スピッツの曲

スピッツの「シロクマ」の感想。「自分らしさ」を軸に、歌詞の意味も考察

曲の優しいイメージとシロクマ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「シロクマ」は、スピッツの13thアルバム「とげまる」の収録曲。優しく温かなラブソング曲であり、私の大のお気に入り曲です。

この記事では、そんな「シロクマ」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。今回は、自分らしく夢に向き合うシロクマの物語を考えました!

「シロクマ」とは

「シロクマ」は、スピッツが2010年に発売した13thアルバム「とげまる」の収録曲。前曲の「探検隊」はコロコロと顔を変える軽快な変化球ロックでしたが、この「シロクマ」は一転して落ち着いた雰囲気の、温かみのあるラブソングになっています。

曲名コメント一般知名度お気に入り度
1シロクマ優しく温かい
シロクマのイメージ

「シロクマ」の印象

「シロクマ」は、私にとって特別な一曲。CMで偶然耳にして気に入ったのがきっかけで、私は「とげまる」を購入したのですから。以降では、私とスピッツを結び付けた想い出の一曲でもある「シロクマ」の魅力を、以下の3点で語っていきます!

1. 演奏について

「シロクマ」の演奏には、涙を乾かす温かさを強く感じています。優しげなアニメタッチで描かれる公式PVにもあるように、安らげる我が家に帰ってきたかのような、どこかホッとする安心感を覚える、優しいスピッツの顔が存分に発揮された一曲です。

具体的演奏では、美しく優しい音色を響かせるアコギが好きですね。ロックサウンドの中にアコギの音色を入れ込むのは、スピッツの王道中の王道ですね。また、間奏のギターソロには泣きの成分も強く感じ、それが転じて曲の優しさを強めています。

また、「シロクマ」の魅力を語る際に、温かな膨らみを持ったベースと、メロディーの背後でキラキラと輝くアルペジオへの言及を欠かすことは出来ません。それぞれ、ベースからは優し気な感覚を、アルペジオからは前向きな明るさを感じていますね。

「シロクマ」に感じる雰囲気は、まさに公式PVの雰囲気とピッタリ重なります。公式PVとはそういうものだというツッコミはさておき、数多くのPVの中でもこれほど強いシンクロ率を感じるPVはありません。敢えて言うなら、「テクテク」のPVが対抗馬。アニメが、好きなんですね(笑)
アニメ調のPVのイメージ

一覧に戻る

2. ボーカルについて

「シロクマ」のボーカルも、私にとって特別なもの。何せ私は、テレビCMで流れていた「シロクマ」のサビに強く惹かれて、衝動的に「とげまる」を購入したのです。数秒間だけのボーカルでしたが、それでも私を魅了するのには十分過ぎました。

「とげまる」以前の私は、スピッツに「真面目なバンド」との印象を抱いており、この「シロクマ」は、まさにそのイメージに近い曲でした。正直、優しい曲は飽食気味だったはずの私ですが、「シロクマ」は、すんなりと私の心に届いたのでした。

以前の私が抱いていた草野さんのボーカルイメージは、鋭く輝く少年の声といったものでした。一方、この「シロクマ」でのボーカルは薪が赤らむ暖炉のように感じました。掠れ気味の、イメージより広く温かい声は、私を文字通り夢中にさせたのでした。

曲のボーカルで一番好きな箇所は、サビのhiA#のロングトーンです。一般男性では叫び声になるような高い音ですが、もちろん草野さんのボーカルには当てはまりません。鋭さよりも広がりを感じる、クリーミーな声。強い輝きを放つ伸びやかなボーカルは、まさに私の理想ですね!
ボーカルに感じている温かなイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

「シロクマ」の歌詞も、柔らかく温かなものになっています。スピッツの作詞スタイル全体を見れば珍しくはありませんが、この「シロクマ」の歌詞は「~です調」を採用しています。この柔らかい語尾が、曲の雰囲気を温かなものにしていますね。

ところで、「とげまる」以前の私は、スピッツの作詞が独特であることは知っていましたが、同時に「孤高の詩人」のようなイメージも持っていました。つまり、分かる人だけが分かる、独特の謎めいた世界観を持った作詞スタイル、というイメージです。

そんなイメージを持っていたため、この「シロクマ」は、歌詞でも私を驚かせたのでした。詩的な世界が中心と思っていたバンドの曲に、妙に親しみやすい歌詞が登場していたのですから。この意味でも、「シロクマ」は、強く印象に残った曲でした。

歌詞の表現方法だけではなく、その内容もまた、私の心に強く響きました。当時の私は大学生でしたが、将来への漠然とした不安や、自分のやりたいことなど思い悩む時期でもありました。そんな不完全な私を優しく包み、温めてくれる「シロクマ」の歌詞は、私の心に届いたのです。
曲の優しく温かなイメージ

一覧に戻る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「シロクマ」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の歌詞考察のテーマは、「慣らされた日々を越えて」としました。なお、そんなテーマを補足するためのトピックとして、以下の4つを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

掟に疲れたシロクマのイメージ

1. 考察の前提

「シロクマ」の歌詞では、忙しく大変な毎日を何とか乗り越えながら、それでも未来にささやかな希望を抱いているシロクマの生活が描かれています。シロクマは、思い通りにいかない日々に涙を流しながらも、夜空を見上げて生きているのです。

私はこの曲は、上述したようなシロクマの描写を通じて、同じような想いを抱えて生きている私達リスナーを温め、励ます意図を持った曲だと考えています。つまり、苦境を耐え忍びながら、飛躍の時を待つ誰かへの遠回しの応援歌ということですね。

遠回しとは、例えば「けもの道」のような直接的な応援はないということです。「シロクマ」は、あくまでシロクマの日々とその心情を描くことで、私たちの心に共感と勇気を呼び起こすのです。活力の花を咲かせる、優しい水のような曲ですね。

なお、曲中の「君」については、特に掘り下げません。大切なのは、「君」が彼にとって大切な存在であるということ。「君」を想うと、主人公は自然な自分に戻ることが出来るのです。以降では、大変な毎日を、君を想いながら何とか乗り越えてきたシロクマの物語を考えます。
活力の花に沁み渡る水、シロクマのイメージ

一覧に戻る

2. 夢の欠片

今日も大変な一日でした。シロクマは、疲れた体を引きずって家へと戻りました。忙しさに押し流されるような毎日の連続。彼は時々、自分が今どこにいて、何処に向かっているのかを疑問に思うのでした。今の生活は、彼にとって正解なのでしょうか?

今の自分に自己紹介をさせたなら、何より先に「疲れた」という形容詞が出てきます。昔の彼ならば、夢に溢れたシロクマと言ったような、馬鹿げた言葉で自分を紹介できたはずなのに。今となっては、彼の夢もだんだんと溶け始めているのでした。

夢など忘れて、この日々に全てを委ねてしまえば、きっと楽になるのでしょう。そうすれば、強すぎる外の日差しにも適応できるのかもしれません。ただそれでも彼は、かつて抱いた夢、本当の自分の結晶を捨て去ることは出来ないのでした。

自分に問いかけて来た、今の日々への疑問。そんな質問を重ねるうち、彼は自分の本心に気づき始めました。今の世界は、彼が望んだ世界ではなく、そして今の世界が彼の終着点でもないということに。僅かに残った自分らしさの欠片を振り絞れば、違う景色が見えてくるはずです。
強すぎる日差しに苦しむシロクマのイメージ

一覧に戻る

3. 君への想い

世界の強い日差しは、彼を少しずつ、しかし確実に変えていました。馬鹿げた夢を追っていたはずの自分も、いつの間にか世界が掲げる常識の掟に取り込まれつつあったのです。その証拠に、かつて抱いた夢も、溶け始めていたではありませんか。

この世界では、信頼の絆など希薄なものなのかもしれません。誰しもが嬉々として噂話に興じ、誰かを蔑んでは留飲を下げています。世渡り上手でない彼もまた、その噂の対象になることも多く、彼の心にも徐々に黒いモヤモヤが生まれつつありました。

ただ彼は、すんでのところで、世界の流儀に染まるのは自分の生き方ではないと気づいたのでした。そんな彼は、夢の欠片を拾い集め、自分の理想の世界へ向けて進んでいく決意を固めます。大切な君と一緒に、ただ純粋な気持ちで笑い合える未来へと。

彼が望む未来、彼の夢の中には、いつも君がいました。今は君とは離れ離れですが、君と再会できたなら、君とお話しできたなら。彼は、世界の掟に染まりかけた黒い心を完全に離れ、昔の自分に戻ることが出来るはずです。そうすれば、かつて彼が抱いた夢も、完全に蘇るでしょう。
大好きな君と彼のイメージ

一覧に戻る

4. シロクマ

俯瞰したならば、生命の旅など泡沫の夢。だからこそ、生命は輝かなくてはならないのです。もうこれ以上、掟の中で妥協することは出来ません。掟が崇める成功と繁栄は、彼にとっての答えではないのです。彼は、自分の答えを探すため、旅立ちます。

これから彼は、成功や勝利ではなく、もっと温かな何かを探して生きていくつもりです。そんな夢の未来は、存在するにせよ、現在地からは遥か彼方にあるようにも思えます。しかし、胸の夢の欠片は、大した距離ではないと彼を励ますのでした。

長い間、溶かされてきた夢にも、まだ力が残っています。今飛び出しせば、夢の日々に届く見込みもあるはずです。彼は、掟が決めた人生の物語を離れ、自分の夢が導く人生を歩んでいきます。ひとまずの目的地は、そう、優しい君の下がいいでしょう。

私にとっての「シロクマ」は、権謀術数が飛び交う掟の世界で暮らしてきた主人公が、その掟が彼に押し付ける運命を越え、素直で優しい心に満ちた世界を目指そうとする物語。砂漠を渡る彼の旅路は辛いものになるでしょうが、その先には温かく優しい世界が広がっているはずです!
君を追いかけて旅するシロクマのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

シロクマは、「まあ、こんなもんだろう」という妥協を越え、動き出します。彼もいずれは天に帰る運命。だからこそ、自分なりの精一杯を尽くして生きたいのでしょう。私もまた、目標に向けて安易に妥協せず、全力を尽くしていきたいですね!

熱気バサラのように熱く生きたい!
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。草野マサムネさんのようなボーカルを目指してボイトレに励みつつ、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。日ハム、エンゼルス、ACミランを中心として、幅広くスポーツが好きです!ツイッターは、スポーツ観戦の話が中心です!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!