スピッツの曲

スピッツの「魔法」の感想。「魔法と風」を軸に、歌詞の意味も考察

「魔法」のイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「魔法は、「オーロラになれなかった人のために」の先頭を切る一曲。オーケストラアレンジが映える、明るさを持つ曲ですね。

以降では、「魔法の魅力を語りつつ、歌詞も考察。大切な君と一緒に過ごす温かな世界を目前に、冷たい風を感じた主人公は・・・。

「魔法」とは

「魔法」は、スピッツが1992年に発売した「オーロラになれなかった人のために」の収録曲。オーケストラアレンジが優美さと壮大さを演出する明るい一曲ですね。ただし、長い後奏では明るさが失われるため、一筋縄ではいかない曲との印象もあります。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1魔法明るく寂しい
華やかな演奏のイメージ

1. 演奏への印象

「魔法」には、オーケストラアレンジの華やかな印象が強いです。そんな「魔法」が運ぶワクワク感には、そのアレンジはともかく「見っけ」に通じるものを感じています。どちらの曲もアルバムの先頭曲で、楽し気な雰囲気を振りまく曲ですね。

ただ、「魔法」と「見っけ」では、後奏の雰囲気が大きく異なります。「見っけ」では楽し気な雰囲気が続きますが、「魔法」ではその表情が一変。宇宙空間を漂うかのような虚無感を感じる後奏には、曲中のウキウキが全て幻だったと感じるほどです。

もちろん、この印象は「魔法」が属するアルバム全体の印象、そしてそのアルバムでの立ち位置に大きく影響を受けたものです。ただ、ウキウキ100%で閉めることも出来た中で、あえて微睡みの後奏を入れたことには、特別な何かを感じる私がいますね。

ウキウキから一転、暗めの後奏のイメージ

2. 個人的な想い

ところで、私はこの「魔法」にとても個人的な印象を重ねてもいます。その印象とは、私が子どもの頃好きだったゲーム「FF8」との繋がり。ゲーム内でバンド演奏をするシーンがあるのですが、その際の演奏の雰囲気がイントロの雰囲気と被るのです。

時系列的には「魔法」の発売はFF8よりも先ですが、私が本格的にスピッツを知ったのは2010年であるため、個人的な順番は逆。そんなわけで、「魔法」のイントロを聴くと、ゲーム内シーンの中心キャラ、「セルフィ」が浮かんで来ますね(笑)

実際、「魔法」のイントロにゲーム内の曲の主旋律を続けてみると結構フィットします。音楽理論は門外漢ですが、コード進行が似ているのかもしれません。いずれにせよ、私はFF8も大好きなので、「魔法」の印象にはその気持ちがプラスされますね!

ゲームのイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「魔法」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。なお、今回の歌詞解釈のテーマは、「希望の魔法と冷たい風」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の2つのトピックを準備してみました!

解釈は私の感想に過ぎず、全くもって他人に押し付けるものではありません。また、作詞意図に沿った「正解の解釈」より、私の感想が優先されます。なお以下で、私の解釈のスタンスまとめています

彼の目の前に広がる河のイメージ

1. 考察の前提

これは別に公式発表でもなんでもなくただの私の感想ですが、私は「魔法」が収録された「オーロラになれなかった人のために」は一続きの物語と感じています。そこで、今回の「魔法」の解釈でも、アルバム全体の流れを考えつつ解釈していきます。

なお、物語全体の流れは、田舎での君との小さな幸せを望んだ青年が、出て来た街での生活で純心を汚され、澱み極まり君に不信を抱き、後に自らの過ちを知るも、君のためと考え君に別れを突き付ける一方、内心秘かに君を想い続けるというものとします。

そして、この「魔法」は他の収録曲が完成した後に追加された曲ということもあり、今回の「一続きの物語」の解釈でも時系列的に最新とします。つまり、「魔法」は全てが決着した後の物語であり、彼と君とはもう永遠の別れを済ませた後だとします。

つまり、「魔法」のワクワク感は実は自己催眠ということ。そして、君と一緒の楽しい催眠から醒めて寂しい現実に戻った感覚が、後奏の雰囲気に表れているという解釈になります。以降では、最終的に一人となった主人公が、大切な君を想って現実逃避の妄想をする物語を考えます。
催眠のイメージ

一覧に戻る

2. 魔法

ああ、その時はもうすぐ。世界に広がる闇も、すぐに打ち払われるでしょう。心を陰鬱な色で塗りたくるこの嘘っぱちの世界を越え、真実の世界へ。君のいない、この嘘の世界はもうここまで。これから彼は真実の世界、二人だけの世界で生きるのです。

もう一度、君と幸せに。夜空で朧気に輝くあの星も、そんな無垢なる願いを叶えるために力を貸してくれそうです。もうすぐ彼は、一度は手放してしまった笑顔に包まれるでしょう。そのとき彼は、君こそが人生の意味だと確信するに違いありません。

沈んでいた胸の内からも、希望の歌が高らかに響き始めました。その美しき調べは、瞬く間に輝く魔法に変わり、深き闇を消し飛ばしてくれました。目の前に現れたこの河を越えれば、そこは君と一緒の幸せな世界です!ああ、なんて冷たい風・・・。

私にとっての「魔法」は、大切な君と別れ一人となってしまった主人公が、君と一緒の世界を妄想する物語。ワクワクと希望を感じる曲の中で二度も登場する冷たい風は、彼の魔法の力が十分ではないことを示しています。彼は、魔法の中でも現実の冷たさを感じているのですから。
彼の眼前に広がった川のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「涙」で君に別れを告げた彼は、君に冷たく振舞ったでしょう。彼の目的は、君を自分から解き放って君を幸せに導くことなのですから。もちろん、彼は今でも君を大切に想っています。だからこそ彼は、叶わなかった君との幸せを想い続けるのです。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!