スピッツの曲

スピッツの「波のり」。驚きの歌詞から始まる波のりの終着点は

スピッツ「波のり」のイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「波のり」は、スピッツの3rdアルバム「惑星のかけら」に収録のお気楽ポップロック。出だしの歌詞にもびっくり(笑)

この記事では、そんな「波のり」の魅力を語りつつ、歌詞の意味する世界を覗き見ます。波乗りした主人公は、何処へ行く

「波のり」とは

「波のり」は、1992年に発売されたスピッツの3rdアルバム「惑星のかけら」の収録曲で、前曲の「白い炎」と同じく明るいロック曲です。ただ、曲が放つ雰囲気はかなり幼くなって、お気楽なポップ感が強まった楽曲になっています。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1波のりお気楽ロック
波乗り

1. 演奏への印象

「波のり」の演奏は、ポップさを主軸に感じながらも、演奏自体はロックバンドのそれになっていると思います。演奏開始前のカウント取りなども含め、ジャムセッションで録音した音源がそのまま聴けるようなライブ感もあります。

ベースラインのノリノリ感が、特にお気に入りですね。「波のり」というタイトルにふさわしく、メロディーラインの波に乗って曲内を駆け回るメロのベースは、一聴の価値あり。サビになるとまったり、のんびりした感じになるのも面白いですね。

また、ギターサウンドも明るくていいですね。特に、間奏のギターソロが心地よいです。E.T.に出てくる空飛ぶ自転車ではありませんが、「波のり」した主人公が、晴れた空に向かって舞い上がっていくような高揚感を感じています。

波乗りの情景のイメージ

 

2. 個人的な想い

「波のり」を初めて聴いたなら、確実に出だしの歌詞に気を留めることでしょう。私も初めに聴いたとき、聴き間違ったと思って歌詞カードを見てしまいました。まあ、結果的に間違いではなかったのですが、初期スピッツらしいと言えばそうですね。

ただ、その衝撃的な歌詞とは裏腹に、この曲にピンクなイメージを重ねているかと言うと、私はそうではありません。この曲にイメージする色は、青空と雲を象徴する青色と白色。そして、その色彩の中心に、若すぎる主人公像を感じています。

「波のり」とありますが、イメージの中心にあるのは、海ではなく空です。歌詞にも、「飛ぶ」という描写がありますし、サビのバックコーラスにも強い浮遊感を感じています。主人公のウキウキして舞い上がった気持ちも、空に繋がる要素です。

この曲のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「波のり」の歌詞を見ながら、その歌詞が意味する世界について考えていきます。今回の考察のテーマは、「お迎え参上!」としてみました。そして、そんな考察を構築するトピックとして、以下の3つをご用意しました。!

曲解釈はただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください!単純に、こういう話も当てはまるかもな、というだけの妄想です!

サーフボードのイメージ

 

1. 彼の姿

冒頭に出てくるケースとは、とある民族における「勇敢さ」を示す装身具だということですが、この曲での意味は、もう少し広く「個性」を示す物と考えました。つまり、人とは違うケースを持つ主人公は、個性的ということです。

また彼は、自分のケースが他人と違うことを「もう気にしない」と言っています。逆を言えば、この曲が始まる以前の過去の彼は、変わり者の自分の姿を気にしていたのでしょう。彼は、他人に合わせるのを止め、自分らしさを受け入れ始めたのです。

2番のメロの冒頭では、涙に関する描写があります。この描写が彼自身の心情描写かは微妙な所ですが、私は彼の描写と考えました。彼は、過去に失っていた涙を、タンク一杯にため込んでいますが、これは彼が情緒を取り戻した示唆かもしれません。

悩みを気にしないと宣言した彼は、恋の色のボードに乗って、君の下へ飛んでいきます。彼は、自分らしさを受け入れたことで、干乾びていた涙を取り戻し、自分自身の感情をも取り戻すのです。そして勿論、彼にこの前向きな変化をもたらしたのは、君への恋心に違いありません。

一覧に戻る

2. 君の姿

君は、彼が想いを寄せる女性。ただし、2番メロでの彼は、君の記憶の中に自分が残っているか気にしています。つまり、彼と君の二人には、過去に何らかの接触があったものの、曲時点においては、深い関係にあるとは言えないでしょう。

また、2番のメロの中に出てくる水着の少女の存在も気になります。「少女」は、言葉の意味的には20歳くらいまでの年齢を含むようです。ですから君=水着の少女と考えることも出来るでしょうか。また、君の性格が天真爛漫という示唆もある気もします。

また、君が疲れた感じのロバに乗っているとされているのは、君が完全に自立しておらず、成熟した大人である両親の保護下にあるという示唆かもしれません。また、ロバの描写が辛辣なのは、彼がそのロバを良く思えないからでしょうか。

そして彼は、そんな状況の君に対して、「それで、本当に満足かな?」と、疑問を投げかけているのではないでしょうか。彼からすれば、君の日々は、感情を無くして暮らさなくてはならない日々にも思えるのでしょう。そんな日々の空虚さは、彼もよく知るところです。
疲れたロバのイメージ

一覧に戻る

3. 波のり

彼は、君を「お迎えにあがる」のですから、二人は、一緒に遊ぶなどの何らかの約束をしていそうです。また、彼が自分が君の記憶の中にいるか気にしているのは、君が本気でこの約束をしたのかどうかについて、確信が持てないからかもしれません。

いずれにせよ、彼の心は空へ舞いあがり、君の住む町へと飛んでいきます。彼が進んでいくのは、ところどころにのん気な雲が浮かぶ青空です。ウキウキした心で、青と白の中を楽し気に進む彼の姿は、美しい海で波のりをしているかのようです。

彼は、君の現状が望ましいとは考えておらず、自分の行動は彼女を救う物だと考えていそうです。彼は、君を救う正義の使者で「お迎え参上!」と言ったところです。彼は、自分の姿を見た君が、子犬のように喜んでくれることを願っているでしょう!

彼女が自分を待っていることを願う姿勢や、恋の浮力が君の町まで持つかどうかを気にする彼からは、少しだけ弱気な姿勢も感じます。そもそも、彼の行動を君が望んでいるかも分かりません。ウキウキした恋の浮力の影に、少しの不安を抱えながら、彼は飛んでる気がしています。
波乗りのイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

この「波のり」の君には、Queenの「Seaside Rendezvous」に登場する少女を重ねてしまいます。「楽しそう!でも、パパに聞かないと」と言う様な。曲時点では、一方通行にも感じられる彼の恋心は、波のりを続けることが出来るでしょうか?

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!