スピッツの曲

スピッツの「スワン」の感想。「誤解」を軸に、歌詞の意味も解釈

主人公が誤解を越えて、君を想うイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「スワン」は、スピッツの14thアルバム「小さな生き物」の収録曲。夜空の下でギターとともに純情の言葉を呟くような楽曲です。

この記事では、そんな「スワン」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。君への誤解を解いて、変わっていく青年の物語を考えました!

「スワン」とは

「スワン」は、スピッツが2013年に発売した14thアルバム「小さな生き物」の収録曲。前曲の「遠吠えシャッフル」はお気楽な色が広がるロック曲でしたが、この「スワン」は前曲とは対照的に、静謐な夜空の世界が広がるラブバラード曲ですね!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1スワン静謐な夜空
「スワン」に感じる星空のイメージ

1. 演奏への印象

「スワン」の演奏には、静謐さと美しさを感じています。その演奏の雰囲気は、アルバム4曲目の「ランプ」と似ています。ただ、「ランプ」の主成分は緋色の温もりでしたが、「スワン」のそれは、清らかな沢を流れる透き通った水のような純情ですね。

演奏の中で特に印象的なのは、曲の序盤をほぼ単独演奏で引っ張るアコギと、メロの背後で聴こえる不思議な音色。ギターだとは思いますが、耳なじみのない音色ですね。この音色には、少し浮世離れした感じ、現世とは違う世界を連想しています。

また、「スワン」の魅力を語る際には、そのボーカルへの言及も欠かせません。曲全体が持つ美しい雰囲気、聖なる雰囲気を草野さんの柔らかく温かい中高音ボーカルが作り出しています。ハスキーな声質が最高に映えた、素晴らしい仕上がりですね。

「スワン」に感じる静かで美しいイメージ

2. 個人的な想い

「スワン」には、「小さな生き物」に感じる、人生というテーマが如実に表れていると感じています。人生には様々な悲しみも訪れるものですが、その悲しみを越える何かを胸に抱けば、歩き続けることが出来る。そんな意図を、歌詞に感じています。

ところで、この曲で描かれる悲しみは「離別」のようです。しかも、歌詞中の主人公は、星を見て君を想い出しているのですから、星になった君という発想が浮かび上がります。この発想は自然でしょうが、絶対的な解釈ではないとも考えています。

また、「永遠の離別」を前提にすると、どうしてもそれを主題にしがちになってしまいます。ただ私は、曲の主題はあくまで人生を歩み続けることだと感じています。私にとっての「スワン」は、悲しみを上回る光を抱いて人生を歩む物語なのです。

曲に感じる星空のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「スワン」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「誤解を越えたその先へ」としました。また、その考察テーマを補足するため、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

彼が誤解していたスワン、君のイメージ

1. 考察の前提

「スワン」の主題は、人生を歩むことだと考えています。「別れ」を示唆する歌詞はありますが、その別れの理由や種類は歌詞以上には掘り下げません。私はそこではなく、大切な君を想って、辛いこともある人生を生き切る青年に光を当てたいのです。

そんな主人公は、やや捻くれた性格のよう。2回目のAメロでは、彼の正道を行かない性格、感情を素直に出さない性格が描かれていますね。ただ、不安を吐露するBメロの歌詞からは、彼が飄々とした仮面の下で臆病さを抱えていることも分かります。

一方の君の性格は、2回目のAメロに表れています。君には、彼が捻くれた言動の裏を見透かし、優しく受け止める度量があるようです。他方で君は、彼にやや厳しい言葉を送ることもあるようですから、彼に本気をぶつけてくれる真摯な性格なのでしょう。

捻くれた仮面の下で臆病さを抱えた彼と、温かな包容力を持ちながら、時には厳しさも見せる真摯な君。そんな二人の物語には、サビが重要。彼は君の言葉を「もう」忘れないと歌っているのです。以降では、誤解していた君への怒りを解き、その真意を理解した青年の物語を考えます!
「スワン」に感じるイメージ

一覧に戻る

2. 愚かな過去

冷たい夜風が、彼の頬を撫でていく。彼は今、星々が輝く夜空を一人で見上げていました。そんな彼の脳裏には、前触れもなく離れ離れになった君が浮かんでいました。勝手に姿を消して、かつては怒りも抱いていた君。ただ、今の彼の心は穏やかでした。

君が姿を消した当時、彼には何故そんなことが起こったのか、全く理解できませんでした。二人の間柄を考えれば、一言ぐらいあって然るべき。絆を感じていたのは、自分だけだったのか。彼は怒りに任せ、君との日々を忘れようとすらしたのでした。

彼はそれから、寂しさを埋めるが如く、目先の楽しさに飛びついて生きてきましたが、その日々で君を失った寂寥感が晴れることはありませんでした。忘れようとしても、完全には忘れきれない。彼にとって、君の存在はそれほどまでに大きかったのです。

突然の別れに戸惑った彼は、裏切られた気持ちになり、君との日々をゴミ箱に投げ込んでしまいました。ただ彼は、もう怒ってはいません。君には何か、特別な事情があったのでしょう。そう思えるようになってから、ぼやけていた君との日々も、鮮明に思い出せるようになりました。
忘れられていた君の言葉のイメージ

一覧に戻る

3. 君との日々

しっかりと思い出した君との日々は、強く輝いています。想い出の中の君は、素直ではなく、時には失礼ですらあったろう彼に、いつも優しく微笑んでくれていました。彼は、この日々を忘れようとしていた自分の愚かさに、ただ恥じ入るばかりでした。

あの頃の彼は、思ってもみないことを口にして君を困らせようとしたものです。今思えば、それもまた、限りなく愚かで恥ずかしい試みでした。彼を真っすぐにに見つめていた君の心に真っすぐ向き合わなかったのは、本当に臆病で愚かなことでした。

全てを肯定して欲しかった当時の我儘な彼は、君の言葉を耳障りに感じ、遠ざけたこともありました。しかし今の彼には、君がこれまで出会った誰よりも真摯だったと分かっています。だからこそ彼は今、君の言葉を大切に胸に抱き直したのでした。

君から離れた後で、欲望を追った自堕落な日々。その日々の中では、彼が望んだような滑らかな言葉を沢山見つけることが出来ました。しかし結局、それらの言葉は全てまやかしだったのです。彼はようやく、厳しさと優しさの混じった君の言葉こそが大切だったと気づいたのです。
君との日々が放つ輝きのイメージ

一覧に戻る

4. スワン

君との想い出を乱雑に扱った日々を越え、君の言葉を再び拾い上げた彼。驚くべきことに、その輝きは少しも失われていないようでした。後から振り返って気づいた優しい君の輝きそのままに、君との想い出もまた、色褪せぬ輝きを保っていたのでした。

目先の欲望に染まり、君との日々を無碍にした自分。そんな自分は果たして、君の言葉に恥じない日々を送る自分に変わることが出来るのか。そう考えだすと、まるで迷いの森に立ち入ったかのような、先を見通せない不安感に襲われることもありました。

ただ、そんな時に君の笑顔を思い出すと、君が厳しく、そして誰よりも優しく彼の背中を押してくれる気がしました。彼はこれからも、厳しくも温かい君の言葉を胸に歩き続けます。白鳥のように気高く美しい、君との日々に恥じない自分を作るために。

私にとっての「スワン」は、唐突な君との別れに戸惑い、その日々を記憶から消し去ろうとした主人公が、時を経てその過ちに気づき、君の言葉を噛みしめて成長していく物語。私は、「永遠の別れ」抜きでも、物語は成立すると考えています。いつか、二人が再会できるといいですね!
白鳥、スワンのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

歌詞では、彼が一度は、君の言葉を忘れようとしていたという描写が意味深だと感じています。今回はその理由を、別れが唐突過ぎて不信感を感じたからとして解釈しました。ただ彼は、それは誤解だったと思い直し、君の言葉を胸に抱き直すのです!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!