スピッツの曲

スピッツの「テイタム・オニール」の感想を語る。歌詞の意味も独自考察

テイタムオニールのイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「テイタム・オニールは、スピッツの11thアルバム「スーベニア」の収録曲。勢いあるバンド演奏が魅力的な爽やかロックです。

この記事では、そんな「テイタム・オニール」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。君が投じる変化球を、彼はどう捉えるのでしょう?

スポンサーリンク

「テイタム・オニール」とは

「テイタム・オニール」は、スピッツが2005年に発売した11thアルバム「スーベニア」の収録曲。前曲の「自転車」はのんびりした曲でしたが、「テイタム・オニール」は、のんびり感を打ち破る、爽やかな疾走感に溢れたロックソングです!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1テイタム・オニールウキウキロック
曲の爽やかなイメージ

1. 演奏への印象

「テイタム・オニール」の演奏には、ウキウキ&ノリノリな印象を持っています。草野さんによれば、「テイタム・オニール」は少ないテイクでOKが出た曲とのこと。確かに、演奏が整っているのは当然として、それとは別のノリや勢いも感じます。

出だしから終わりまでを爽やかに駆け抜ける演奏には、メンバー全員が楽しく、そしてテンション高めで音源収録している姿が目に浮かぶようですね。演奏の全てが私のお気に入りですが、特に曲のウキウキ感を強める軽快なドラムが心地よいですね。

ウキウキ感と言えば、本格派のバンド演奏の中で浮き上がるオルガンもグッドです。本格派だけでは終わらせない、スピッツらしい遊び心を感じています。また、草野さんの伸び上がる高音ボーカルも最高。まさに、ザ・スピッツの一曲だと感じています!

曲の爽やかなイメージ

 

2. 個人的な想い

「テイタム・オニール」には、爽やかな太陽のようなイメージを重ねています。間奏の数秒を除き、終始勢いを落とさずに駆け抜ける「テイタム・オニール」は、強い高揚感を振りまく一曲。気分を上げたいときに聴くと最高の一曲だと言えますね。

ところで、テイタム・オニールとは、超有名な女優さんのお名前です。この曲には、野球を連想させる歌詞がありますが、同氏が出演した野球映画「頑張れベアーズ」と結び付けて命名したとのこと。主人公の憧れの君にも重なる、良いタイトルです!

また、草野さんが避けているはずの英語歌詞を、ウキウキな感じでこれ見よがしに出してくるところには、スピッツの遊び心を感じます。「え、普段は避けてるのに」というファンの反応を見て、草野さんはしめしめと笑っているかもしれませんね!

憧れの女性のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「テイタム・オニール」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「全身全霊で振れ」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

バットを振るイメージ

1. 考察の前提

草野さん自身が、「テイタム・オニール」は恋の駆け引きを歌った曲だと語っています。今回は、穿った見方をせずにその前提で解釈をしていきます。曲に登場する主人公と君は、それぞれバッターとピッチャーに見立てられているともされています。

このことから、「テイタム・オニール」の物語の基本軸は、君というピッチャーが投げる変幻自在のボールを、主人公というバッターがジャストミートしようと奮闘する物語になります。もちろん、ここでのジャストミートは恋の成就を指しています。

サビでの描写を見ると、彼は何度も恋の挫折を味わっているようです。しかしそれでも、彼は君の投じる虹色の変化球を捉えることを諦めてはいません。以降では、君の心を捕らえようと奮闘する青年の物語を、野球に見立てつつ考えていきます!

彼という青年は、2番サビの臆病な姿を中心としつつも、ただ弱気に震えるだけの存在ではありません。彼の手の描写も、彼がピュアだけの存在ではないことを示していますね。以降では、日陰者として培った全神経を研ぎ澄まし、振りかぶった君の投球を待ち構える彼の姿を考えます!
野球のイメージ

一覧に戻る

2. 臆病なままで

彼と君は、対照的な二人でした。彼は、世界の片隅で生きる日陰者で、君は世界の中心で光り輝く太陽のような存在。君を知ってから、彼は急に孤独を感じるようにもなりました。彼の心は連日連夜、いつだって君のことを考えるようになったのです。

ただし、彼の心は、太陽のような君を日陰に生きる自分が射止めるなど不可能だと囁きます。彼はこれまで、その心の声に怖気づき、遠くから君を見ては憧れ、落ち込むことを繰り返してきました。そう、彼は勝手に失恋を繰り返してきたのです。

しかし今、彼は臆病な心に逆らって、君にアタックすることを決意しました。彼は、恐怖の代わりに君への憧れをその手に携え、ただ全力で君にぶつかるつもりです。彼はこれ以上、臆病な心の声に彼の恋路を塞がせるつもりはないのです。

彼はこれまで、世界の片隅で生きてきました。心の声が彼に囁き続けてきたように、そんな彼が輝く太陽に憧れるのは、身分不相応と言えるかもしれません。しかしこれ以上、君なしの日々に耐えていくことは出来そうにありません。彼は今、臆病さを抱えたままで駆け出しました!
駆け出した彼のイメージ

一覧に戻る

3. 日陰者の矜持

遠くから君を眺めるだけの日々を抜け、君の前へと飛び出した彼。ただ、やはり彼には君の前で堂々と振舞うのは難しいことでした。君の瞳に射抜かれると、彼の心は大きく波打って早鐘を鳴らしますし、体の至る所から冷たい汗も流れ出てきます。

この心は自分の心のはずなのに、まるで自分の言うことを聞いてくれません。彼自身、心のコントロールがこれほど難しいとは思っていませんでした。彼に残った臆病な心は、彼の心に不安の雲を呼び寄せ、彼の心に暗い影を落としていきます。

しかし、もう引き返すことは出来ません。彼には今、全力の体当たりあるのみです。世界の中心で生きる爽やかな男を演出してみても、直ぐに見透かされるでしょう。むしろ彼は、臆病も雑念も憧れも全部ひっくるめて、自分の魅力とするべきです。

彼は、世界の隅っこで暮らしてきたとは言え、人畜無害でピュアな男という訳でもありません。彼は、人並み以上の雑念を抱え、様々な視点で君への憧れを強めてきたのです。そんな彼が、爽やかでピュアな男のフリをしても無駄なこと。彼には、自分らしくぶつかるしかありません!
不安の雲が立ち込める彼の世界のイメージ

一覧に戻る

4. テイタム・オニール

世界の片隅で恋愛と無縁に生きてきた彼には、君は魔球使いの投手のようなもの。変幻自在の彼女に翻弄され、彼の全力のスウィングも今のところ空振り続き。切れ味抜群の君の魔球を前に、彼は毎回のように三球三振で料理されてしまうのでした。

しかし、まだまだ挽回は可能なはずです。打席が回ってくる限り、彼は何度でも君の魔球を仕留めようと全身全霊を込めてバットを振るのです。さあ、間もなく次の打席が巡ってきます。次こそは、あの球を捉えて君を振り向かせることが出来るはずです。

打席に入った彼は、マウンドで悪戯っぽく微笑んだ君に、緊張した声で気勢を上げました。これまでは練習で、この打席からが本当の勝負の始まりです。早鐘を打つ胸で、彼はバットを構えました。あの球をかっ飛ばすイメージを脳裏に描きながら!

私にとっての「テイタム・オニール」は、世界を照らす太陽のような君に憧れた日陰者の彼が、日影者なりの矜持を持って君を追いかける恋の物語。恋に手慣れた君が投じるボールは変幻自在で、彼の打率はゼロ。しかし、彼は決して白旗を上げることなく、全力でバットを振るのです!
バッターボックスに入った彼のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

今回の解釈では、「鐘」を主人公の高鳴る胸の鼓動として解釈しました。ただ、少し物語を組みなおす必要はありますが、プレーボールを告げるサイレンを「鐘」と結び付けて考えるのも面白そうです。色々と想像の余地がある、楽しい一曲でした!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!