スピッツの曲

スピッツの「たまご」の魅力を語る。歌詞も独自目線で解釈

スピッツのたまごのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「たまご」は、スピッツの第5作目のアルバム「空の飛び方」の先頭を飾る楽曲。軽快なリズムを刻むドラムと謎めいた歌詞が印象的なポップなナンバーで、時折、ライブでも演奏されたりします。

この記事では、そんな「たまご」の印象を語りつつ、その歌詞の意味も考えます。「たまご」から生まれてくるヒヨコとは、一体?

「たまご」とは

「たまご」は、1994年にスピッツが発売した5thアルバム「空の飛び方」の先頭を飾る曲です。キャッチーなメロディーと謎めいた歌詞が魅力的で、スピッツの世界観が楽しめる一曲。「空の飛び方」において、不動の1番バッターです!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1たまごキャッチーポップ
たまごのイメージ

 

1. 演奏への印象

「たまご」の演奏には、全体としての歯切れのよさを感じています。傾向として、私がドラムに注目することはあまりありませんが、この曲のサビのドラムが創り出す雰囲気は、私好みです。軽快なドラムに乗って体を揺らす感じですね。

ボーカルは、それほど高音を使うという訳ではありませんが、中高音域を多用するため、スピッツらしさも満載です。余裕を持った可愛らしいポップなボーカルを楽しむことが出来ますが、本来、普通の男性では息も絶え絶えになる音域でしょう。

また、CD版の演奏はポップさが中心にあるように感じますが、ライブ版の演奏は結構ロックロックした感じに仕上がっていますね。特にサビでは、駆けまわる重低音のベースと、それを覆うパワーサウンドのギターが、かなりカッコいいです!

ライブ感のイメージ

 

2. 個人的な想い

「たまご」という楽曲は、かなりポップな曲。ある意味では、前作のポップアルバム「Crispy!」に入っていても、おかしくない楽曲です。ただ一方で、この「空の飛び方」の先頭バッターであってこその「たまご」という感覚もあります。

「空の飛び方」によって、アルバムとしては初めてオリコンチャート入りを果たしたスピッツの姿と、この「たまご」の歌詞を重ね合わせているのかもしれません。このアルバムで、スピッツはついにその殻を破り、世間に認められたのですから。

歌詞は、意味の繋がらない言葉を張り合わせた感じ。この曲は「たまご」がモチーフですから、その殻の中にいる、まだ見ぬ何かを歌った何かなのかもしれませんも。それが何かは別にして「初めての体験」を歌う曲だとも言えるでしょうか。

卵の殻を破る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「たまご」の歌詞を追いながら、その歌詞が意味する世界について考察していきます。今回の考察のテーマは、「世界を変える喜びの光」としました。その考察のテーマの補足として、以下の3つのトピックをご用意しました!

曲解釈はただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください!単純に、こういう話も当てはまるかもな、というだけの妄想です!

黒い翼で舞う

 

1. 彼の日々

人生は、射的。自分と言う名の球を打ち出して高得点を狙うのです。しかし、主人公は、そんな競争の生において、高得点を挙げることは出来ていません。何故なら彼自身を射出するのはアナログなピンボールであり、彼の操作技術も残念だからです。

世の中には、そんな彼よりずっと正確に、早く弾を発射することが出来る人もいます。彼が失敗を重ねるたびに、遠くでは誰かの成功の証であるピストルの音が響いています。その乾いた銃声は、そんな彼を嘲笑うかのようでもあります。

ピストルの相手とピンボールで張り合う彼を待ち受けているのは、当然ながら連戦連敗の日々です。誰かの勝利の雄たけびの影で、彼は、バナナのような三日月を見上げながら、涙を堪える苦しい日々を送ってきたのかもしれません。

三日月は、「幸運」を示すモチーフと考えられることもあるようです。彼が、そんな三日月が浮かぶ空を見て涙を堪えているのは、彼自身がその幸運を享受できていないという示唆かもしれません。彼は、幸運の月が照らす世界でも、自分だけは惨めだと感じているのでしょうか。
三日月の照らす世界のイメージ

一覧に戻る

2. 彼の賭け

彼は、自分の至らなさを思い知っては胸を痛め、涙を堪えながら三日月の空を見上げています。そして彼は、そんな自分自身をボロボロの雑巾に例えています。連戦連敗に打ちのめされた彼は、文字通り身も心も疲れ果てているに違いありません。

しかし、そんな彼は、一か八かの賭けに出ます。キツイお酒の代名詞でもあるテキーラを呷り、その勢いのままで走り出すのです。ピンボールを武器に生きてきた彼が、ピストルと張り合うためには、普段の彼には無い勢いが必要です。

そんな彼が自らを飛ばそうとする先は、君がいる場所。彼は、愛用の半分壊れかけたピンボールに乗り込み、その身を弾きとばします。君に届くことを強く願って、テキーラの力を借りた彼の賭け。果たして、その試みは功を奏するでしょうか。

彼にとっての君とは、高嶺の花のような存在でしょうか。彼からすれば、君は、争奪戦を呼ぶ存在。もちろん、壊れかけのピンボールが相棒の彼では、とてもピストルの相手には太刀打ちできません。そんな彼は、一発逆転を狙ってテキーラを呷り、その勢いで飛び出します!
ダッシュするイメージ

一覧に戻る

3. たまご

彼の一か八かの賭けは、成功したようです。彼は、君に届くことが出来たのですから。君の下にたどり着いたボロボロの彼は、なんと君の腕の中に招かれることになりました。これを成功と呼ばずして、何が成功と呼べるでしょうか。

彼は、君と何かしらの約束をすることも出来ました。指切りをする二人の姿が、サビでは歌われています。彼と君とが約束したことは、それほど大げさなことではないのでしょう。どこにでもある普通の約束であるという示唆が、サビでなされています。

ただ、その約束は、涙を呑む生活を続けてきた彼にとっては、大きな喜びです。なにせ、届く見込みの薄かった君と交わした約束なのですから。その約束は、彼にとっては新しい世界との邂逅であり、宇宙の真理が込められた物なのです。

私にとっての「たまご」は、日陰の人生を送ってきた主人公が、君との約束を通じて、それまで感じることが無かった喜びに直面する歌。彼が感じた宇宙や魂の真理とは、恋の喜びを胸に抱いたとき、世界の全てが無性に愛おしくなる感覚のことを示しているのかもしれませんね。
卵

一覧に戻る

 

さいごに

「たまご」の中には、何が入っているのでしょう。超個人的な感覚では、ドラクエ6のとある重要シーンが浮かんできます。たまごの中からヒヨコが生まれるとき、この世の全てを虹色に染め上げる美しい何かが、姿を見せるのではないでしょうか。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!