スピッツのアルバム

【アルバム感想】スピッツの「フェイクファー」を全曲レビュー!

フェイクファーのイメージ
こんな記事

「フェイクファー」は、スピッツが1998年に発売した第8作目のアルバム。前作の「インディゴ地平線」から2年越しの作品ですね。

「フェイクファー」は、所謂「スピッツっぽい」ラブバラードが多数収録されたアルバム。ときに「問題児」のように扱われることもあるようですが、私としては、温かな雰囲気がお気に入りの一枚です。

このページは、そんな「フェイクファー」の個別レビューをまとめたページです。特におススメする曲も、何曲か紹介していきます!

スポンサーリンク

収録曲一覧

「フェイクファー」は、美しい愛の歌が多数収録されているなど、柔らかいイメージを持った作品です。ロックバンドっぽくはないかもしれませんが、ロックが音楽の全てではありません。スピッツの奏でる美しい楽曲たちを、一緒に楽しみましょう!

曲名属性おススメ度
1エトランゼ幻想的な小曲
2センチメンタルスピッツロック
3冷たい頬意味深バラード
4運命の人ポップ&ロック
5仲良し爽やかで切ない
6スピッツの代名詞
7スーパーノヴァ変化球ロック
8ただ春を待つ不思議な変化球
9謝々!ウキウキラブソング
10ウィリーマイペース&ロック
11スカーレット一つの到達点
12フェイクファー優しく温かい
上表の曲タイトルをクリックすると、個別レビュー記事へジャンプします。こうしてみると、やはり知名度の高いラブソングが目白押しですね。赤字の曲が特に有名な曲ですが、爽やかで美しい「仲良し」やウキウキした気分が広がる「謝々!」 など、他の曲もおススメですよ!

さいごに

こうして収録楽曲を並べてみると、「フェイクファー」が名盤であることに、疑いの余地はありません。あえて1曲だけを挙げるなら、タイトル曲の「フェイクファー」。まさにアルバム全体を象徴する、温かく美しい雰囲気を持ったお気に入り曲です!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!