スピッツの曲

スピッツの「P」の感想。「純情の炎」を軸に、歌詞の意味も考察

曲タイトル「P」のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「P」は、スピッツの12thアルバム「さざなみCD」の収録曲です。控え目な演奏の中でボーカルが際立つ、美しいバラードですね。

この記事では、そんな「P」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。今回は、君との再会を通じ、純情とも再会した青年の物語を考えました!

スポンサーリンク

「P」とは

「P」は、スピッツが2007年に発売した12thアルバム「さざなみCD」の収録曲です。前曲の「点と点」は、疾走感のあるクールな曲でしたが、この「P」は対照的なしっとりした楽曲。暗闇の中で優しく響く歌声に酔いしれる、美しいバラード曲です!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1P美しく気高い
曲が持つ静謐な夜のイメージ

1. 演奏への印象

「P」の演奏は全体的に控えめであり、草野さんの素晴らしいボーカルを際立てるものになっています。私は、控えめな演奏に聖なる雰囲気を感じています。演奏から連想するのは、静謐な夜闇の中に温かな炎がぼんやりと浮かんでいるような情景ですね。

「P」が持つ聖なる雰囲気には、草野さんの優しく美しいボーカルの力はもちろん、イントロから存在感を放つ教会のオルガン的なキーボードの音色も欠かせません。また、やや控えめに鳴らされる鈴の音にも、優しく清純なイメージを感じています。

曲の進行につれ、少しずつ楽器が加わる構成も美しいですね。ラスサビもドラスティックな演奏ではなく、静謐なイメージは終始保たれたままです。ハンドドラムとベース音、そして泣きのギターが心に沁みます。高音ボーカルも、最高の出来ですね。

曲に感じるイメージ、夜の闇とその中で感じる温もり

2. 個人的な想い

私は、「P」の大サビが大好きです。本来、大サビと言うより、サビ終わりのメロディーと言うべきかもしれません。ただ個人的には、サビ終わりの短いフレーズは、その僅か数秒だけで感動的な一つのサビを作っているような感覚を覚えているのです。

サビ全体として美しいメロディーですし、この大サビが無くても、美しいサビとしてまとめることは出来たはずです。しかし、この大サビが加わることで、そのサビの魅力がさらに増しているのです。草野さんはまさに、天才メロディーメーカーですね。

また、「P」のボーカルは高音を使ううえ、演奏も静かでボーカルの粗が目立ちやすく、歌うのが難しい曲だと感じています。ただ、草野さんのライブ歌唱は圧巻。CD以上の歌唱には、敬服あるのみですね。歌好きとしても、強い刺激を受けています!

「P」の静かな演奏のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「P」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の歌詞考察テーマは、「世界の掟と純情の炎」としました。また、その考察テーマを補足するために以下の通り、4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

彼の心に残った純情の炎のイメージ

1. 考察の前提

タイトルの「P」は、「ピー音」との歌詞もあることから、不適切な言葉を打ち消す妨害音を指していると感じています。また、1番サビ直前の純粋さを失うことが普通と歌う歌詞からは、「P」の世界では純情が軽視されていることが示唆されています。

サビでは、君と再会出来た主人公の深い喜びと、君の前で何故か思い通りに振舞えない彼の姿が描かれています。この描写からは、彼の君への深い愛情はもちろん、離れ離れだった二人には二度と会えない可能性もあったのだろうと感じています。

ところで、彼が妨害音で塗り潰していたのは自身の純情、君への愛だと考えています。彼は、鼻で嗤われる純情の炎を塗りつぶし、一人前のフリをしていたのです。ただ彼は、思いがけず君と再会したことで、再び純情に目を向けていくのです。

サビで彼が消そうとしていた炎とは、純情の炎なのです。そんな彼は、世界の慣習に従って、賢く成長しようともがきながらも、何故か心を世界の掟に染め切れずにいたのです。以降では、そんな葛藤の中で君と再会し、再び純情と向き合い直そうとする青年の物語を考えていきます!
炎を消そうとするイメージ

一覧に戻る

2. 最後の純情

世界では、成長が求められています。全ての大人は、賢く理知的ににならなくてはいけないのです。例えば純情は未熟さの象徴であり、大人が真顔で口にしようものなら鼻で嗤われるのがオチ。大人たる者、幼少期の愚かさを克服しなくてはなりません。

彼もまた、その掟に従って生きてきました。純情に別れを告げ、大人としての振舞いを身に着けようと努力してきたのです。彼にも、そんな世界の在り方は冷たく思えます。しかし彼は、それが世界の掟だと自分に言い聞かせ、日々を渡って来たのでした。

心を掟に染めようとする彼ですが、まだ微かに純粋な部分も残っています。彼が抱える純粋さとは、離れ離れとなった君への想い。ただ君とは、もう長らく音信不通でした。もう会うことも出来ないであろう君への想いなど、捨てた方がいいはずです。

君といた頃の彼の日々は、充実していました。掟の世界を渡るのは辛いことでしたが、君が笑ってくれれば力が湧いてきたものでした。君との日々は、心に花を咲かせた日々だったのです。しかし、二人が離れ離れとなってしまった今、彼の心に新たな花が咲くことはないでしょう。
彼の心に咲いた花のイメージ

一覧に戻る

3. 望外の喜び

一人きりでこの世界を渡るようになって、随分と長い時間が経ちました。世界からの圧力は相変わらずで、彼の純情も徐々にすり減ってきました。君との連絡も、途絶えたまま。胸に残った花の力も少しずつ弱まり、強い孤独感が彼を苛み始めていました。

時は、そんな彼の苦悩などお構いなしに、過ぎ去っていきます。気を抜けば、彼もその流れの中に取り込まれ、世界の歪みを感じる力を失ってしまいそうです。そうして成長すれば、彼の苦悩も消え去るでしょう。ただし、彼の純情と引き換えに

この世界では、純粋さは未熟や愚かと同義。だからこそ彼は、自身が抱える純情をひた隠しにし、秘密裏に処分しようとさえしてきたのです。ただ、その試みは何故だか上手くいかないのでした。そして、そんな苦悩の日々の中、彼に奇跡が訪れました。

もう二度と会えないだろうと思っていた君。長らく音信不通だった君から、彼に突然の連絡が届いたのです。孤高の大人を演じることも忘れ、夜更けだと言うのに、彼は君の下へと向かいます。落ち合う場所は少し離れた場所ですが、彼にはそんなことは問題ではありませんでした。
夜中に駆け出したイメージ

一覧に戻る

4. P

もう、空も白み始めています。夜空を彩っていた星たちも眠りにつき、夜空には色が差し始めています。もうすぐ、君に会える。彼が、待ち合わせ場所に繋がる坂を登り切ったとき。彼の目には、ずっと捨てきれなかった君の笑顔が飛び込んできました。

君に駆け寄った彼は、ただ君を抱きしめました。柔らかな感触と共に、夜明けを迎えた美しい空も、彼の心に刻まれていきます。彼には、君に話したいことが山ほどあります。今こそ、その想いの丈を君に打ち明けるとき。しかし、どうしたことでしょう。

いざ君を前にすると、言葉が出て来ないのです。再会を祝して快活に笑おうとしても、出てくるのは強張った笑顔でした。君を前にした彼は今、一人前の男ではなく恋に戸惑う少年のよう。必死に忘れようとしていた純情の炎が、彼の心を照らしています。

私にとっての「P」は、一人前の仮面を馴染ませるため、純情を捨て去ろうと藻掻いていた主人公が、想定外の君との再会を通じ、自身の純情に再び目を向ける物語。仮面の日々に慣れ切った彼は、純情の炎を上手く扱えていませんが、君との日々を重ねれば、感覚を取り戻すでしょう!
夜明けのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「純粋さ」をネガティブなものとする世界の中、彼もその慣習に従って悲しい日々を送っていました。ただ彼は、君との再会を通じて、心の純なる炎とも再会したのですね。大人になることと純情を捨てることは、もちろん同義ではないですよね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!