スピッツの曲

スピッツの「コスモス」の感想。「今日」を軸に、歌詞の意味も考察

コスモスのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「コスモスは、スピッツの5thシングル「日なたの窓に憧れて」のカップリングで、幻の中を彷徨うようなドリーミーな一曲。

以降では、そんな「コスモスの魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。今日この日、君の幻影に別れを告げる青年の物語を考えました。

「コスモス」とは

「コスモス」は、1992年に5thシングル「日なたの窓に憧れて」のカップリングとして発売され、後年「花鳥風月」にも収録されました。幻の霧の中を漂うような雰囲気を持ち、歌詞も相まって初期の曲に多い、儚げでやや危うい世界も漂う一曲です。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1コスモス幻の霧、ゆったり
「コスモス」に感じる雰囲気、霧のイメージ

1. 演奏への印象

「コスモス」の演奏には、ゆったりとした落ち着いた雰囲気を感じています。ただ、歌詞も考えると心安らぐという感じではなく、茫然自失の方が近いでしょうか。美しい世界の広がりと、その世界の中でただ立ち尽くす主人公の姿が浮かんできます。

演奏面では、ゆったりしたテンポの中で漂うような、ぼやけた感じのギターが気になります。優しく儚げな音色で、曲が持つ独特の雰囲気を作り出しています。どこか夢うつつとでも言うか、幻の霧とでも言うか、ぼんやりとした雰囲気を感じますね。

また、「コスモス」は全体的に高音域を使用せず中低音が続く楽曲であり、草野さんの少し掠れた声を堪能できます。初期のボーカルは輝く少年の声のイメージが強いのですが、「コスモス」を聴くと初期の時点でも深みを持った声だと感じますね。

コスモスのイメージ

2. 個人的な想い

「コスモス」を聴いて、「オーロラになれなかった人のために」の収録曲っぽい雰囲気を感じる人は多いでしょうが、私もそのうちの一人。曲の歌詞は生命を強く感じさせますが、それは例えば、オーロラの「ナイフ」に重なる要素だと言えるでしょう。

また、「コスモス」は歌詞の内容もそうですが、その描写の美しさにも興味を引かれます。その歌詞は、文学的とも詩的とも言えそうな奥深い雰囲気を醸し出しています。その雰囲気には、オーロラの「田舎の生活」に重なる要素を感じる私がいます。

また、「コスモス」は曲の雰囲気から言って、深みのあるハスキーボイスが活きる曲。デビュー当時のボーカルも素敵ですが、今の草野さんのより深みを増したボーカルでも聴いてみたいですね。また違った味わいのある「コスモス」になるでしょうね。

コスモスの花のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「コスモス」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「今日この日から」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、作詞意図に沿った「正解の解釈」より、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

約束の海に行く彼のイメージ

1. 考察の前提

コスモスの花言葉には純潔という意味があり、これは彼から見た君の印象を示すでしょう。なお、二人は友達以上恋人未満の関係だったとします。ただ、2番サビで描かれる「君に関する仮定」を逆説的に捉え、君は既にこの世を去っているとしました。

ところで、クロールは最も速度の出る泳ぎ方。そして、その泳法が時間と結びつく場合、それは体感時間の速さを示すと考えました。そこで、これは彼が君の想い出に浸って意識を手放すことが多く、飛び飛びの時間の中を生きている示唆としました。

また、彼が得た力は幸せの浮遊感ではなく、君を失って何も手につかなくなった感覚を示すと考えました。その力はある日を起点に続いてきたようですが、君を失った後も幸せと考えると違和感がありますし、サビでの乾きの描写ともぶつかるためです。

個人的に、冒頭の約束の描写とサビの今日を節目とする描写が気になります。そこで物語の筋書きを、彼は今日その約束をなぞることで、君の想い出に捕らわれた日々に永久の別れを告げようとしているとします。以降では、長く続いた乾いた日々から離れ往く青年の物語を考えます。
どこか超然とした主人公の心理状態のイメージ

一覧に戻る

2. あの約束

二人で海へ行く約束。果たされなかった約束。君は気づかなかったかもしれませんが、あの約束は彼にとって大きな意味を持っていました。偶然でも成り行きでもなく、準備される二人だけの時間。それは彼にとって、ただの友達の枠の外の約束でした。

彼のオンボロカーを飛ばし、あの海へ。助手席に初めて招く君と、少しぎこちない会話を交わしつつ、あの海へ。そして、美しく輝く海の魔法に包まれたなら、二人にはきっと何かが起こったはずです。二人の関係を変えたかもしれない、素敵な何かが。

そして彼は今日、あの約束をなぞるために、一人であの海へ行くつもりでした。約束と同じ日、同じ時間、同じ車で同じ場所へ。約束との違いは、たった一つだけです。一つだけの、しかし大きすぎる違い。大切な君が、彼の横に座ることはありません。

冷たくなった君の手を握った時、彼はそれまで温めていた全ての夢が崩れ去るのを感じたのでした。そしてあの日からずっと、彼は現実世界から切り離され、不思議な浮遊感の中で生きて来ました。全てが消え去ったと言うのに、何も変わらずに回り続ける世界をぼんやり眺めながら。
霧の中で生きるイメージ

一覧に戻る

3. この場所

海へと向かう前に、彼は君と出会った場所に立ち寄っていました。あの秋の日、ここでそよ風に揺られていた君。その清らかさを前に、太陽さえも恥じらいながら君を照らしていましたし、彼からしても、そんな君は息を呑むほど可憐に映ったのでした。

そして今日、また同じような秋の日。ただし、君はいません。君はその清純さを見初められ、既に天へと引き上げられたのです。君を想って見上げた青空には薄い月。彼の頬をそよ風が撫で、足元の花を揺らしました。凛と咲いた、コスモスの花を。

同じような空、同じような月、そして同じよう揺れるコスモス。そんな景色の中に佇んでいる彼は一瞬だけ、あの日に戻ったと錯覚するほどでした。しかし、あの日は既に過去であり、戻ることは出来ません。そして何より、君はもういないのです。

思えばあの日以来、彼はずっと君を探して生きてきました。目にした、聴こえた、感じた全てのことを君に結び付けては、期待とともに世界を見渡してきたのです。そして、そうして繰り返す失望はこれまでの彼を苦しめてきました。ただ彼は、今日この日を区切りとして・・・。
コスモスの花のイメージ

一覧に戻る

4. コスモス

君が天へと旅立ってからも、君を探し続けた彼。そして、君の影一つ見つけられずに、深く傷ついては想い出に逃げ込み、自分を癒そうとした彼。しかし、そんな日々は結局、彼の心を荒らすばかりでした。そう、本当は彼にも分かっていたのです。

君はもう、この世にはいないということを。世界の何処を見渡しても、君が見つかることはないということを。あの優しい微笑みを見ることは、もう二度とないということを。そして、自分はそれを受け入れて前へ進まなくてはいけないと言うことを。

だから彼は、今日君との約束をなぞり、その約束を天に帰すつもりでした。今日この日、彼は現実に目を背ける日々に永久の別れを告げるのです。コスモスのように可憐な君に、心からの愛を込めて。これまでありがとう、そしてさようなら、と。

私にとっての「コスモス」は、君との別れを受け入れられずに生きてきた彼が、君との約束をなぞることで君に捕らわれた日々に永久の別れを告げようとする物語。彼にとって、君は大切な想い出であり続けますが、現実逃避的な君への依存とは、今日この場所で決別していきます。
美しいコスモスのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

歌詞中の永遠の別れとは君が天に昇った過去ではなく、現実逃避的な生き方との別れ、つまり前向きな別れを指すとしました。また、二人を完全な恋仲としなかったのは、片想いの方が文学的に雰囲気にハマる気がしたという、完全な嗜好由来でした。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!