スピッツの曲

スピッツの「どんどどん」の感想。「生きる意味」を軸に、歌詞の意味も独自解釈

「どんどどん」のサビが持つイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「どんどどん」は、スピッツの13thアルバム「とげまる」に収録された楽曲。タイトルも含め、曲全体に遊び心を感じる一曲です。

この記事では、そんな「どんどどん」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。君との時間が生きる意味と考える青年の物語を考えました!

スポンサーリンク

「どんどどん」とは

「どんどどん」は、スピッツが2010年に発売した13thアルバム「とげまる」の収録曲です。前曲の「若葉」はしみじみと聴き入る楽曲でしたが、この「どんどどん」は、メロとサビの変化が面白い、二面性ある軽快で柔らかなラブソングになっています!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1どんどどん変化球ロック
曲が持つ二面性のイメージ、黒と白

1. 演奏への印象

「どんどどん」の演奏は、「とげまる」というアルバムタイトルを体現していると感じています。ボーカルエフェクトを使った攻めたメロにはロックな「とげ」を感じますし、一転し、柔らかい雰囲気を帯びるサビには優しい「まる」を感じるのです。

また、ドラムプレイも面白いです。タイトル通りの「どんどどん」というリズムがメロで繰り返され、メロの尖ったロックな雰囲気を作っています。ただ、サビに入るとドラムパターンがよくあるパターンに変化させ、その雰囲気を軟化させていますね。

また、間奏の歪んだギターも印象深い。柔らかいサビ同士を繋ぐ短い間奏は、これでもかと言わんばかりのロックギターで、まるで「まる」にサンドイッチされた「とげ」。この間奏前後の落差も、曲が持つ二面性を象徴する面白い箇所だと感じています。

曲に印象的なドラムのイメージ

2. 個人的な想い

草野さんは公式HPで、「変な曲を作りたい」という夢を公言していますが、この「どんどどん」は、その夢を感じさせる一曲です。完成度の高い曲も素晴らしいですが、「どんどどん」のような、小粒であることを逆に武器にする曲も大好きですね。

エフェクト色の強い攻めたメロと、雰囲気を異にするサビ。そんな「どんどどん」の曲構成は、「メモリーズ」を想起させます。ただ、「メモリーズ」のサビが明るい遊び心に寄っていたのに対し、「どんどどん」のサビは柔らかさに寄っていますね。

また、アルバムの流れ上も、「どんどどん」は重要な一曲。この曲が、生真面目な「若葉」が作り出したしんみりとした雰囲気を、明るい雰囲気に転換するのです。爽やかなアルバム終わりに向けて、「どんどどん」の働きはまさにグッジョブですね。

「どんどどん」がもたらす雰囲気のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「どんどどん」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「君こそが真理」としました。また、その考察テーマを補足するために以下の通り、3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

彼にとっての全て、君のイメージ

1. 考察の前提

「どんどどん」のメロの歌詞は、トンガリ重視だと感じています。選択する言葉は、その意味よりもインパクトや韻を踏むことが優先されている印象なのです。従って、メロの歌詞は逐語的に読むと言うより、より広い視点で俯瞰的に読むべきでしょう。

私はそんなメロの主題は、「愚かになる」だと考えています。主人公は1番で、賢明な人間からもっと単純な生物に変わるのです。また、2番での「数値化」に見向きもしない姿や奇抜な挨拶をするところにも、賢さから離れる彼の姿を感じています。

そして、彼を愚かな世界に誘うのが「大好きな君」なのです。賢明な掟から言えば、恋心に惑わされて我を失うことなどあってはならず、彼もそれは理解しています。ただそれでも、彼は賢明の掟を置き去りにして、大好きな君を追いかけていくのです。

サビでは、君の力で彼が抱えていた悩みが消えていく様子が描かれています。彼は、自分を抑圧して掟に従うことに疑問を感じていたのでしょう。ただ、君との出会いで、全てが解決したのです。以降では、君と出会って掟を捨て、望み通り愚かになっていく青年の物語を考えます!
彼が離れていく数字のイメージ

一覧に戻る

2. 君こそ全て

彼が待ちわびていた夜が、ついにやってきました。やっとたどり着いた今日を想うと、彼の心は喜びで打ち震えています。聖なる存在さえも羽目を外したくなるような、喜びと興奮に満ちた夜。彼もまた、夜が明けるまで思う存分に楽しむつもりです。

この日に辿り着けるかどうか、不安に思う気持ちもありました。しかし全ては報われ、彼は今ここにいます。そして彼は今晩、賢い人間を離れ、もっと愚かになっていくのです。それは掟に反することですが、今の彼は掟を気にするつもりはありません。

全ては、君が望むがままに。今の彼には、君の存在が唯一無二の答えでした。掟に従うための彼の操縦桿も、どうやら故障してしまったようです。だから今夜、掟に彼を止めることは出来ません。彼を悩ますアレコレも、今夜だけは夜空に溶けていきます。

彼の中に残った掟の残骸が、彼に彼の愚かさを教えようとします。掟は、恋に現を抜かし君を追いかけることの賢明さを数値評価してくれました。掟が提示した数値はゼロ。ただ彼は、そんな掟の評価を笑い飛ばしました。それが賢明かどうかなど、今の彼にはどうでもいいのです。
彼が迎えた夜のイメージ

一覧に戻る

3. どんどどん

美しい夜空の下、君と落ち合った彼。二人の間に、どこかぎこちない挨拶が飛び交いました。二人とも、今日が持つ意味を分かっているのです。少し気恥ずかしい気持ちになった彼は、デートに来てくれた感謝の気持ちを、少し茶化した形で伝えました。

笑いながら駆け出した君を追いかける彼。君の声が、楽し気に彼の名をなぞります。その楽し気な響きに包まれた彼は、これ以上ない至福の喜びを感じるのでした。やはり彼にとって、君との時間こそが、掟の教えを一蹴する全てを越える真理でした。

大好きな君を前に、彼の胸の鼓動は高鳴るばかり。「どんどどん」。彼は今、高尚ではなく愚かな喜び、動物が等しく追いかけるような懐かしい喜びを感じています。愚かになった彼は、願うのでした。この魔法の時間が少しでも長く続きますように、と。

私にとっての「どんどどん」は、自分を抑えて掟に従って生きてきた青年が、全てをひっくり返すほどに魅力的な君と出会い、変わっていく恋の物語。2番のサビの歌詞を考えると、よりピンクな解釈も可能でしょうが、今回は示唆に留めました。いずれにせよ、恋は全てに勝るのです!
彼にとっての魔法の時間のイメージ

一覧に戻る

さいごに

彼の操縦桿が壊れたとするのは、彼の言い訳っぽい部分もありますね。彼は本当は掟に従う自分を捨てきれておらず、掟を無視する口実に操縦桿の故障を挙げたのでしょうか。いずれにせよ、君との時間を過ごすことが、彼にとっての全てなのですね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!