スピッツの曲

スピッツの「Na・de・Na・deボーイ」の感想。歌詞の意味も考察

ナデナデされて幸せになるイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「Na・de・Na・deボーイ」は、スピッツの12thアルバム「さざなみCD」の収録曲で、爽やかなスピッツロック曲。楽しそうな雰囲気を放つ本曲は、草野さんのお気に入り曲でもあるそうです。

この記事では、そんな「Na・de・Na・deボーイ」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考えます。「ナデナデの力」を、噛みしめましょう!

スポンサーリンク

「Na・de・Na・deボーイ」とは

「Na・de・Na・deボーイ」は、スピッツが2007年に発売した12thアルバム「さざなみCD」の収録曲です。前曲の「群青」は、ウキウキする楽曲でしたが、「Na・de・Na・deボーイ」も、前曲のウキウキ感を引き継いだ、遊び心満載のロック曲です!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1Na・de・Na・deボーイウキウキロック
Na・de・Na・deボーイが持つ爽やかな青空的イメージ

1. 演奏への印象

「Na・de・Na・deボーイ」は、草野さんもイチオシの楽曲。なんでも、この曲が出来たとき、来たるアルバム収録曲会議で絶対にこの曲を通すと決意したとか。変化球とロックを両立させた面白い曲ですし、草野さんが拘るのも良く分かりますね。

歌詞が矢継ぎ早に連射されるAメロ部分と、少し歌詞のテンポが落ち、いつものロックスタイルに戻るBメロとサビ部分。この対照的な特徴を持つ二つを組み合わせた構成が、曲にメリハリを生み出し、サビが放つ輝きを強めていると感じています。

また、Bメロの最後のボーカル、サビ直前のロングトーンが大好きです。それこそ、晴れ渡る青空という言葉がピッタリ当てはまる、伸びやかなボーカルですね。爽やかな輝きを持ったボーカルは、曲が持つウキウキ感の中心にある要素でしょう!

爽やかな曲のイメージ

2. 個人的な想い

前曲の「群青」と同じく、スピッツ歌詞で時折見られる「~のだ調」を採用した歌詞は、全体的にお気楽な感じが漂っています。韓国語を入れた歌詞、意味よりも韻を優先した歌詞、そして何より曲タイトル。遊び心が詰め込まれた楽しい一曲ですね。

「Na・de・Na・deボーイ」は、曲に漂う楽し気な雰囲気に身を任せて楽しむ曲でしょう。後段では歌詞解釈も行いますが、「まあ、楽しくやろうぜ」的な雰囲気を大切にしたいですね。小難しいことは考えず、心のままに踊るだけで十分でしょう。

ところで、繰り返しのギターリフの背後で聴こえる「ツクツク音」も私のお気に入りです。エレキギターの音だと思いますが、メロにいいノリを与えていますね。ある意味、「Na・de・Na・deボーイ」を盛り上げる、影のMVPだと感じています!

曲が持つカラフルで楽し気なイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「Na・de・Na・deボーイ」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「ナデナデこそ至高」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

ナデナデで喜ぶイメージ

1. 考察の前提

「Na・de・Na・deボーイ」は、曲の主人公を指すでしょう。歌詞には主人公と君が登場しますが、彼が君に撫でられる描写もあります。そんな「Na・de・Na・deボーイ」は、簡潔に言えば、大好きな君にナデナデされる喜びを歌った曲です(笑)

君と出会う前の彼は、くすんだ日々を送っていたようです。ただ彼は、君に名前を呼ばれ、ナデナデされたことで生命力を回復させていきます。最終的には、人生に対し複雑な感情を抱いていた彼も、その明るい面に目を向けるようになるのです。

それまで抑制的な日々を送っていた主人公ですが、君との交流で生命力を漲らせていきます。やがて彼は、自身を縛っていた糸を振りほどき、やや無鉄砲なスタイルで走り出すのです。以降では、更なるナデナデを求めて生きる青年の物語を考えます!

以前の彼を考えたとき、サビの「糸」の描写が気になりました。この糸は、彼の行動を制限していた常識の糸だったことでしょう。ただし、君と出会ったことで、その糸は切れてしまいます。彼にとって君は、それまでの抑制的な生き方を覆してしまうほどに魅力的だったのですね!
昔の彼のイメージ、操り人形

一覧に戻る

2. 至った真理

思い返してみると、彼のこれまではくすんだ日々でした。常識と言う枠の中で生きることを求められる世の中と、その枠に反発を覚えながらも、枠から飛び出す勇気はない自分。日々、悶々と過ごす彼は、少しずつ歪んだ青年になっていたのです。

世界に、楽しいものなどない。かつての彼は、そんなスレた気持ちをフィルターとして、世界を眺めるようになっていました。しかし、それも過去の話。そんな淀んだ日々は、突然に終わりを告げたのでした。そう、彼が出会った君の力によって。

灰色しかないはずの世界に突然現れたその光によって、彼の日々は激変しました。おかしな話ですが、君が自分の名を呼んでくれただけで、スレた気持ちも綺麗さっぱり消え去ったのです。今の彼には、何故だか世界の全てが美しく見えてくるのでした。

日々が流れるにつれ、彼は君とそれなりに仲良くなることが出来ました。冗談交じりに、君にナデナデして貰えるほどの仲になったのです。君のナデナデの効果は抜群で、彼は人生の真理を悟ってしまいました。人生には色々あるが、ナデナデには全てを解決する力があるのだ、と。
彼が心理に至ったイメージ

一覧に戻る

3. 新しい日々

君と出会ったことで、彼の日々は大きく変わりました。彼を囲む世界、つまらない灰色の世界だったはずの場所は、鮮やかな光に照らされた美しい世界へと姿を変えたのです。そして世界のみならず彼も変わり、これまでとは違う生き方を始めました。

昔なら苦くて選ばなかったエスプレッソをあえてグイっと飲んでみたり。これまで決まった場所に留まって冒険をしなかった彼が、知らない街に足を延ばしてみたり。君の手の力によって、何というか彼は、少しだけ逞しくなった気がするのでした。

昔の彼なら、まかり間違って知らない場所に迷い込めば、不安で仕方なかったでしょう。しかし、今の彼は違います。今の彼には、問題などドンと来い。知らない場所を歩き回るのも意外に気分の良いもので、笑いがこみあげてくるほどでした。

近頃の彼は、随分と楽観的になりました。例えば、かつての彼なら、追っても追っても近づけない陽炎など、愚かな幻想に過ぎなかったでしょう。しかし、今の彼には違います。陽炎は、今は届かないとしてもいつかは辿り着ける、現実に存在するはずの何かだと思えてくるのです。
街で迷ったが楽しそうなか彼のイメージ

一覧に戻る

4. Na・de・Na・deボーイ

ナデナデこそが真理だと確信した彼は、その真理に従ってずっと走り続けるつもりです。君のナデナデによって力を得た彼は、次のナデナデを得るため、また走り出します。人生が続く限り、ナデナデも続く。それが、彼が生きる意味なのです。

彼を縛っていた常識の糸は既に切れ、彼は完全に自由です。今の彼を動かすのは常識の糸ではなく、ナデナデの甘さです。彼はひょっとすると、少しおかしいのかもしれませんが、大きな問題ではないでしょう。ナデナデは、全てに勝るのですから

彼を動かすゼンマイが壊れたとしても、彼が次のナデナデを諦めることはありません。少し調子が悪いときでも、空にキラメク流れ星が彼を助けてくれるはずです。そう彼は、今日も次のナデナデを目指して走ります。美しい青空も、覗いてきました!

私にとっての「Na・de・Na・deボーイ」は、ナデナデ賛歌(笑)。一見馬鹿げたアイディアにも思えますが、ある意味では真理だとも思います。どんなに強面の男性でも、母性に甘えたいという心はあるはず。ナデナデが広がれば、世界はもっと優しい場所になるかもしれません!
晴れ間が覗いたイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「Na・de・Na・deボーイ」は、歌詞の物語を考えていても楽しい一曲でした。ある意味、この曲における「ナデナデ」は、水戸黄門での印籠のようなもの。彼は、君のナデナデを最大の喜びとして、これからもナデナデを追いかけていくのです!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!