スピッツの曲

スピッツの「大好物」の魅力を語る。「愛ある日常」を軸に、歌詞考察

大好物がイメージさせる和食のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「大好物は、2021年11月に公開された映画「きのう何食べた?」の主題歌で、スピッツの第45作目のシングルです。余談ですが、このブログでの初めてのリアルタイムレビューでもあります。

この記事では、そんな「大好物」の魅力を語り、歌詞も考察します。主人公が「大好物」と語るものは、一体どんなものでしょうか

スポンサーリンク

「大好物」とは

「大好物」は、2021年に発表されたスピッツの45thシングルです。柔らかく温かな雰囲気を持った楽曲で、これぞスピッツという優しさに溢れた楽曲。曲名は、主題歌となった映画に密接にかかわるテーマ、「温かな食卓」から来ているのでしょう。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1大好物伝家の宝刀
大好物の家庭料理のイメージ

1. 演奏への印象

「大好物」の演奏は、スピッツの魅力的の一つ、優しさに溢れた顔が存分に楽しめるものになっています。曲の中のメリハリ、演奏の厚み、草野さんの優しいボーカルとコーラス。多くの方がイメージするであろうスピッツ像が、この曲に詰まっています。

演奏では、特にドラムがお気に入り。盛り上げ所での軽快な連打に、ウキウキしてきます。また、短いギターソロの出だしが、初期の「ドルフィン・ラヴ」と重なって聴こえます。曲が持つ優しさが、ノスタルジックな気分にさせるのかもしれません。

また、演奏のアレンジには、初期スピッツ的な雰囲気を感じています。曲の背後で盛り上げる鮮やかな電子音は、それこそ「ドルフィン・ラヴ」が収録の「Crispy!」の頃のような雰囲気を感じています。曲を明るくする、素敵なアレンジですね!

曲が放つ温かなイメージ

2. 個人的な想い

「大好物」を聴いての最初の印象は、驚きでした。映画のティザーでサビだけを繰り返し聴いていたのですが、メロの印象が想像とかなり違ったからです。 スーファミを思い出すような電子音にはノスタルジーを感じ、胸の奥が熱くなる想いがあります。

そんな「大好物」は、スピッツの直近のシングルが持っていた優しいメッセージを含んだ曲だと感じています。「猫ちぐら」、「紫の夜を越えて」と同様、「大好物」にも、困難を越えるための安らぎや勇気の欠片が、曲中に散りばめられていますね。

また、「大好物」の発売時点で、たまたまスピッツの名作「三日月ロック」を良く聴いていたのですが、「三日月ロック」収録曲に感じる温かな体温もとい曲温を、この「大好物」にも感じています。「大好物」は、優しく心に染み入る「温曲」です!

皆を笑顔にする曲のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「大好物」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「何気ない愛ある日常」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

愛ある日々のイメージ

1. 考察の前提

「大好物」は、映画「きのう何食べた?」のために書き下ろされた楽曲です。ただし、映画の主題歌とは、その歌詞で映画の内容を逐語的に描くものではないため、映画が扱っている包括的なテーマを知れば、曲解釈には十分だと言えるでしょう。

そんな「きのう何食べた?」は、元々は漫画作品であり、「温かな食卓」を描きながら、同棲する男性間の恋愛を主題としているようです。このことから私は、「大好物」の中心テーマは、「日常」、「多様性」、そして「愛」だと感じました。

なお、私はあくまでスピッツファンとして、音楽を中心に歌詞を解釈していきます。曲の解釈の中に、「きのう何食べた?」の登場人物や詳細な設定を入れることはありません。以降では、以上の前提を持って、物語調で曲解釈を考えていきます。

また、曲タイトルの「大好物」が何を指すのかを考えると、主人公が君の言葉によって冷えた心を溶かし、希望の芽を育む様子が描かれています。この描写から考えると、彼の大好物は「君の言葉」であり、「君とのありふれた毎日」なのでしょう。君の力が、彼を生かすのですね!
曲の素朴なイメージ

一覧に戻る

2. 冷たい部屋

鬼のように張り詰めた強がりの日々。彼が送ってきたのは、そんな冷たい日々でした。どうしてそんなことを続けていたのか、自分でも上手く説明できません。彼は何故か、ダルマのような厳つい顔を貫くことが、自分の最善だと思い込んでいたのです。

もちろん、そんな日々は、彼がかつて思い描いた日々ではありません。彼の外面は無表情でも、心は暗く沈んでいました。こんなはずじゃなかった。そんな想いで世界を眺め、視界の先の幸せそうな人々を羨み、呪ったりすることもありました。

彼は、そんなギリギリの強がりを長い間続けてきました。しかし、そんな冬の日々も、もう終わり。明るく優しい光が、彼の部屋のドアを叩いてくれたからです。彼の強がりの仮面を溶かし、彼の心を温めてくれた光。それこそが、大切な君でした

君が放つ光は彼を優しく包み、彼の心を溶かします。ダルマのように無表情だった彼の強がりを越えて、君は彼の心に温かな光を差し込んだのです。君のおかげで彼は、大切なのは厳つい顔ではなく笑顔だと知ったのです。暗く沈んでいだ彼の心にも、小鳥の囀りが響き始めました!
彼の心のイメージ、鳥が囀る世界

一覧に戻る

3. 白か黒か?

かつての彼は、無表情の仮面を被ることに気を取られ、その瞬間に存在することがおざなりになっていました。心を張り詰めて、息を止めて世界を睨みつけるのは、良い方法ではありません。そんな彼に君が教えてくれたのは、リラックス、深呼吸でした。

そんなリラックスした心で世界を見渡すと、今まで気づかなかったことも見えてきます。グラタンのクリーミーな部分と香ばしく焦げ付いた部分。白か黒か。思えば、その二者択一しかなかった彼の世界にも、その間の微妙な塩梅が見えてきました。

そんな日々を続けるうち、彼も変化していきます。油断すると、昔の卑屈な心に戻ってしまいそうになりますが、君が彼の手を握っていてくれるなら心配なさそうです。彼は今、冷えていた心に温かな芽が育つのを感じているのです。そう、昔のように。

これまで彼は、理想の未来に続くレールから外れた失望感で、世界を呪ってきました。確かに、彼はそのレールから落ちてしまいました。しかし今の彼は、世界が白か黒かではないと知りました。彼の夢への旅路も、それが予定通りでなくても続けていけるのではないでしょうか?
理想ではないが続く道のイメージ

一覧に戻る

4. 大好物

心に芽吹いた種を、大切に君と育てた彼。彼は今、かつての柔らかい心を取り戻しました。その心の中にはまだ、かつて描いた夢の姿もありました。届かなかったと思い込んでいましたが、君がくれた心は、もう一度その夢の中で踊るよう彼の背を押します。

予定通りでなくとも、期待に届かなくともいいのです。ただ優しい気持ちで、無様なステップでも今の仲間と楽しく踊る。それだけで、十分です。想定外の連続の中に、幸せな未来がある。そんな調子で、かつての夢も色違いの夢として続いていくはずです。

今の彼には、君の全てが「大好物」。柄にもないことですが、君が大好きな何かがあれば、彼もすぐにそれを好きになる気すらします。君がくれる「大好物」を噛みしめる彼は、今日も幸せ。彼は、大好きな君の手を取り、楽しく踊り続けるつもりです!

私にとっての「大好物」は、世界の波に揉まれて自分の心を失っていた主人公が、君と過ごす日常によって、昔の心を取り戻していく物語。彼にとって今の舞台は、予定通りではないかもしれませんが、それでも大丈夫。君と二人で踊るなら、彼の夢はいつまでも続いていくのです!
二人が歩む温かな道のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

温かなラブソングという印象の「大好物」。その曲の雰囲気を料理に例えていうのなら、煌びやかな宮廷料理ではなく素朴な家庭料理。特別なものではないはずなのに、かけがえのない唯一無二のもの。前向きで温かな気持ちになる良曲ですね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!