スピッツの曲

スピッツの「放浪カモメはどこまでも」の魅力を語る。「成長」を軸に、歌詞も考察

大空を舞う放浪カモメのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「放浪カモメはどこまでもは、スピッツの9thアルバム「ハヤブサ」に収録された、ロックの旗がはためくトンガリナンバーです。

この記事では、そんな「放浪カモメはどこまでも」の魅力を語り、歌詞解釈にも挑戦します。今回の考察の主題は、「成長」としました!

「放浪カモメはどこまでも」とは

「放浪カモメはどこまでも」は、2000年にスピッツが発売した9thアルバム「ハヤブサ」の収録曲です。前曲の「」は、爽やかなエナジーに溢れた小曲でしたが、この「放浪カモメはどこまでも」は、より迫力のあるスピッツロック曲です!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1放浪カモメはどこまでもスピッツロック
放浪カモメのイメージ

1. 演奏への印象

「放浪カモメはどこまでも」の演奏には、スピッツというバンドの本質的な音楽が詰まっています。つまり、柔らかい雰囲気の「フェイクファー」からの揺り戻し、彼らが本来持っているロックバンドとしての迫力を、この演奏に感じるのです。

「放浪カモメはどこまでも」の演奏面では、動き回るベースとロックなコードギターと絡み合い、ロック旗の主柱を作っています。また、メロの手数の多いドラムと、サビでパターンを変えたシンプルなドラムは、曲全体に推進力を生み出していますね。

また、「放浪カモメはどこまでも」はライブ映えする曲の一つですが、ライブでこの曲を歌う際の草野さんは、かなり気合が入っている印象。ボーカルもいつもの素直なスタイルからやや離れ、少し鼻にかけたパンク的な強い声になる印象があります。

ロックバンド的イメージ

2. 個人的な想い

演奏を聴けば、「放浪カモメはどこまでも」に込められたロックな意図は明らかですが、曲PVでもそれが追認できます。PVでは、ライブハウスでイキイキと演奏するスピッツメンバーと、それに熱狂する観客の姿が映っていますが、まさにロックです。

そんな正統派ロックサウンドが響き渡る「放浪カモメはどこまでも」ですが、スピッツらしい遊び心も感じています。脈絡のない謙譲語が使用される歌詞もそうですが、一番気になるのは、重低音サウンドの中に突如現れる、甲高いキーボードのソロです。

私は、ロックな雰囲気からは強い意思を、甲高くヒョロヒョロなソロからは、我が道を往く感と同時に、やや頼りない姿を感じています。これらを併せ、私はこの曲に「弱さを抱えながらも強がる青年」という、共感を覚える等身大の人物像を重ねています。

ちょっとだけ頼りないが頑張る青年のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「放浪カモメはどこまでも」の歌詞を追いながら、歌詞の意味を考えていくことにします。そんな今回の考察のテーマは、「澄み切った心で」としました。また、そのテーマを補足するため、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

向かい風に立ち向かうイメージ

1. 考察の前提

先述したように、「放浪カモメはどこまでも」は、スピッツのロック魂が表出した曲だと感じています。なお私は、ロックの魂とは、合理的な枠の中で考えることではなく、体の中に自然と湧き上がる本能的エナジーを大切にする魂であると感じています。

そんな私は、この曲はありのままの命の輝きを扱っていると感じています。その輝きは例えば、野生動物が持つもの。大自然は、動物達に多くの苦境をもたらしますが、動物たちは絶望に捉われず、強いバイタリティを輝かせ、日々を渡るのです。

また、モチーフがカモメである点も注目したいです。カモメは、普通は群れをなすものであり、これは私たち人間の性質とも重なる部分があるでしょう。しかし、今回のカモメは、群れから離れて我が道を往き、自らの命を輝かせるカモメです。

サビでは溢れんばかりの愛が歌われるため、この曲は主人公による大好きな君への求愛ソングと捉えるべきかもしれません。ただ今回は、曲背景と演奏の雰囲気を考慮し、「抑圧からの解放」と「自己発現」という二点に焦点を当てて「放浪カモメはどこまでも」を解釈していきます!
放浪するカモメのイメージ

一覧に戻る

2. 世界の教え

「我慢を知って堅実に生きれば、幸せが訪れる」。そんなセリフを何度、その身に受けてきたことでしょうか。世界を飛び交うのは、そんな言葉ばかりです。自分らしく生きたいと願うことは、大人の世界ではジョークに過ぎないのでしょうか。

「自分らしく」など、世間知らずの子供の戯言。そんな虚言に拘り続ける者は、世界での落伍者となる。反対に、忍耐と知恵を身に着け、堅実に生きる者は幸せになる。半信半疑のまま、彼がそんな世界の金言に日々を捧げ、もう何年たったことでしょう。

そんな彼の「金言の日々」では、彼に幸せが訪れる気配はありません。それどころか、涙に濡れる日が増えています。世界から与えられた金言は、彼にとっての真実だったのでしょうか。彼は、世界の求める枠で生きることに、疑問を持ち始めます。

自分らしく生きようとすることが、馬鹿みたいな冗談とされる世界は、彼にとっては悲しい世界だというのが、彼の結論でした。彼は、堅実の掟にハマって生きる日々には、涙の雨に濡れる結末が待っているだけだと悟ったのです。自分らしく生きる日々を目指し、彼は旅立ちます!
雨上がりの心のイメージ

一覧に戻る

3. 浮いては沈み

世界の教えの中から飛び出した彼は、自由気ままに彷徨い始めました。吹き付ける風は強いですが、彼はその風すら心地よく感じています。彼の行く手を阻もうとする風の存在は、彼が世界の教えの外を飛んでいる証明でもあるのですから。

ただ彼は、完全に生まれ変わったわけではありません。今の自由な自分を作ったのは、過去の涙にくれた自分自身の決断。そんな自分と決別するのは、あまりに自分勝手ではありませんか。彼は、過去のみっともない彼も含めてこその彼なのです。

完璧ではない彼ですから、その旅路も寄り道だらけ。いいなと思った光を考えなしに追っては、がっかりすることの繰り返し。本当に必要なものが何かも、まだ分かりません。ただ、こんな浮き沈みのある日々も、未熟な彼らしいではありませんか。

世界を彩る煌めきは、魅力的に見えてもガッカリさせられる物ばかり。ただ、飾らない夕日は全てを赤く染め、彼の心も優しく照らしてくれます。彼のこれからも、成功続きの日々にはならないでしょう。ただ、夕日が彼の心を温めてくれるなら、彼は何度でも飛び立てるはずです。
夕日に励まされる彼のイメージ

一覧に戻る

4. 放浪カモメはどこまでも

彼の旅路は、期待と失望を繰り返す日々です。ただ、吹き付ける風と温かな夕日は、彼に活力を与えてくれます。そんな旅を続けるうちに彼は、本当に必要なものが何なのか、分かってきました。それが、夕日のような温かな愛の光だったのです。

彼が探すべきは、派手に世界を彩る光ではなく、飾らずに世界を照らす夕日のような愛の光。そんな彼は、今以上にありのままの自分になる必要があります。飾らない光に受け入れてもらうため、彼自身も澄み切った素直な心を持たなくてはいけません。

彼が最高に素直な心に至ったとき、その光を見つけることも出来るでしょう。そして彼がその光に出会ったなら、ありったけの純情を込めた挨拶をするつもりです。彼は、いつかその光に出会う日を夢見つつ、どこまでも飛んでいきます

私にとっての「放浪カモメはどこまでも」は、抑圧的な世界で生きてきた主人公が、そのくびきから逃れ、自分らしく大空を舞わんとする物語。自分らしさを貫く勇気をくれる「放浪カモメはどこまでも」には、Queenの「Spread Your Wings」に近いイメージを重ねています!
カモメが大空を舞うイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

この「放浪カモメはどこまでも」は、演奏にしても歌詞にしても、スピッツらしさが詰まっています。スピッツが描く等身大、ちょっと頼りないけれども自分の意思を貫こうとする主人公像は、スピッツの十八番であり、いつも勇気をもらっています!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!