スピッツのアルバム

【アルバム感想】スピッツの「オーロラになれなかった人のために」の全曲レビュー!

オーロラのイメージ

こんな記事

「オーロラになれなかった人のために」は、スピッツが1992年に発売した、他作品とは雰囲気の異なる、5曲入りのミニアルバムです。

私の個人的感想ですが、このアルバムの収録曲は全て繋がって一つの物語を紡いでいると感じるので、その設定で全曲を解釈しています。

このページは、そんな「オーロラになれなかった人のために」のレビュー記事をまとめたページ。さぁ、オーロラの浮かぶ夜空へ・・・。

収録曲一覧

タイトルのオーロラは、美しいものの象徴と感じています。従って、そのオーロラになれなかったとするタイトルは、叶わなかった夢を示唆するとします。そこで、以降では将来を一緒に過ごすはずだった二人に訪れた、悲哀の物語を考えていきます。

曲名属性物語の順番 ( 1→5 )おススメ度
1魔法明るく寂しい5
2田舎の生活美しく切ない1
3ナイフ危うく脆い2
4海ねこ空元気3
5悲しく優しく4
上表の曲タイトルをクリックすると、個別レビュー記事へジャンプします。今回、私が考えた物語は時系列的に「田舎の生活」に始まり、「ナイフ」、「海ねこ」と流れ、「涙」で実質的な終焉を迎えるものです。そして、1曲目の「魔法」がエピローグ的に流れて幕を下ろします。

さいごに

私が「オーロラ」を聴いて感じたのが、Queenの最高傑作の一つ「QueenⅡ」でした。フレディ・マーキュリーによる一筋の妖精譚が続くアルバム後半部分と、「オーロラ」に漂う雰囲気が幻想性という一点で繋がり、一連の物語との感覚が生まれました。

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!