スピッツの曲

スピッツの「コメット」の感想。「戯言」を軸に歌詞の意味も考察

金魚のイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「コメット」は、スピッツの15thアルバム「醒めない」の収録曲。TVドラマの主題歌にも起用された、温かなラブソングですね。

この記事では、そんな「コメット」の魅力を語りつつ、歌詞も考察。愚かな戯言によって、温かさを取り戻す青年の物語を考えました!

「コメット」とは

「コメット」は、スピッツが2016年に発売した15thアルバム「醒めない」の収録曲です。前曲の「子グマ!子グマ!」は遊び心も感じる変化球ロック曲でしたが、「コメット」はスピッツの十八番の一つ、優しくて温かいラブソングですね!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1コメット優しく温か
曲の温かなイメージ

1. 演奏への印象

「コメット」の演奏には、スピッツの十八番の一つ、温かい雰囲気を感じています。曲の勢いなどは異なりますが、純情を感じる点で「つぐみ」を連想する自分もいます。ただ、「つぐみ」は純白のイメージ、「コメット」は温かな緋色のイメージですね。

また、「コメット」の演奏には、悲しみの色が滲んでいるのも特徴的でしょう。イントロとアウトロで印象的なピアノが、物悲し気な音色に聴こえます。全体としては温もり成分の方が強い「コメット」ですが、温もり成分100%ではありませんね。

また、ハスキーなボーカルで歌われる内容も、切なさや悲しさを感じさせるものです。これらの悲しみ成分があるからこそ、演奏の優しさが際立っているとも言えるでしょう。そんなわけで「コメット」は、多層的な温もりが持ち味だと感じています。

曲に感じる色のイメージ

2. 個人的な想い

「コメット」にも、個人的なエピソードがあります。ただ、今回は取るに足らないような些細なもので、そのエピソードとは「カラオケ大会」の想い出。「醒めない」がリリースされた当時、私はこの曲でのカラオケ大会への出場を検討していたのです。

当時の私は、仕事でイベントの企画に携わっていました。私は作業要員に過ぎませんでしたが、企画していたお祭りのイベントの一つにカラオケ大会があったのです。そして私は、そのお祭りの盛り上げ役も兼ねてこの曲での出場を検討していました。

結局、参加者が多数になったので応募は流れてしまいましたが、その時の想い出はしっかり胸に残っています。「コメット」は知名度のある良曲で、使用音域も高すぎず、テンポもゆっくり。「醒めない」の収録曲の中では、比較的歌いやすい曲ですね!

当時企画していたお祭りのイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「コメット」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「大好きな戯言」としました。また、その考察テーマを補足するため、以下の4つのトピックを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、草野さんの作詞意図の正解よりも、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

愚かで温かい君の戯言のイメージ

1. 考察の前提

歌詞に登場する金魚にはコメットと呼ばれる種があり、攻撃性の強さと速い泳ぎが特徴のようです。今回は、曲中のコメットはやや荒れた主人公を指しつつ、速いスピードで泳ぐ特性が、どこか生き急いでいるような主人公の姿を暗示しているとします。

曲中には主人公と君が登場し、彼は君に片思い中でしょう。彼の恋が片思いである根拠は、2番のサビ。そこでの彼は君の行動を予想していますが、これは彼が君に会えるかは運次第であり、二人の間に何ら約束はないことを示唆していると感じます。

二人が会う状況としては、夕暮れ時に犬を連れて公園にくる君を想像しています。2番に出てくるボールは、君が愛犬と遊ぶボールだと感じたからです。そこで、彼がボールに好意的なのは、そのボールの傍には必然的に君がいるからだとします。

彼は、君と出会う前はやや荒れた生活を送っていたようです。冒頭で彼が慰みを求めている描写も投げやり気味ですし、彼は心に傷があることが2番サビの直前で示されています。以降では、君と出会って本当の温もりに触れて、ささくれた心を変化させていく青年の物語を考えます。
君と愛犬のイメージ

一覧に戻る

2. かつての日々

人生は、所詮化かし合い。かつての彼は、そう考えていました。やられるくらいなら、やってしまえ。そんな気持ちもあり、彼は精神的武装をして生きていたのです。踏みつけられる前に、相手を踏み台にする。それが彼から見た世界の常識でした。

もちろん、そんな日々が彼の望みだったわけではありません。しかし、ただ微笑んでいるだけでは、この世界ではいいように扱われ、傷つけられるだけなのです。彼は、この世界で無防備を晒す危険を、辛い実体験を通して理解していたのでした。

もう、あんな思いをするのは御免です。だからこそ彼は、周りを敵と考えて身を守るために行動するのはやむを得ないことだと自分に言い聞かせるのでした。ただ彼は、そんな日々の中で本来の優しさを失い、ますます心をささくれ立たせていました。

強がりの仮面を被り続ける彼ですが、本当は弱気なところがありました。だからこそ、四六時中気を張り詰めているのは、彼には大きな負担でした。防衛行動のために心を張り詰め、そのこと自体によってますます苦しくなる。当時の彼は、そんな負の連鎖に陥っていたのでした。
彼の少し荒れた生活のイメージ

一覧に戻る

3. 人に戻りて

そんな心重い日々を送っていた彼ですが、その日々は君との出会いで一変しました。寂しさを埋めるために利用できる誰かを探して街をぶらつき、偶然出会った君。微かな悪意を持って話しかけた彼に、君は驚くほど純真な眼差しを向けたのでした。

君が放つ自然な温もりは、彼の心を温めてくれました。正当防衛のはずだった悪意すら、彼には浅ましく、恥ずべきものに思えてくるほどでした。そして彼は、そんな君と交流を重ねるうち、過剰な敵愾心を解き、幼き日の純粋な心を取り戻したのでした。

人間は本来、嘲笑と非難を友とする存在ではないはずなのです。君の存在こそが、その何よりの証明なのです。彼は、君に惹かれるうち、自然に君の色に染まっていきました。そう彼は、君への恋心を温めるうちに「人間」に戻っていたのでした。

君と話していると、君のあまりの無邪気さに笑えてくるほど。かつての彼の論理では、君が口にする純心の全ては愚かな戯言、聴く価値もない言葉だったでしょう。しかし今の彼は、君が口にする愚かな戯言が大好きでした。君の戯言の一つ一つが、彼を人間に戻していくのですから。
彼の心の中に生まれた優しい心のイメージ

一覧に戻る

4. コメット

あくまで、運頼みの君との時間。君は、彼が偶然を装った二人の時間にどれだけの価値を感じているか理解していないでしょうし、ましてや恋心など。ただ、それでもいいのです。彼は幸運を願いつつ、君が愛犬を連れて公園にやってくるのを待つのでした。

ただ、幸運が訪れてもその時間は光陰矢の如し。君とは、犬の相手をしてボールを投げたりしながら、僅かな時間を一緒に過ごすだけ。傷の記憶は彼にずっと纏わりつくくせに、優しい時間は直ぐに去ってしまう。これは本当に、もどかしいことでした。

ただそれでも、君との優しい時間は彼の生きる糧。君を想うと、自分の限界すら越えられる気がします。君の戯言を聴き、温もりに触れ、心を温める。そんな繰り返しで、彼も愚かな純真を口にできるようになりました。そう、「ありがとう」と。

私にとっての「コメット」は、自分を守るためにトゲを抱いて生きて来た主人公が、含みのない純粋な君と出会って恋に落ち、自分自身を本来の姿に戻していく物語。歌詞は恋の物語でもありつつ、成長の物語でもあると感じています。そう、人間は本来、優しい存在のはずですよね!
彼が覚えた純心のイメージ

一覧に戻る

さいごに

コメットと言う金魚は、少し攻撃性の強い種類のようで、混泳などをさせる時には注意が必要なのだそうです。今回はやや悪い意味でピックアップしてしまいましたが、彼は金魚の名残のヒレを使って泳ぐのですから、もちろんいい面もあるのですよ!

熱気バサラのように熱く生きたい!
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。草野マサムネさんのようなボーカルを目指してボイトレに励みつつ、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。日ハム、エンゼルス、ACミランを中心として、幅広くスポーツが好きです!ツイッターは、スポーツ観戦の話が中心です!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!