スピッツの曲

スピッツの大宮サンセットの世界。温かい夕日が照らす、二人のこころを考える

the image of the song called Ohmiya Sunset

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「大宮サンセット」は、スピッツの人気バラード曲の一つで、その名の通り、大宮の夕日をモチーフにした曲です。もちろん、「大宮」は、埼玉の地名ですね。

優しさと温かみに溢れた曲からは、世界を照らす温かな夕日が見えるような気がします。そんな「大宮サンセット」の魅力を、歌詞が描く世界への妄想も踏まえつつ、熱を持ってお伝えしていきます!

「大宮サンセット」とは

「大宮サンセット」は、スピッツが2001年に発売したシングル「夢追い虫」のカップリング曲です。「夢追い虫」は、重厚なロックサウンドが売りの曲ですが、「大宮サンセット」は対照的な弾き語り系バラード。個人的お気に入り度は、星4.5です!

ところでこの曲は、彼らが駆け出しの頃に演奏していた「大宮フリークス」というライブハウスから見た夕日がモチーフとのこと。既には営業を終了しているようですが、エレカシなどの大物バンドにも縁あるロックファンに有名な場所だったらしいです。

曲名コメントお気に入り度
1大宮サンセット優しく切なく
the sunset this song is relating to

 

「大宮サンセット」の印象

「大宮サンセット」という曲は、何を隠そう、私にとっても特別な曲です。以降では、私にとって「大宮サンセット」という曲が特別な理由も含めつつ、以下の3つの観点を中心に、この曲の魅力を語っていきます

1. 演奏について

ライブ版とCD版で結構印象が異なるこの曲の演奏ですが、CD版について述べるならば、終始草野さんの弾き語りスタイルだと言っても問題ないでしょう。アコギ一本を携えた草野さんが、目の前に腰掛けて歌ってくれている様な感覚ですね。

草野さんはもちろん、アコギ大好き人間でもある私からすると、この演奏は垂涎ものです。優しいカッティングの響きと、自然の力だけに頼ったアコースティックな音の広がりは、草野さんの優しいボーカルと相まって、温かな広がりを描き出しています。

また、間奏部分も素晴らしい。「優しさそのもの」のような響きを持ったソロは、ベースソロでしょうか。アコギの音色の背を優しく撫でるような演奏は、この曲から感じる夕日色を濃縮したようなサウンドになっていると感じています。

「ちいものツアー」のライブアレンジでは、ドラムも入っています。ただ個人的には、夕日の儚さと美しさは、アコギの繊細な音がしっかり聴こえる方が表現できる気がするので、演奏はCD版の方が好みです。
an image of the guitar and the sunset that I mentioned

一覧に戻る

2. ボーカルについて

アコースティック色が前面に出た本曲を聴いて、草野さんの最大の魅力の一つである、優しい広がりを持ったハスキーボイスを楽しまないということは、単純に不可能です。ただ耳を澄まし、優しい広がりを持った声の海で泳ぐことを楽しむべきです。

ボーカルに関しては、CD版と「ちいものツアー版」に演奏面ほどの大きな違いがあるとは考えていませんが、ボーカルの生感を感じることができるいう意味で、やはり「ちいものツアー版」の方が好みだと感じます。

ボーカル自体も、CDを収録した時から長い時間が経っていますし、より深みを増している様に感じます。優しい演奏に乗った少し掠れたボーカルは、大宮の空に浮かぶ夕日と、それを眺める主人公の胸に浮かぶ感動を想起させるに十分です。

聴かせどころのCメロは、高音を使うパート。しかし、草野さんの声は、自然に優しく伸びあがるだけです。変な力みがあると夕日の儚さが損なわれるので、このボーカルでこその「大宮サンセット」だと感じます。
an image of being live

一覧に戻る

3. 歌詞について

実は私にとっても、大宮は特別な場所です。私が北海道にいたころ、たびたび大宮への出張があり、そのたびに都会の象徴たる大宮を楽しんだのです。この曲は、そんな大宮がテーマの曲ですから、その歌詞には文字以上に感じる所があります。

そんな本曲のテーマは、「夕日色の包容力」だと感じています。曲全体を包むような優しい雰囲気もそうですが、歌詞の中で描かれる夕日も、美しいものに感じられます。眼前に迫る、輪郭が滲んだ夕日。全てを温かい色の中に溶かす夕日です。

主人公の人生は、自分の期待通りにいかないことだらけ。ただ、そんな失望の日々を優しく塗り替えてくれる存在が君であり、夕日色に染まった優しさこそが、彼にとっては大宮の街並みを温かく染め上げる夕日のように感じられるのではないでしょうか。

ところで、歌詞から感じるイメージとは別として、自分の中にも大宮サンセットが存在します。仕事終わりに大宮の街をブラブラしながら夕日を眺め、自分にとってのサンセットを探したものです。
an image of the sunset with a city

一覧に戻る

 

歌詞の世界を妄想する

ここからは、「大宮サンセット」の歌詞を追いながら、曲の中で展開するストーリーを妄想していきます。私が考えるこの曲のキーは、「夕日色の優しさ」です。そのキーを中心に、以下の3つの段組みでもって、この曲を妄想していきます。

なお、著作権の関係から、歌詞を掲載することはしません。なお、歌詞が頭に入っていない方にも内容がチンプンカンプンにならないよう、努力します!

曲解釈はただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください!

1. 妄想の前提

この曲に登場するのは、主人公と君の二人ですね。いつも通り、主人公が男性で、君が女性だと解釈します。二人の関係性については、恋人関係だとしました。曲中の二人は、手を繋いだりしていますから、そう考えても無理はないでしょう。

主人公については、悩める内気な青年だと感じます。2番のメロでは小さなことに気を揉んで、繰り返し悩んでいる様子が歌われていますし、大サビでは期待外れの日々を送っていることと、そこからの逆転を狙っていることを示唆する描写があります。

君についての描写を見ていくと、気になるのは1番のサビ。そこでは、彼女が悲しそうな微笑みを持った女性だとされています。私は、彼女の夕日のように純情な性格がそんな顔をさせるのだと解釈しました。詳しいことは、おっての説明とさせてください。

他にも、彼女を愛する主人公病魔に侵された彼女という設定も出来なくはなさそうです。ただ、曲の雰囲気を考えると暗い未来はそぐわないと感じるので、その妄想はまたの機会とします。
an image of having hands in hands

一覧に戻る

2. 青年の悩み

彼は、何かに悩んでいるようです。では、その悩みとは、一体なんでしょうか?私の推測では、彼の悩みとは、彼女の心が自分から離れているのではないかという疑念です。彼女のささいな反応にいちいち気を揉み、一喜一憂する姿が目に浮かびます。

彼は、自分だけが彼女の素顔を知っていると思っています。いや、そうであると信じたいと思っています。ただし、その想いは揺らいでいます。1番の「そのはず」という言葉、2番の様々な雑念に気を取られている様子がその証拠です。

彼は、自分が夢中になっている彼女の可愛さが広く知られないことを願うとともに、彼女の心を自分に繋ぎ留めていられることを願っています。なんというか、後ろ向きな恋愛にも思えますが、これが彼のスタイルなのでしょう。

彼は、彼女を幸せにできると思っていました。しかし、現実の彼女が見せるのは「悲しそうな微笑み」。彼女にとって期待外れであった自分との日々を、変えていきたい。彼はそう願っているのでしょう。
an image of thinking a lot standing still in a city

一覧に戻る

3. 彼女の心と偽りの危機

彼の心に浮かんでは消える疑念は真実で、彼女の心は既に彼から離れているのか。彼のことを、彼女はどう思っているのか。私の解釈では、彼女の心は主人公から離れておらず、全ては主人公の独り相撲、疑心暗鬼であるとしました。

彼女の心が彼から離れているという推論に役立ちそうな唯一の要素は、曲中の「悲しそうな微笑み」です。しかし、その微笑みとて意味深なもので、決定的なものではありません。これだけでは、白だとも黒だともいうことは出来ないでしょう。

小さなことに一喜一憂し、雑音に耳を澄ませている彼は、彼女の気持ちを正しく理解出来ているでしょうか?この解釈では、答えはノー。彼は、自分自身で問題を作り出しているだけです。ただし、その問題は現実の問題を作り出す危険を孕んでいます。

彼女が悲しい顔で微笑むのは、彼女には彼の心が分かっているから。恋人が自分を信頼していないと知るのは、喜ばしい話ではありません。今の時点では些細な亀裂ですが、この先がどうなるかは分かりません。
image of having a suspicious eye

一覧に戻る

4. 大宮サンセット

この曲のサビで歌われる夕日の情景は、彼が彼女のために用意したとっておきのデートプランだと考えました。彼は、秘密のスポットに彼女を連れて行ったのです。もちろん彼は、彼女の顔から謎の悲しい笑みが消えることを期待しています。

二人がたどり着いた秘密のスポットでは、大きく赤く燃える夕日が二人を待っていたことでしょう。温かく滲んだ夕日は、その輝きで全てを溶かすようです。彼すらも一瞬、ここへ来た目的を忘れ、美しい夕日に目を奪われたかもしれません。

彼は、柔らかな夕日色に染まった彼女の横顔を盗み見て思います。まだまだ彼女に側にいて欲しいし、これからは楽しそうに微笑んで欲しい。それは、現状を普通に考えたら、想像しがたい未来。しかし、彼はそんな未来を願っているのでした。

二人のこの先がどうなるのかは分かりませんが、大サビでの彼は、今までの日々を変えていく方法にたどり着いたのかもしれません。ただ彼女を信じることさえできれば、二人の未来は変わっていくはずです。
an image of the spot where they can see the sunset

一覧に戻る

 

さいごに

二人の関係ですが、Queenの「Sail away sweet sister」のような、兄妹関係でも解釈可能かなとは思いました。ただ、妹相手に君というのも変ですし、やはり恋人関係だとする方が妥当でしょうね。その妄想も、楽しそうですが(笑)

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!