スピッツの曲

スピッツの「ジュテーム?」の魅力を語る。歌詞の意味も独自考察

明暗ともに含んだ彼の恋、ジュテームのイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「ジュテーム?は、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」に収録された楽曲。「許されない恋」を思わせる歌詞が様々な憶測を呼ぶ、穏やかさと切なさを感じるしっとり系ラブソングですね。

この記事では、そんな「ジュテーム?」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。恋に罪の意識を抱える主人公は、どんな人物でしょうか?

スポンサーリンク

「ジュテーム?」とは

「ジュテーム?」は、スピッツが2000年に発売した9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲。前曲の「俺の赤い星」は、少しダークな雰囲気も感じる迫力のある曲でしたが、この「ジュテーム?」は、甘さと悲しみを感じるしっとりラブバラードです。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1ジュテーム?甘く悲しく
ジュテーム?の優しくリラックスした雰囲気のイメージ

1. 演奏への印象

「ジュテーム?」の演奏の中心になるのは、間違いなく草野さんのアコギ。殆ど全編にわたって、草野さんの弾き語りスタイルです。スピッツらしいベースもエレキギターも、ドラムスもありません。シンプルな演奏の中に、優しい温かみを感じますね。

そんな演奏の中に、間奏部分で唯一加わってくるのが「二胡」という中国の伝統楽器とのこと。その音色は、バイオリンによく似たものですね。演奏を構成する二つの楽器、アコギには純朴な穏やかさと甘さを、「二胡」には悲しさと優雅さを感じています。

また、演奏がシンプルですから、草野さんのボーカルもより細部まで聞こえてきます。ファンになる前は、輝く少年の声との印象が強かったですが、実際はハスキーな声質も持っていたりもします。甘く切ないボーカルを感じることが出来る楽曲ですね。

ギターのイメージ

2. 個人的な想い

ここまでのアルバムの流れを考えると、中間に配置されていたインスト曲「宇宙虫」を除いて、ロックな雰囲気が貫かれていました。穏やかで甘い「ジュテーム?」は、アルバム13曲目にして初めて登場した、異色の曲とも言えるでしょう。

アコギを従えた弾き語り的バラードという型から言えば、初期の楽曲「うめぼし」との類似点もありますが、曲の印象は異なります。「うめぼし」に「ジュテーム?」ほどの甘さは感じませんし、 「ジュテーム?」は、切なさ成分がより強めです。

また、「ジュテーム?」にhiCの高音が登場するのも気になります。裏声以外では、スピッツ曲はhiBを上限とすることが多いため、何となくの特別感があります。既定の姿を越える、というアルバムの心意気がここにも現れているのでしょうか。

ジュテームの世界観のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「ジュテーム?」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「進むも退くも」としました。また、そのテーマを補足するため、以下の3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

進も退くも出来ず悩む彼のイメージ

1. 考察の前提

タイトルの「ジュテーム」とは、フランス語で「私は貴方を愛している」という意味ですが、憶測を呼ぶのが、この表現が疑問形であること。「ジュテーム?」は、主人公が優しい君に向ける複雑な感情を歌った曲だと考えて良いでしょう。

サビの歌詞も、複雑な感情を思わせます。そこでは、二人でいることが「素敵なこと」とされつつも、同時に「良くないこと」ともされているのです。この描写は、二人の関係が、何らかの意味で不適切なものであることを示唆しています。

また彼は、君に向ける「ジュテーム」に似た感情を愚かだと自嘲したり、自分の行動が間違っていると考えてもいます。ただそれでも、君の温もりは限りなく優しいものなのです。落ちるべきではないが、止めることが出来ない恋を感じる曲ですね。

この恋が不適切な理由は、推測するしかないので掘り下げません。私にはその恋が罪深い理由よりも、彼が罪の意識を抱いている事実の方が重要なのです。以降では「ジュテーム?」を、極端な二面性を持った恋に落ち、進むも退くも出来ない彼の苦悩を描いた曲として解釈します。
甘くて苦い彼の恋のイメージ

一覧に戻る

2. 光と影の恋

彼にとって、君と一緒にいる時間は、何より素敵な時間です。君と過ごしていると、ありとあらゆるものが美しく、そして優しく見えてくるのです。彼は、君が自分に向ける優しい微笑みに、魅惑的な美ではなく穏やかな母性を感じています。

そんな君が思い起こさせるのは、彼の少年時代の心。泥んこになって遊んだ帰り道。闇が広がり始めた世界と、遠くから漂ってくるカレーの匂い。夕飯への期待に胸を膨らませ、疲れも知らずに駆け出すような、純なる充実感を思い出すのでした。

彼は、そんな君との関係をどう言い表せばよいか、ずっと考えてきました。君は、そんなことは重要ではないと言いますが、これが彼なりの優しい君への礼儀の尽くし方でした。もし、二人の関係が単純明快であったなら、どんなに楽だったでしょうか。

そう本当は、彼と君は一緒にいてはいけない二人なのです。彼も君も、そのことを十分に理解しています。だから君は、二人の間にある何か具体的な形で定義しようとはしないのです。甘く優しい幸せだけでなく、この上ない苦悩をも運ぶ恋に揺られる彼は、今日も悩み続けます。
夕闇がやってくる世界のイメージ

一覧に戻る

3. ジュテーム?

二人は本来、一緒にいてはいけない二人。その関係を断ち切ることが出来ないとしても、お互いに上手く利用し合うようなドライさを持つのが、二人のためになるはずです。しかし、彼の胸にある感情は、そんなドライさとは対極にある何かでした。

その何かに最も近い言葉を、彼は呟きます。「ジュテーム?」。彼が君を愛しているとしたら、それは本当に馬鹿なことです。間違いだらけの恋は、上辺を撫でて楽しむべきであり、本気で身を沈めるのは、自ら破滅の海に飛び込むようなものです。

君の温もりに包まれるときは、彼は「ジュテーム!」と叫びたいほど、愛が自分の気持ちだと認めたくなります。ただ、もし彼がその道を往くなら、より一層の罪を重ねていくことになるでしょう。愛と罪の狭間で揺れる彼は、今日も悩み続けるのです。

私にとっての「ジュテーム?」は、本来一緒にいるべきでない君との関係を、捨て去ることも割り切ることも出来ずに悩む主人公の物語。彼には、間違いだらけの恋を断ち切る強さもなければ、割り切って快楽の幻に溺れるドライさもないのです。純情ゆえに苦しむ青年の恋、ですね。
涙にも濡れる複雑な恋のイメージ

一覧に戻る

さいごに

二人の関係が不適切なのは、浮気などの道義的な理由だとするのが最も自然でしょう。ただ、主人公と君に感じる純情に、不義の行為を上手く重ねられない自分もいます。極端な妄想ですが、「身分差の恋」などの方が、個人的にはしっくりきますね。

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!