スピッツの曲

スピッツの「ヒビスクス」の感想。「約束」を軸に、歌詞の意味も考察

「ヒビスクス」の花のイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「ヒビスクス」は、スピッツの15thアルバム「醒めない」の収録曲。シリアスな雰囲気を纏った、疾走感のあるロック曲ですね。

この記事では、そんな「ヒビスクス」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察します。自分が壊した約束と向き合う青年の物語を考えました!

「ヒビスクス」とは

「ヒビスクス」は、スピッツが2016年に発売した15thアルバム「醒めない」の収録曲。前曲の「ガラクタ」は、遊び心を感じる賑やかな曲でしたが、この「ヒビスクス」は、前曲のお気楽さとは対極的な、シリアスな雰囲気を感じるロック曲です!

曲名コメント一般知名度お気に入り度
1ヒビスクスシリアスロック
「ヒビスクス」に感じる雰囲気のイメージ

 

「ヒビスクス」の印象

「ヒビスクス」は、アルバムを代表する楽曲の一つで、壮大な雰囲気を持った一曲。テレビCMで使用されていたため、アルバム曲の中でも高めの知名度を持っているでしょう。以降では、そんな「ヒビスクス」の魅力を、以下の3点から語ります!

1. 演奏について

「ヒビスクス」の演奏には、シリアスさと疾走感を感じています。その歌詞も相まって、荒波を見下ろしつつ空を切る海鳥の姿が想起されますね。モノクロ気味の色の薄い世界の中、「ヒビスクス」の花だけが清廉な色で浮かび上がる感覚もあります。

曲のシリアスな雰囲気を形どるのは、イントロから静かに響き渡るピアノの音色。同じくピアノが印象的な傑作曲「夜を駆ける」のピアノとも似たこのピアノを中心として、主人公の独白パートとでも言うべき、静謐な1番メロが形どられているのです。

そして、その静かな演奏で溜め込まれたエネルギーが放出されるのが、1番サビ。静かな1番メロと、以降の躍動感ある演奏のメリハリが、曲の壮大さを強めていますね。そんな「ヒビスクス」は、アルバムの代表曲に相応しい壮大さを感じる一曲です!

私は「醒めないツアー」でスピッツのライブに初めて参加しましたが、その時に特に楽しみにしていた曲の一つが、この「ヒビスクス」でした。演奏はもちろんですが、ステージのライティングもカッコよかったですね。暗闇の中で赤い光線が走る感じだった気がしますが・・・。
ヒビスクスに感じるモノクロの世界のイメージ

一覧に戻る

2. ボーカルについて

「ヒビスクス」がアルバムを代表する大きなスケール感、壮大な雰囲気を持つのには、曲のボーカルの存在も大きいでしょう。「ヒビスクス」では低音から高音まで広く使用しますが、特にサビでの高音連発は、ザ・スピッツとも言うべきものですね。

ただし、この高音部分だけが「ヒビスクス」の魅力ではありません。演奏が静かな1番メロで響き渡る、草野さんのハスキーな中低音ボーカルも素晴らしいのです。このハスキーさ、厚みを持ったままの高音だからこそ、その高音も素晴らしいのですね。

また、サビでのコーラスも美しいです。曲が持つ悲しみや儚げな雰囲気が強調され、ひいては曲全体の立体感、存在感を高めているように感じます。そんな「ヒビスクス」のボーカルは、最初から最後まで、何処を聴いても素晴らしいものですね!

私も歌好きの端くれとして、「ヒビスクス」はよく練習する曲の一つです。低音から中音に繋ぐ必要があるメロ、中音から高音へと繋ぐ必要があるサビ。いずれの難易度も高く、「ヒビスクス」を歌ってミスをする度に、ライブでもサラッと歌う草野さんの実力を思い知っています!
ボーカルのイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

「ヒビスクス」は、曲調がかなりシリアスで、歌詞もとても意味深に思えます。どうやら、この「ヒビスクス」を反戦歌と見る向きもあるようですね。ただ、草野さんがその曲解釈を肯定しているのかはともかく、私はそういう感じ方はしていません。

これはあくまで個人の感覚ですが、私が好きな音楽と親和性のある内容には一定の枠があり、そこを越えた音楽には、その内容に同意できるかに関係なく距離を感じてしまうのです。そして私は、スピッツの音楽にその距離を感じたことはありません。

もちろん、平和は何よりも尊ばれるべき価値観の一つで、心から尊重します。また、特定の意図を持つ音楽を否定するわけでもありません。つまり、上記はあくまで個人的嗜好と感覚の話。ついでに、この曲が反戦歌だとは感じないというだけのことです。

私の大好きなQueenのフレディ・マーキュリー氏には、特定のメッセージ性とは距離を置くことがロッカーであるという持論があったようです。そこには、ただ音楽そのものを楽しんでほしいという想いがあったはず。私の音楽スタンスは、そんな理解の影響を強く受けていますね。
音楽と親和性の低いと感じる分野のイメージ

一覧に戻る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ヒビスクス」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「ただ、約束のために」としました。なお、そんなテーマを補足するトピックとして、以下の4つを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、作詞意図に沿った「正解の解釈」より、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

約束を象徴するヒビスクスの花のイメージ

1. 考察の前提

先述したように、私にとっての「ヒビスクス」は反戦歌ではありません。今回はその感覚に従って、より普遍的な解釈をしていきます。従って、「武器」などの個別具体にも捉えられる歌詞も、何かを象徴する比喩とし、一歩引いた視点で捉えていきます。

そんな私にとっての「ヒビスクス」は、かつて信頼関係にあった二人の物語。ただ、歌詞冒頭にあるように主人公の裏切りによって、二人の関係は終焉を迎えました。そして主人公は、自分自身が取った行動について、後悔の念を滲ませているのです。

ところで、「ヒビスクス」はハイビスカスのラテン名で、その色によって花言葉が異なるようです。歌詞では白い花が登場しますが、その場合は「艶美」という意味になるようですね。このことから、曲中の二人は恋人関係にあったものとします。

歌詞には「約束」という言葉もあり、二人の間に重大な約束があったことが示唆されています。その内容は不明ですが、主人公が最終的に降り立った島とは、その約束そのもの。つまり彼は、自分の手で壊した約束と向き合ったのです。以降では、そんな悩める青年の物語を考えます!
彼が降り立った約束の締めのイメージ

一覧に戻る

2. 二つの想い

かつて彼の横には、いつでも一緒の影がありました。しかし今、彼は色を失った世界の中を一人で飛んでいます。それは彼自身の咎であり、この状況を招いたのは他ならぬ彼自身でした。今のこの状況は、彼の軽はずみな行動が招いたものだったのです。

二人で描いた約束。何があっても揺るがないと思っていた、大切な約束。その約束に甘えた彼はいつしか、その約束を裏切る行動を取っていたのでした。そしてついには、いつも一緒だった影も彼の傍を離れ、悲しみだけが彼の道連れとなったのでした。

彼は、結果的に約束を裏切ったことには、強い後悔を抱えていました。しかし同時に、彼の胸には言い訳めいた感情もありました。若気の至りという言葉もあるではありませんか。彼は、その心に自責の念と言い訳の二つを抱えていたのでした。

孤独の寒風を浴びて飛ぶ彼の眼下では、クジラたちが群れを成していました。大きなクジラですら、この世界では小さい。だからこそ彼らも、信頼の絆の下に集っているのでしょう。ちっぽけな彼には、なおさらその絆が必要だったのに。彼はただ、止めどない涙を流すだけでした。
彼が飛ぶ空と海のイメージ

一覧に戻る

3. 御託の前に

孤独を抱えたままで、彼の旅は続いていました。裏切りへの後悔も、未だに消えません。若気の至りと自分を正当化してみても、やはりその悲しみが晴れることはありませんでした。実際のところ、彼自身、その言い訳に無理があると分かっていたのです。

そう、どんな言い訳も、君を失ってしまった事実の前では何の意味も持ちません。もし、若気の至りという言い訳に正当性があったとしても、それは変わらないでしょう。彼の日々に甘さをくれた君の手の感触を越える論理など、存在しないのですから。

そう思えば思うほどに、彼にはかつて自分の手で壊した約束への想いが強まるのでした。今更の、あまりに身勝手な感情。彼に、あの約束を追う資格などあろうはずもないのです。ただ、そう諦めようとしても、想いは日に日に強まるばかりでした。

彼は、身勝手とは知りながらも、あの約束への憧れを捨てきれないのでした。そして、そんな葛藤を抱えながら飛び続けるうち、彼の内面は徐々に変化していきました。過去や資格に拘る前に、出来ることがあるのではないか。あの約束に最低限の義理を通すべきではないのか、と。
旅を続ける彼のイメージ

一覧に戻る

4. ヒビスクス

彼の心にはいつしか、大切だった君の笑顔がより鮮明な形で蘇るようになっていました。その笑顔は、そよ風で揺れる清純な白い花。そう、「ヒビスクス」の花が、後悔と自己弁護に覆われていた彼の暗い心の世界に、再び凛と花開いたのでした。

過去は無理でも、自分次第で未来を変えることは出来る。過去に捕らわれず、未来をしっかりと見つめろ。彼は今、後悔と言い訳だらけの自分と決別することを願っていました。真夏の蜃気楼の中で鳴くセミたちも、鬼気迫る魔力で彼の背を押しました。

大切なのは過去ではなく、これから。もう、自分の業深さへの後悔とも決別する時です。今こそ、自己弁護の言い訳を捨て、新たな自分になるのです。そう決意した彼に、心に咲いた「ヒビスクス」が、あの頃のように微笑んでくれた気がしました。

私にとっての「ヒビスクス」は、大切な存在を裏切ってしまった過去への後悔を滲ませながら生きてきた主人公が、それでもなお消えない二人の約束への憧れと向き合い変わっていく成長の物語。約束の地に降り立った彼が、いつの日かその場所で君と再会出来るといいなと思います!
美しく可憐なヒビスクスのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

最終的に約束の地に降り立った彼は、かつて裏切った約束を果たしたのでしょう。そのことが、彼の未来を好転させるかも、君との再会に繋がるかも分かりません。しかし少なくとも、彼はかつての後悔と本当の意味で向きあうことが出来たはずです!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!