スピッツの曲

スピッツの「りありてぃ」の感想。「新世界」を軸に、歌詞も独自解釈

牢の中に閉じ込められた金魚のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「りありてぃ」は、スピッツの14thアルバム「小さな生き物」の収録曲。捻った歌詞が印象的な、疾走感あるロック曲ですね。

この記事では、そんな「りありてぃ」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。水槽から飛び出し、新世界を目指す青年の物語を考えました!

スポンサーリンク

「りありてぃ」とは

「りありてぃ」は、スピッツが2013年に発売した14thアルバム「小さな生き物」の収録曲。前曲の「小さな生き物」は穏やかな雰囲気を持った人生応援歌でしたが、この「りありてぃ」は、前曲とは対照的に、疾走感を感じるロックナンバーですね!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1りありてぃエナジーロック
「りありてぃ」に感じる世界のイメージ

1. 演奏への印象

「りありてぃ」の演奏は、とげを感じるものになっています。さらに、その雰囲気は純ロック一直線というより、パンク的な尖りを感じています。先の二曲は真面目な雰囲気の曲でしたが、「りありてぃ」はあえて着崩した曲のような印象ですね。

曲の始まりを告げる歪んだギターが、曲の尖った雰囲気を象徴しています。また、歯切れのよいギターとドラムが重なって、強いメリハリを生み出していますね。全体的には、やや反抗的な若者を連想するような、溢れ出るエナジーを感じています。

間奏の、派手な音色のギターソロには、多感な若者の悩みが交差して弾ける様子を重ねています。暗めのサウンドの中で広がるカラフルな線たち、という感覚もあります。「りありてぃ」は、勢いあるスピッツを楽しむのに適した曲だと感じています!

「りありてぃ」に感じるイメージ

2. 個人的な想い

「りありてぃ」はトゲを感じる楽曲ですが、そのトゲは刹那的な危ういものではなく、迷いを抱えた多感な青年のポーズも含めた反抗のような雰囲気を感じます。私にとっての「りありてぃ」は、強い攻撃性の代わりに、丸みをも感じる曲なのです。

歌詞の言葉選びにも、「りありてぃ」が持つ「とげ」と「まる」の両方が表れているでしょう。例えば、若者の話し言葉のような少し崩した言葉のチョイスには「とげ」を、パンク色を感じる曲では珍しい「僕」という自称には、「まる」を感じています。

そもそも、「りありてぃ」とひらがなを使う所にも、丸い雰囲気が表れていますね。また、力感のない中高音ボーカルは、どこかまろやかですらあります。「りありてぃ」は、相反する二つの要素が見事に溶け合った、スピッツらしい一曲ですね!

曲のイメージ、主人公の「りありてぃ」

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「りありてぃ」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「まだ見ぬ新世界へ」としました。また、その考察テーマを補足するため、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

掟の外へ飛び出す、ジャンプするイメージ

1. 考察の前提

歌詞では、「掟」と「本心」が対比されています。例えば、1番サビには水槽と金魚が登場しますが、これはそれぞれ常識的思考の牢と、その中に捕らわれた主人公を指しています。そして彼は、その牢から脱出し、本心で生きたいと願っているのです。

また、2番サビでは、掟が教える正解とは違うものを求める彼の姿が描かれています。ここでの掟の正解とは常識や安全、不正解とは無謀や危険などを指すでしょう。そしてもちろん、掟に対して内心反発を覚える彼は、後者に惹かれているのです。

ただ一方、ラスサビ直前では、彼は掟の教えに曖昧な笑顔を向けてやり過ごしています。少し臆病な彼は、すぐに反逆の旗幟を鮮明にする気はなく、機が熟するのを待っているのです。以降では、「始まりの日」を待ちわびる青年の物語を考えます!

「君」は、彼が愛する存在。ただ彼は、君のことを他人行儀な呼び方をしていることから、その愛は片思いだとします。また彼は、君の表の顔しか知りません。ただ彼は、謎めいた要素も君の魅力として、想いを強めています。彼にとっては、謎があることは、問題ではないのです!
光を目指して脱出していくイメージ

一覧に戻る

2. 水槽の日々

今の彼の日々は、水槽の中の生のようなものでした。天敵もいない安定した世界ではありますが、肌を撫でる水はいつも生ぬるいですし、何処を見渡しても見飽きた景色が広がるばかりです。そう、そこは、無機質な掟の壁で囲まれた世界でした。

水槽の中には、次々とエサが投げ込まれます。そのエサは、特別美味しいわけではありませんが別に不味くもありませんし、労せずして空腹感を埋めることができます。ただ、エサを待つだけの日々に、彼はどこか晴れぬ想いを抱えていたのでした。

とは言え彼は、掟に口答えをしようとは考えていませんでした。掟に歯向かえば、大変な結果を招きかねません。嘲笑と非難の的となり、まるで巨悪を成したかのような扱いをされかねないのです。だから彼は、今日も息を潜めるだけでした。

彼に変わり者という評判が立てられていることを考えると、彼が掟に心酔していないことは、周囲にもバレてしまっているようです。それでも彼は、反逆者をあぶり出そうとする誘導尋問は笑顔でかわし、出来る限り中立を演じてきました。まだ、掟に歯向かう時ではないからです。
掟の世界で生きていた彼

一覧に戻る

3. 新たな興味

中立を演じながら、機を待っていた彼。強力な切り札が手に入るまでは、掟とものらりくらりと付き合っていくつもりでした。ただ彼は、その機が到来したような気がしていました。彼は突然、自身と同じ雰囲気を感じる存在に出会ったのです。

彼が出会ったのが、風変わりな君。君もまた、水槽の生に納得していないようでした。それだけで彼は、君に心を奪われました。知らないことだらけでも構わない。君への愛は瞬く間に膨れ上がり、彼が待ち望んだ切り札にもなりそうなほどでした。

波の立たない水槽の生とは対極にある概念、不確実。謎だらけの君を強く愛してしまったことで、彼はその不確実性への感情をも再確認しました。彼にとっては少なくとも、不確実は掟が言うような、絶対に近づけてはならない禁忌ではないのでした。

噂で聞くに、君はどこか遥か遠くからやってきたようです。これまでは水槽から飛び出せば十分でしたが、彼はさらに部屋のドアの先にも興味を持ち始めました。試しに水槽の水を跳ね飛ばしてみると、ドアノブの下に氷柱が出来ました。ドアの先の世界は、驚くほどに寒いようです。
ドアノブの下に出来た氷柱のイメージ

一覧に戻る

4. りありてぃ

彼は、欺瞞の幸せで心を淀ませる人生と距離を置き始めました。そのとたんに彼に襲いかかった不愉快な声色の罵倒も、少しの無理で乗り切れました。不愉快な罵倒も、彼が変わっている証。いつしかそう思えてきて、どこか心地よくも感じました。

水槽の中に、本物は何一つありませんが、あのドアの先なら。晴れ続きの君ゆかりの地を目指せば、彼の「りありてぃ」が見つかる気もしました。ぬるい安定の世界を抜け出して、極寒のドアを抜けて不確実を求める彼は、掟目線では変人でしょう

ただ、「りありてぃ」を探したいと思うことは、彼にとっては自然でした。きっと、君にとってもそうでしょう。だから、二人で一緒に。まずは水槽から飛び出すことから始め、いつかはドアの先の君の街まで。彼は、そんな新しい日々を夢見るのでした。

私にとっての「りありてぃ」は、掟の壁に囲まれて生きてきた主人公が、自分の同志とも思える君に出会って恋に落ち、掟の壁の先の世界への憧れを強めていく物語。常識の世界で純心に沿うのは悪目立ちするかもしれませんが、彼にとっては、それこそが「りありてぃ」なのです!
二匹の金魚、彼と君のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

波もなくエサも降ってくる、安定した水槽の世界。ただその世界に生きる以上、冒険心や好奇心が満たされることはありません。彼は、そんな生き方を彼の「りありてぃ」にしたくはなかったのです。私も彼を見習って、挑戦する勇気を持ちたいですね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!