スピッツの曲

スピッツの「マーメイド」の感想。「ありがとう」を軸に、歌詞の意味も考察

君の想い出と結びつく砂浜のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「マーメイドは、スピッツが1992年に発売した4thシングル「惑星のかけら」のカップリングで、明るくお気楽な雰囲気の一曲。

以降では、そんな「マーメイドの魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。君との想い出を胸に、前向きに生きる青年の物語を考えました!

スポンサーリンク

「マーメイド」とは

「マーメイド」は、スピッツのデビュー直後である1992年に、「惑星のかけら」のカップリングとしてリリースされた楽曲。ロック色の強い「惑星のかけら」に対して、「マーメイド」は明るく軽やかな一曲。それぞれの曲の印象は対照的ですね。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1マーメイド明るく軽やか
マーメイドのイメージ

1. 演奏への印象

「マーメイド」の演奏は、明るく軽やか。メロはしっとり風味ですから、サビがそれだけ華やかということでしょう。サビには思わず手拍子したくなる軽快さがありますね。また、間奏のソロ明けのラスサビで、好き勝手に踊るようなギターも楽し気です。

ボーカル面では、裏声気味とはいえかなりの高音を使う曲です。普通のボーカルなら力んで張り上げてしまうところでしょうが、そこは流石の草野さん。滑らかに軽やかに高音まで届いていますね。私もこういう歌い方を身に着けたいなと感じます。

また、初期の草野さんの声は少年的な輝く高音のイメージが強いですが、この「マーメイド」のメロの低音部分では、掠れ気味のボーカルも楽しめますね。微かな哀愁も感じる低音ボーカルは、隠れたアピールポイントといったところでしょうか。

曲の明るいイメージ

2. 個人的な想い

「マーメイド」では、サビでの子供っぽい言葉選びが印象的です。若者言葉や少し崩した言葉を使うことはそれなりにある気がしますが、この手の言葉選びは珍しい気がします。この言葉遣いは、サビの雰囲気をより優しくお気楽な感じにしていますね。

ただし、「マーメイド」はお気楽明るさ一直線の曲とは感じていません。メロの少し掠れたボーカルにはどこか儚げな雰囲気も感じますし、歌詞も切なさを含んでいます。また、サビの最高音付近のボーカルも微かに裏声チックで、切なげに聴こえますね。

ところで、曲の出だしにはスティクスの「Mr.Roboto」の出だしと似ていますね。メロディに乗る歌詞も似通っていますし、所謂オマージュというやつでしょう。スティクスは一世を風靡したバンドらしいですから、草野さんも聴いていたのでしょうね。

優し気な空想の世界のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「マーメイド」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「君との日々にありがとう」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、作詞意図に沿った「正解の解釈」より、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

感謝を伝える、ありがとうのイメージ

1. 考察の前提

曲には主人公と君が登場し、君はマーメイドに例えられています。このことからも、彼が君が好きだったのは明白ですが、君は既にいなくなっています。なお、今回は君が消えた理由は深堀りせず、君が既にいないという事実にのみ焦点を当てます。

また、1番メロには君の鼓動を聴く描写があることから、彼と君とは深い関係にあったと言えるでしょう。事実、彼は君との日々を甘いものと振り返っていますね。さらに、サビを見るに、二人の時間は海にまつわるものが多かったとも言えるでしょう。

また1番メロからは、彼が君との日々で変わったことが分かります。彼は君の愛に包まれたことで、世界の優しさに気づいたのです。この描写を逆説的に考えれば、君と出会う以前の彼は世界を優しくない場所だと考えていたと言うことになりますね。

1番メロにある一人漂うボートに乗る彼の姿からは、世界の中で孤立し、行くべき道を見失った彼を感じます。しかし、君と出会った彼は愛を知り、世界への見方を改めていくのです。以降では、自分を変えてくれた大切な君との日々に、深い感謝の念を抱く青年の物語を考えます!
「マーメイド」のイメージ

 

一覧に戻る

2. 愛の魔法

大好きだった君。真夏の陽炎のように消えてしまった君。ただ、そんな君を想うと、彼には何よりも先に感謝の念がこみ上げてくるのでした。もし君と会えていなかったのなら、彼は今でもささくれた心で世界を睨みつけていたに違いないのですから。

君と出会い、やがてその甘い愛に包まれたことで、彼はこの世界が捨てたものではないと知りました。この世界を乾いた場所にしていたのは他ならぬ彼自身であり、自分次第で世界は優しい場所にもなる。そんな当たり前に、彼はようやく気付いたのでした。

世界を冷えた目で眺めていた彼にとって、愛という果実は信じられないほどに甘美なものでした。そしてその愛は、彼の心の隅々に沁み渡り、彼に大きな変化をもたらしたのでした。無為の生だと思っていた人生に、とっておきの意味を授けることで。

君の愛に包まれた充実感は、それまでに鬱積した乾いた日々の全てを洗い流してくれました。さらに彼は、愛され愛することが自分がこの世に生を受けた理由だという、柄にもないことすら悟ってしまったのでした。まさに、君がくれた愛という魔法は、彼の全てを変えたのでした。
愛の魔法で変わった彼のイメージ

一覧に戻る

3. 滲んだ夢

今となっては、君との日々はひと夏の想い出であり、もう戻ることはないもの。その事実を想うと、寂しい想いが胸をよぎることは否定できません。何せ、彼にとって君との日々は生きる意味そのもので、彼は君に全てを捧げるつもりだったのですから。

あの頃の彼にとって、君との日々は甘い夢でした。二人で心を寄せ合いながら愛の芽を育て、やがて山ほどの愛の実を頬張る。そんな夢は途中で途切れてしまいましたが、もしそんな日々が実現出来たのならば、それ以上の幸せは無かったでしょう。

ただ彼は、そんな夢が潰えたことに納得している自分も感じていました。全てのものは生まれて育ち、やがて消えゆくもので、それを嘆いても仕方がない。そう考えるからこそ、彼は何一つ呪うことなく、ただ想い出を愛でることが出来るのでした。

全てに終わりがあるのが道理である以上、目を向けるべきは夢が終わったという事実ではなくそれが確かに存在したという事実。抱き続けるべきは後悔や恨み言ではなく美しい想い出と感謝の心です。そして、そうして生きるなら、彼はいつかまた新たな優しさに包まれるでしょう。
甘い夢のイメージ

一覧に戻る

4. マーメイド

優しかった君は夏の陽炎のように消えてしまいましたが、君との想い出が彼の胸から消えることは絶対にありません。そして、それを優しい気持ちで振り返るなら、彼はこれからも前向きに生きていけるでしょう。世界に優しさを見出す自分のままで。

君と過ごした砂浜で潮風に吹かれていると、君との日々が鮮明に蘇ってきます。夏の太陽で輝く砂浜、浅瀬を楽し気に泳いでいた魚、青空を気ままに流れた白い雲、そして優しい君の笑顔。それら全てが、彼にとってこの上なく大切な想い出でした。

思えば、君との想い出は全てこの海と結びついているようです。彼に愛の魔法をかけて優しい世界を教えてくれた君は、彼には海の妖精も同然でした。だから彼は、君を想いながら、何度もこう呟くのでした。ありがとう、素敵なマーメイド、と。

私にとっての「マーメイド」は、孤独でささくれた心を持って世界を睨みつけていた青年が、君と出会ってその愛に包まれたことによって世界の優しさを知った愛の物語。君は既に想い出となってしまいましたが、彼はその想い出を大切に胸に抱き、新しい日々へ踏み出していきます!
彼の想い出に結びついた砂浜のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

2番メロの果実が育った後の描写を考えると、彼は君は魅力的すぎていつまでも自分の下に留めておけず、いつか誰かに奪われて当然と思っていたのかもしれません。君がいなくなった理由は他にも色々と考えられそう。スピッツの歌詞は面白いですね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!