージです。曲のラストで音が高まり、やがて消えていくギターからは、遥か宇宙の彼方の点となり、やがて消えていった「リコシェ号」の姿が浮かんできます!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!