スピッツの曲

スピッツの「歩き出せ、クローバー」の魅力を語る。歌詞の意味も独自考察

歩き出せ、クローバーのイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「歩き出せ、クローバーは、スピッツの6thアルバム「ハチミツ」の収録曲です。心が洗われるピュアな歌詞が魅力的な、前へ進む元気を呼び起こすハートフルナンバーです。

この記事では、そんな「歩き出せ、クローバー」の魅力を語り、その歌詞の意味も考察します。主人公が理解し始めたこととは、一体?

スポンサーリンク

「歩き出せ、クローバー」とは

「歩き出せ、クローバー」は、1995年にスピッツが発売した6thアルバム「ハチミツ」の収録曲で、前曲の「涙がキラリ」に続いて、美しい雰囲気が持ち味の楽曲になっています。ただ、美しさの中心にあるのは儚さではなく、生命の輝きですね!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1歩き出せ、クローバー純情ポップ
クローバーのイメージ

 

1. 演奏への印象

「歩き出せ、クローバー」の演奏に感じている印象は、純情の結晶とでも言うべき雰囲気です。演奏から感じるのは、あちらこちらで新緑の息吹が感じられるような世界。そしてその世界の中で、少しピンボケした温かな光の粒が優しく踊っています。

キラキラした光の粒を象徴するのが、ギターアルペジオ。優しい音色のアルペジオを殆ど全編にわたって演奏のバックで聴きとることが出来ます。ホッとする優しい雰囲気と、クローバーの葉から零れ落ちた朝露のような鮮やかさを感じる演奏です。

また、草野さんの澄み切った高音ボーカルも、「歩き出せ、クローバー」の美しく優しい雰囲気を支える要素の一つです。要所でのコーラスも、まるで天国にでもいるかのような優しい雰囲気づくりに一役買っていますね。草野さん、最高です

新鮮な輝きのイメージ

2. 個人的な想い

「歩き出せ、クローバー」への想いと言えば、「フォレストガンプ」を上げずにはいられません。この曲の歌詞は、私の数少ないお気に入り映画の一つで不朽の名作と名高い、「フォレストガンプ」から着想を得ていると言われているのです。

「フォレストガンプ」の詳細は伏せますが、簡単に言えば純粋すぎる主人公が色々な苦難に見舞われながらも、前に進み続ける物語と言ってもよいでしょう。「歩き出せ、クローバー」が纏う前向きな雰囲気は、映画のそれに通じる物がありますね。

また「歩き出せ、クローバー」は、歌詞の物語も美しいですが、スピッツから私たちファンに向けられた広い意味での応援歌だとも感じています。個人的には、同じジャンルに入るスピッツ曲として「けもの道」や「ヤマブキ」などがあります!

真っすぐ進むイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「歩き出せ、クローバー」の歌詞を追いながら、その歌詞が意味する世界を考えていきます。今回の考察のテーマは、「純なる心で歩みを進め」としました。そんな考察のテーマを補足するトピックとして、以下の4つを準備しました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

1. 考察の前提

「歩き出せ、クローバー」の登場人物は、主人公と君ですが、ここでのクローバーは、純なる輝きの象徴であり、そんな人を表す比喩です。私は、曲の主人公と君の両者に純情さを感じているので、ここでのクローバーは両者を指していると考えています。

また、主人公と君は、何らかの理由で離れ離れとなった若いカップルと考えています。二人の物理的距離は、彼が一人でいる描写があること、カップルだと考えるのは、彼が君を心から信頼し、熱い愛情表現を送っている描写があることを根拠としました。

また、二人を若々しい青葉のようなクローバーと考えるならば、君は若い女性であると考えるべきでしょうし、その恋人である主人公も同様です。またクローバーは歩き出すわけですから、二人はこの曲で人生の門出を迎えていると感じています。

また、クローバーは裸足で歩いていくと歌われています。この歌詞の意味とは、変に取り繕った術を身につけるのではなく、少し世間知らずだとしても、子どもの純情を大切に生きることでしょうか。そんな二人は、大人としての一歩目を今まさに踏み出したのだと考えています。
二人の門出のイメージ、芽吹き

一覧に戻る

2. 離れていても

彼が描く「過去の恋」に似た印とは何でしょうか。過去の恋は、失恋とも考えられますので、「過去の恋印」とは中心にヒビの入ったハートマークかもしれません。そして彼は、そんな「過去の恋印」に似た印を描いているとされています。

彼が指で描く印とは、二人の信頼関係を象徴するヒビなしのハートマークではないでしょうか。その印は一見、過去の恋印と似ていますが、その意味は真逆の印。彼は、過去の失恋の記憶を乗り越えて、今は君と深い信頼関係を築いているのです。

そんなマークを描く彼は、自分の心にエネルギーが溢れてくるのを感じています。彼は一人ですが、君を想えば力が湧いてくるのです。物理的には離れていても、君は同じ空の下にいますし、二人の心は物理的距離を越えて繋がっているのですから。

二人はそれぞれに、人生の新しい一歩を踏み出し、自分の目標に向かって夢を追っているのだと考えています。そして、そのことが二人を一時的に離れ離れにしたのです。二人の歩みには向かい風が吹きつけていますが、「例のマーク」を胸に抱くなら、その風すら心地よいものです。
ハートマークのイメージ

一覧に戻る

3. 分かりはじめて

向かい風を受けながら一人歩く彼には、ハートマーク以外にも心の支えがあります。それは、時折届く君からのポストカード。君の近況が綴られたそのカードは、彼に嬉しい気持ち、優しい気持ちを届け、彼の心を潤してくれるのです。

君への愛が放つ光で世界の全てが輝いて見えている彼には、最近になって理解し始めたことがあります。それは、彼にとっての真の幸せ。彼がかつて憧れていた勝利は、その過程での闘争の発生と勝者の影にある犠牲、つまり混乱を肯定する物でした。

彼はかつて、世界の掟が教える通り、勝利することが自分の幸せだと考えていました。しかし、どうでしょう。今の彼は、勝利など何一つ掴んでいないのに、世界のまばゆい輝きを全身で感じています。本当に大切なのは、勝利だったのでしょうか。

彼の答えは、ノー。かつての彼は、世界の掟が重視する「賢さと勝利」に憧れていました。しかし、愛を知った彼は、生きる喜びを本当に感じさせてくれるのは、戦闘の果ての勝利ではなく君の声だと気づきます。彼は、合理の掟に消されかかっていた自分自身の道を取り戻すのです。
消えかけていた自分らしい世界に繋がる道のイメージ

一覧に戻る

4. 歩き出せ、クローバー

生き方を再考し始めた彼は、君がそうであるように、自分らしく生きることを決意します。自分らしさを追うその姿は、若くて青臭い物かもしれません。しかし、犠牲の上の勝利を求めないその姿は、争うことなく優しく咲くクローバーの様でもあります。

彼は、争いの果ての勝利が世界を輝かせるのではないと知りました。世界を輝かせるのは勝利ではなく、クローバーのような純なる気持ちだったのです。彼は、それを気づかせてくれた君へ心からの愛を送りながら、澄み切った青空の下を歩いていきます。

かつての未知の世界は、仔細はともかくその色は予想出来ました。混乱と犠牲、勝利が中心の世界の色は、暗さを感じさせる寒色だったでしょう。しかし、二人がクローバーの心で歩むなら、二人の未来のページは、鮮やかな緑で彩られることでしょう!

私にとっての「歩き出せ、クローバー」は、若くて純情すぎる二人が、お互いへの愛を心に抱くことで心の中に新緑の世界を描き、その世界を一歩ずつ進んでいく成長の物語。現実を知らないのは愚かで浅はかとの価値観が存在しない別の世界を、彼らはにこやかに歩いていくのです!
彼らが歩む優しい世界のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「歩き出せ、クローバー」は、目に映る全てに感動を見出す心の輝きを歌った曲だと感じています。この曲を応援歌として捉えれば、心を開いて生きることを促す曲だとも言えるでしょうか。クローバーのような純情を大切にして生きたいですね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!