スピッツの曲

スピッツの「ヒバリのこころ」の魅力を語る。歌詞の意味も独自解釈

ヒバリのこころのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「ヒバリのこころは、スピッツのデビューアルバムのラストを飾る曲で、春の息吹を感じさせる爽やかなロックチューンです。

この記事では、そんな「ヒバリのこころ」の楽曲としての魅力を語ったうえで、この曲に込められたメッセージを考えていきます!

「ヒバリのこころ」とは

「ヒバリのこころ」は、スピッツのデビューアルバムを締めくくるナンバー。風変わりな曲も多かったアルバムを、ロックバンドとしての矜持を持って締めくくる、スピッツロックを体現したナンバーで、個人的なお気に入り度は星4.5としました。

また、デビューアルバムと同日発日のシングルとしても、リリースされています。この意味で、スピッツのデビューシングル、ですね。「ニノウデの世界」も好きな曲ですが、ロックバンドらしさを打ち出したこの曲も、素晴らしいですね!

曲名コメント一般知名度お気に入り度
1ヒバリのこころスピッツロック

 

ヒバリのこころのイメージ

「ヒバリのこころ」の印象

「ヒバリのこころ」は、スピッツのデビューシングルとして、特別な地位を占める楽曲です。そんな楽曲は、もちろん私にとっても大事な一曲になっています。「ヒバリのこころ」の楽曲としての魅力を、以下の3点から語ってみます!

1. 演奏について

この曲の演奏は、ロックバンドスピッツとしてのバンド演奏が、存分に楽しめるものになっています。力強いドラム、印象的で耳に残るギターリフ、そしてビートを刻むベース。ニコニコと楽しそうに演奏するメンバーの姿が、頭に浮かんできます。

演奏全体から感じるフレッシュさやワクワク感は、歌詞が持つ「春の息吹」にも通ずるものがあると思います。印象的なギターリフを中心に、新しい冒険に身を投じようとする「少年のこころ」の高揚感、躍動感が伝わってくるようです。

この曲の長めの後奏もお気に入りです。フェードアウトしていく演奏を聴くのは、大空へ飛び立ち、その青の中に身を溶かしていくヒバリの姿を眺めるような気分。小さな身体に風を受けまだ見ぬ地を目指す、ヒバリの心の高鳴りを想像してしまいます!

この曲のライブ演奏も、素晴らしいですね。曲が持つワクワク感、フレッシュさ、迫力も、ライブ版の方が強いですね。ところで、この曲のライブ演奏は、スピッツ30周年記念ライブの公式ティザー動画として、YouTubeで無料視聴することが出来ます。ぜひ、楽しんでください!
ワクワクした感じ

一覧に戻る

2. ボーカルについて

ボーカルの持つ少年感が、この曲の持つ初々しさやフレッシュさを、より強調していると感じています。この曲のボーカルから思い浮かべる情景は、若くて元気なヒバリが、希望の鐘の高鳴りを胸に抱いて大空へと飛び出していく様子です。

そんなボーカルの一番の聴きどころは、1番サビの直後です。そこでは、「oh」のロングトーンが繰り返されます。草野さんの伸びやかな高音は、ヒバリとしての主人公が抱く、新しい旅への決意の歌声のよう。目指す空の果てまで、届きそうです!

また、先述の30周年記念ライブのボーカルも素晴らしいです。30年の時を経ても、ヒバリが持っていたフレッシュさは、失われていません。ただ同時に、勢いと若さが中心だったその「こころ」に、温かな優しさが加わったようにも思えますね!

ところでこの曲は、男性のボイトレにも適した曲だと感じています。出だしのメロは中高音が連続しますし、息継ぎのポイントも少なめです。さらにサビでは、hiAロングトーンが待ち構えています。ミックスボイスの習得を目指している人にも、是非トライしてみて欲しい曲ですね!
ヒバリの心のイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

この曲の歌詞には、スピッツ・エッセンスが詰まっています。鮮明なイメージが湧き上がる情景描写、表層の裏にある意図をぼんやりと感じる、草野さんらしい比喩を交えた言葉選び。どちらも、この曲に含まれるスピッツの歌詞の特長だと言えるでしょう。

中でも、この「ヒバリのこころ」からは、歌詞の世界の中に自分が立っているような強い没入感を感じています。風のかおり、鳥のさえずり、目の前に広がる白く眩しい光。どれもが、いきいきとした自分の感覚として感じられる歌詞だと感じます。

そんなスピッツエッセンスが濃縮された歌詞から感じるテーマは、「旅立ちのこころ」とか、そういう感じでしょうか。新しい冒険への決意と感動に、胸を震わせる主人公の気持ちが伝わってきます。壁を乗り越え、あの青空の果てを目指して!

もし、この「ヒバリのこころ」が、明日新曲として発表されたとしても、私はきっと「草野さんスタイルの王道を来たな」と思うことでしょう。言葉を返せば、30年以上前に発売されたこの曲にも、草野さんのスタイルが、脈々と息づいているということに他なりません!
雪解け

一覧に戻る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ヒバリのこころ」の歌詞を追いながら、その歌詞が意味することを考えていきます。今回の考察のテーマは、「旅立ちのこころ」としてみました。そんなテーマを構築するため、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈はただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください!単純に、こういう話も当てはまるかもな、というだけの妄想です

1. モチーフの意味

まずは、ヒバリという鳥の特徴を整理しましょう。ヒバリは、スズメより少し大きい程度の小鳥で、春になると美しい声でさえずるため、「春を告げる鳥」という異名を持ちます。俳句の世界では、ヒバリは、春を表す季語となっています。

ところで、ヒバリの英語名は「skylark」と言うそうで、「lark」には、「愉快」と言う意味があるようです。ヒバリが楽しそうに空を舞う姿から、このような命名になったのでしょうね。ヒバリは、小さな体で大空を満喫する鳥なのです。

また、ヒバリには、少し変わった点があります。ヒバリは、地面に営巣し、ひっそりと地上で暮らしているのです。ヒバリは、変わり種の鳥だと言えるかもしれません。ただし、ひとたび春が訪れれば、彼らは空高く舞い上がり、美しい声を響かせるのです。

ヒバリと言う鳥は、普段は目立たないが、やるときはやる鳥。小さな身体にもかかわらず、美しい声を響かせ、果てしない大空を楽しそうに舞い踊る鳥。そんなヒバリという鳥が持つ「爽やかで美しいこころ」が、この曲のイメージに重ねられているのではないでしょうか。
ヒバリのイメージ

一覧に戻る

2. 二人の出会い

登場する僕と君の二人は、恋人関係だと考えて良いでしょう。サビで歌われる君への愛情表現から言って、二人の特別な関係を示唆しています。ただ、曲全体に感じる初々しさから言って、主人公と君は、出会ってから間もない気もしています。

1番のメロでは、君との出会いが描写されています。歌詞から想像される情景は、春の気配を感じる雪解けの景色。春の日差しが、降り積もった雪を照らす。少しずつ雪解け水が流れ始めて、小さな水の流れを作っている。そんな風景が浮かんで来ました。

この描写には、季節を描く以上の意味があるはずです。私は、この描写は、君と出会ったときの彼の気持ちを表していると考えました。そのとき彼は、長く厳しい冬を越え、春の息吹を感じたときのような、爽やかな喜びを感じたのではないでしょうか。

二人の出会いは、彼にとっての春の始まり。彼の冬の日々を象徴していた雪も、太陽の光を受けて輝き、少しずつ溶け出しています。雪から照り返す光の中で、彼が思い浮かべたのは、レンゲが咲き誇る場所。少し気が早い光景ですが、彼の心には既に春がやってきたのでしょうか。

一覧に戻る

3. 水槽のこころ

2番のメロの内容は、君と出会う前の彼が過ごしてきた「冬の日々」だと考えています。その日々は、自分らしく振舞えない日々だとされていますが、君と出会った後の彼が、こんなネガティブな心持ちで日々を過ごしているとは思えないからです。

どんな大きな波もいずれ収まる。だから、安全圏で待つ。彼のそんなスタンスは、彼の安全を保障してくれていたはずです。ただし、穴倉で息を潜めるような生活だったでしょうから、彼が自分らしく生きることは出来なかったようです。

そんな安全圏で、彼は水槽の魚を見つめています。彼は、シンパシーを覚えたのかもしれません。水槽の中の魚は、その安全が保障されています。しかし、彼らが広い世界を知ることはありません。この姿は、穴倉に籠る彼自身にも言えることです。

君と出会う前の彼は、「ヒバリのこころ」を持っていなかったのです。「ヒバリのこころ」は、危険があるかもしれない大空を、自由に楽しく舞う心。己を曲げてでも自身の安全を優先し、全てをやり過ごすことを優先する「水槽のこころ」とは、対極にあるものかもしれません。
臆病な主人公のイメージ

一覧に戻る

4. ヒバリのこころ

そんな冬の時代を経て、彼は君と出会い、「ヒバリのこころ」を手にしました。「ヒバリのこころ」とは、新しい世界に勇敢に飛び出し、その世界を十二分に満喫するこころです。心の防風壁を取り払い、強い風をその身に受けるこころです。

「ヒバリのこころ」を手にした彼は、危険におびえる心を捨て、むしろ不安定を楽しむような姿勢を持ち始めた気がします。風に流される運命だとしても、それまではこの大空を自由に舞おう。彼は、そう考えているように感じます。

これから一緒に生きていく二人には、遠くで高らかに鳴く、ヒバリの歌声が聴こえて来ているようです。小さな体で、不安を物ともせず、大空を舞う喜びを歌った歌。そんな歌に乗ったヒバリの生き方こそが、二人が目指す強い生き方なのかもしれません。

冷たくも心地よい風を受けた彼は、その感覚に思わず感涙の涙を落としそうになります。目をつぶって想像の世界の中で楽しむだけの日々を脱し、彼は、実在する世界へと飛び出していく生き方を選んだのです。そのきっかけとなったのは、春風の様な君との出会いだったのでしょう!
ヒバリのこころのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

ヒバリって、なかなか可愛い鳥ですね。スピッツを通して、また一つ学んでしまいました(笑)。また、ヒバリは漢字で、雲雀と書くそうです。大空高く舞い上がり、雲の中で遊ぶような様子から、そう名付けられたのかもしれませんね!

熱気バサラのように熱く生きたい!
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。草野マサムネさんのようなボーカルを目指してボイトレに励みつつ、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。日ハム、エンゼルス、ACミランを中心として、幅広くスポーツが好きです!ツイッターは、スポーツ観戦の話が中心です!
\ Follow me /
error: Content is protected !!