スピッツの曲

スピッツの「アカネ」の魅力を語る。歌詞の意味も独自視点で考察

茜色の世界のイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「アカネは、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。アルバムを締めくくる、温かく前向きな雰囲気が魅力的な楽曲です。

この記事では、そんな「アカネ」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。温かなアカネ色の夕日を目指す、主人公の心情とはいったい?

「アカネ」とは

「アカネ」は、スピッツが2000年に発売した9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。前曲の「ジュテーム?」は、穏やかさと切なさを感じるバラードでしたが、この「アカネ」は、スピッツの持つ温かさを感じさせる、軽快で前向きな楽曲です。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1アカネ明るく、優しく、少し切なく
アカネの温かなイメージ

1. 演奏への印象

「アカネ」が収録されている「ハヤブサ」は、ロックバンドとしてのスピッツを再確認するための音楽、トンガリが目立つ曲が多かったですが、この「アカネ」は、やや例外的な雰囲気を持ち、穏やかさや温かさを前面に感じることが出来ます。

歌詞内で夕日の世界に関する描写があるわけではなく、あくまで赤い夕陽を待つ心境が歌われるだけですが、私としては、演奏全体に夕日の世界の切ない雰囲気を感じています。特に、間奏でのぼやけた感じのギターソロが切なさ成分が強いですね。

ただ「アカネ」は、感傷ばかりが目立つ曲ではありません。切なさを胸に抱きつつも前進しようとする意思が、力強いボーカルに溢れています。また、テンポはミディアムですが、軽快なドラムは耳に残り、前向きな雰囲気を強めていると感じます。

アカネがイメージさせる優しい世界

2. 個人的な想い

ロック色を前面に出し、トンガリ成分を感じる曲が並ぶ「ハヤブサ」の中で、この「アカネ」は、スピッツの持つ素朴な優しさが表出した曲だと感じています。どちらが良いと言うことではなく、この雰囲気もまた、私の大好きなスピッツの姿です。

私にとっての「アカネ」は、切ない別れ再会への希望を感じる曲。この曲がアルバムの最後に配置されていることで、ホッとする安心感が生まれています。「今回はここまで。また逢う日まで、お元気で!」とでも言われているかのようです。

また、純朴なエネルギーを曲の中心に感じる点で、私は「アカネ」に後年の楽曲である「稲穂」に通じるものを感じています。どちらも、夕日が持つ穏やかな優しさを扱う曲ですし、曲を聴いたときに心に浮かぶ、穏やかな情景も似通っていますね。

優しい世界のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「アカネ」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「約束を信じて進め」としました。また、そのテーマを補足するため、以下の3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

夕焼けに照らされた君のイメージ

1. 考察の前提

アルバムを締めくくる「アカネ」には、温かな大団円といった印象があります。優しく微笑んだ夕日が、穏やかに手を振ってくれる気がしますし、しばしの別れを受け入れ、それぞれの道を一生懸命に進もう、という励ましが聴こえるかのようです。

そんな私が「アカネ」に感じるのは、別れの切なさを飲み込み、運命が二人を再び引き合わせるまで互いの道をしっかり歩もうという声。別れと再会を明るく歌った「アカネ」には、後年の「こんにちは」に似た前向きな雰囲気を感じています。

なお、歌詞には主人公と君が登場し、彼が君を大切に想う描写があります。ただ私にとっての「アカネ」はラブソングというより、人生の歩みを歌った曲。以降では、大切な君の姿を胸に、いつか来る再会の日を目指して歩く彼の物語を考えます!

今回の解釈では、歌詞だけではなく、私が「アカネ」の演奏に感じるイメージも重視します。そんな私の脳裏に浮かぶのは、切なさを感じながらも顔を上げ、一歩ずつ進む主人公の姿。悲しいことも多く涙の雨も降る道ですが、温かく優しい夕日の光もまた、その道を照らしています。
温かい気分で進む彼のイメージ

一覧に戻る

2. 強がりの笑顔

ついに、君との別れの日がやってきました。これまでいつでも一緒だった二人ですが、今日この時からは、二人はそれぞれの道を行かねばなりません。そして彼は、この定めを受け入れ、心晴れやかに君と別れることが出来ると思っていました。

しかし、どうやら彼の予想は外れてしまったようです。今、二又路に直面した彼の心を染めるのは、紛れもない悲しみなのです。今の彼にとって、この別れが二人のためになるなどということは、全くのデタラメのようにすら思えてきます。

しかしそれでも、この定めから逃れることは出来ません。今の彼がすべきことは、この別れを前向きに捉える心を持つこと。たとえそれが嘘だとしても、強がりの心が必要なのです。まさに今、笑顔で手を振り合った二人の道が、別たれていきます。

彼にとって新しい日は、予想に反して悲しい日になりました。しかしそれでも、彼が俯くことはありません。たとえそれが強がりだとしても、再会の約束を想う希望で胸を満たし、彼は一歩ずつ歩き始めるのです。二人が交わした約束が、彼の道を赤く優しく染めることを願いつつ。
二つの道、分かれる二人の道のイメージ

一覧に戻る

3. アカネ

大切な君と別れてから、もう随分と長い時間が経ちました。かつて交わした君との約束は、まだ彼の胸にあります。ただ、冷たい雨に打たれて歩けば、弱気の涙が流れることもありましたし、冷えた心があの約束は叶わないと囁くこともありました。

ただそんなときでも、最終的には彼は涙を払って、前に進み続けてきました。君と交わした再会の約束は、彼という存在の全てに沁み込んで、意識的にも無意識的にも彼を動かすのです。彼は結局のところ、いつでも君と一緒だったのです。

彼は今も、君との再会を信じ、歩み続けています。その日がいつかは、分かりません。ただし、二人の道が再び交わったとき、全てを赤く染める夕日が二人を照らすことは確信しています。彼は、その夕日の到来を信じ、今日も自分の道を往くのです。

私にとっての「アカネ」は、大切な君への想いを胸に抱き、いつか来る再会の日を目指して、自分の道を歩み続ける主人公の物語。一人で道を往くことは楽ではありませんが、彼の胸の中には、いつも君への想いがあります。そしてその輝きは、全てを優しく染めるアカネ色なのです。
アカネい色の世界のイメージ

一覧に戻る

さいごに

考えてみると、スピッツには夕日をモチーフにした曲が多いですね。「アカネ」以外でも、「夕日が笑う、君も笑う」、「大宮サンセット」、「稲穂」、「恋は夕暮れ」、「夕焼け」など。どの曲の夕日も、優しい輝きで曲を包んでいます!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!