スピッツの曲

スピッツの「さらばユニヴァース」の魅力を語る。「真実の絆」を軸に、歌詞考察

さらばユニヴァースのイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「さらばユニヴァースは、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。テンポこそゆったりですが、大人しいというわけでもなく、ノビあるボーカルを中心としたエネルギー溢れる曲です。

この記事では、そんな「さらばユニヴァース」の魅力を語り、歌詞解釈にも挑戦します。彼はどんなユニヴァースを去り、何処へ行く

スポンサーリンク

「さらばユニヴァース」とは

「さらばユニヴァース」は、2000年にスピッツが発売した9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。前曲の「いろは」は、変化球ロックとも言うべき尖った曲でした。この「さらばユニヴァース」は、エネルギーは感じますが、雰囲気は丸く優しいですね!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1さらばユニヴァーススピッツロック
ユニヴァースのイメージ

1. 演奏への印象

「さらばユニヴァース」の演奏には、スケールの大きさを感じています。この曲の演奏が持つ厚みは、一般的なバラードの枠に収まらないでしょう。また、ゆったりとしたテンポからは、泰然自若とした、全てを包み込む雰囲気を感じています。

演奏面で目立つ楽器の一つが、エレキギター。イントロなどやサビの背後に登場する、曲を象徴するハイトーンフレーズは、強く耳に残ります。また、間奏での膨らみを持った中音域のギターソロには、宇宙の広がりが浮かんでくるかのようです。

また曲中で、アコギが良い味を出しているのも見逃せません。ロックバンドとしての厚みある演奏にアコギを溶け込ませるスタイルは、まさにスピッツスタイル。アコギの演奏が主役となるメロの出だし部分は、私のお気に入りパートです。

曲で印象的なエレキギターのイメージ

2. 個人的な想い

「さらばユニヴァース」には、宇宙の優しさを感じているので、角の立った曲とは感じていません。ただし、曲が薄いと言うことではなく、この曲にはエネルギーの迸りを感じていますが、その要因の一つが草野さんの独壇場たるサビのボーカルです。

サビのロングトーンは、それこそ超有名曲「楓」のサビと同様に、中高音域を真っすぐに伸ばすものです。ビブラートなどを使わずに伸ばし切るスタイルは潔いですし、草野さんの輝く声も相まって、煌びやかな雰囲気を曲に纏わせています。

また、曲のボーカルには、力強さも感じています。母音と倍音の関係でしょうか、草野さんの声は母音が「え」の時により強くなると感じますが、メロの要所に登場する「え」には、「さわって変わって」のサビのような力強さを感じています。

力強いボーカルのイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「さらばユニヴァース」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「凸凹こそが絆」としました。また、そのテーマを補足するため、以下の3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

ユニヴァースのイメージ

1. 考察の前提

彼が別れを告げるユニヴァースは、ラスサビで小洒落たものとされていますから、居心地の良い場所にも思えます。ただそれでも、彼はその宇宙から去るつもりです。そして、そんな彼が欲しているのが、君の曖昧な反応や不機嫌な視線なのです。

このことから彼は、まだ見ぬ君の姿を欲していると言えます。そこで、彼が去りたいユニヴァースとは、二人が少し猫を被った上っ面だけ小奇麗な日々としました。そんな二人の関係性は、恋人同士で、それもまだ関係構築中のカップルとします。

また、二人の関係性が理由で、指輪が謎めくのだとしました。本来、今の関係で指輪を送るのはやや性急に過ぎるのですが、彼の気持ちは先走っています。今回の解釈では、彼は本心をぶつけ合い、時には喧嘩もする凸凹な日々を目指しているとします。

二人の日々は、美しい面だけを見せ合う小奇麗な日々。彼は、そこに関係の限界を感じ、悲しい想いをしています。そんな彼は、唐突に君へ指輪を送り、建前の日々に別れを告げ、全てを混ぜ合う日々を目指します。彼は、君もまた、建前の日々の先を望んでいると信じています。
旅立つ彼のイメージ

一覧に戻る

2. 発展途上にて

彼は、君という最高の女性に出会うことが出来ました。今の彼は、君に夢中です。ただ二人の関係は、まだまだ深めていくことが出来るはずです。今の二人の関係は、いつでも滑らかで心地よい物ですが、それが逆に、彼には少し悲しかったりもします。

彼にとって、「二人の関係を深める」が意味することは、二人の日々をより滑らかにしていくということではなく、二人の日々をざらついた日々に変えていくことです。二人の日々が滑らかであるのは、彼にとって、ある意味不健全なことなのです。

何故なら、いつも良い顔を見せ合う関係は、本心を晒し合っているとは言えないから。そんな関係の二人には、心の絆が存在しない気もします。逆に、君が不機嫌さを見せるなら、そのザラついた君の本心は、彼の悲しみを埋めるでしょう。

彼は、君もまた、今の関係に居心地の良さを感じながらも、少しの物足りなさを覚えていると考えています。君が本当に望むのは、無風で晴れ続きの日々ではなく、たまには嵐もやってくる日々のはずです。彼は、心の中で、君に問いかけます。君の本心は、一体どんな感じだい、と。
君に問いかけるイメージ

一覧に戻る

3. さらばユニヴァース

二人は、運命の糸で結ばれているはずです。お互いに忙しくて、とても会えそうにない時に、不思議と会えるようになったりするのも、その一例。君がどう考えているかは分かりませんが、彼に言わせれば、二人を結ぶ運命の糸は、確実に存在します。

運命が二人を結びつける以上、二人は今の日々を越え、次の世界に届くはず。そう確信している彼は、君に指輪を送るつもりです。その贈り物は唐突過ぎて、君を戸惑わせるかもしれません。ただ、その不思議な指輪は、二人の将来に繋がる指輪です。

今はやや時期尚早な指輪ですが、理想の日々に至った二人が振り返ったなら、その指輪こそが二人の日々を変えた契機だったと気づくはずなのです。指輪を君へと送った彼は、戸惑った様子の君を見ながら、思いました。滑らかな日々よ、さらば

私にとっての「さらばユニヴァース」は、心底君にほれ込んだ彼が、まだ見ぬ君の一面を求めて、安穏の日々に別れを告げようとする物語。彼が求めるのは、今歩きやすい世界ではなく、もっと起伏のある世界。ときに派手に転ぶとしても、それも真実の絆あってこその体験なのです!
彼が送る不思議な指輪のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

今回は、曲中の指輪が具体的にどんな指輪なのかは、あえて言及しませんでした。それが、結婚指輪かもしれませんし、恋人の証の指輪かもしれません。私的に大切なのは、その名称でなく、その指輪が新しい世界への鍵になるということです!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!