スピッツの曲

スピッツの「魔女旅に出る」の魅力を語る。歌詞の意味も独自解釈

魔女旅に出るのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回ご紹介する「魔女旅に出る」は、デビュー3年後のスピッツが放った、ポップな初期の名作ソングの一つ。複数の有名人が、この曲をスピッツのお気に入りソングとしていることでも知られています。

この記事では、幻想的な歌詞が描く世界を考察をしつつ、この曲の魅力を語ります。旅に出る魔女とは、一体、誰なのでしょうか?

「魔女旅に出る」とは

「魔女旅に出る」は、スピッツが1991年に発売した通算3作目のシングル曲で、ひと月後に発売したアルバム「名前を付けてやる」にも収録されています。可愛らしくポップな曲調と幻想的な歌詞が魅力的な一曲で、個人的なお気に入り度は星4.5です。

この曲の歌詞は、初期スピッツに特長的な抽象的世界のエッセンスが満載。こういう歌詞は、天才肌の方を惹きつけるのかもしれません。将棋棋士の藤井聡太さんが、この曲をスピッツのお気に入りソングとして挙げていましたね。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1魔女旅に出るポップなファンタジー

 

「魔女旅に出る」の印象

さて、そんな「魔女旅に出る」に対しての、個人的な印象を語っていきます。以下の3つの要素のすべてに魅力がありますが、個人的なこの曲のハイライトは歌詞だと考えています。この曲は、美しいワーディングが存分に楽しめる一曲ですね!

an image of the song that has to do with a witch

1. 演奏について

この曲が持つ神秘性、奥深い雰囲気を作り出しているのは、ロックバンドとしての楽器だけではありません。この曲には、スピッツとしては初めて弦楽器、ストリングスが強くフィーチャーされていますが、それらがこの曲の世界観の中心にあります。

ロックを好む方には、ストリングスは賛否両論かもしれませんが、ここぞというときに使う分には問題ないと考えています。多用しすぎるとクドくなりますが、私としては「曲が良くなるならOK」。もともと、オーケストラも好きですしね。

ストリングス・アレンジに難点があるとすれば、ライブでの再現が難しいということでしょうか。多彩なメンバーも、流石にバイオリンなどは弾くことが出来ないでしょうし、そもそも彼らには自分たちの演奏パートもありますからね。

夜空が見える野外ライブとかでこの曲を演奏したら、凄く美しいだろうと思います。いつか、オール・ストリングスアレンジのライブとか、やってくれないでしょうかね。ボヘラプみたいに音源を流してもいいかもしれませんが、やっぱり弦楽器は生で聴きたいですね。
an image of orchestra

一覧に戻る

2. ボーカルについて

この曲のボーカルは、草野さん初期独特の歌い方が現れている気がします。この曲が発売されたのはデビューから3年後ですから、既にパンクバンド路線は卒業しているとは思うのですが、どことなく初期のパンクっぽい歌い方が残っていると感じます。

特にその傾向を感じるのは、サビの「ラララ」の部分でしょうか。デビュー前後の草野さんは、あえて鼻を強調する歌い方をしていることがあるように思いますが、この曲のサビにおいても、その傾向を聞き取ることが出来ます。

可愛らしい曲の中で、歌い方が少し尖っているのは興味深いです。ただ、この曲の歌詞と照らし合わせて考えると、主人公には少しばかりの強がりの気持ちも含まれているはずですから、その感情とマッチしていると言えるかもしれません。

この曲では、コーラスワークも注目ポイントの一つです。やはりストリングスとコーラスワークは相性抜群です。美しく重なり合うハーモニーが、この曲の持つ壮大な世界観を広げてくれています。中でも、ラスサビのコーラスワークが、一番の聴きどころだと思います!
曲のアンマッチイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

歌詞に関して言えば、この曲を特別な曲にしている一番の要素でしょう。この曲は、草野さんが「かわいい魔女ジニー」なる魔女っ子ストーリーをもとに作り出したらしいですが、私はその話を見たことがないので、その設定は考えないことにします。

この曲のテーマは、「魔女旅に出る」という曲のタイトルを考えれば、「旅立ち」であると考えて問題ないでしょう。ただ、旅立っていく魔女は誰で、その人物が魔女と呼ばれている理由については、解釈が分かれるかもしれません。

私としては、旅立つ人物は、温かな親の庇護のへ飛び出していこうとしている若い女性だと解釈しました。無限の可能性を持った女性は、殆ど魔法の様な存在。だからこそ、その女性を魔女だとしているのではないでしょうか。

私は、魔女はあくまで比喩と捉え、この曲を「一人娘を送り出す親」の心境を歌った歌として聴いています。例えば、寂しい気持ちを抑えつつ、を喜び、その輝ける未来を願う歌。曲全体を覆う優しい雰囲気は、恋人というより家族に向ける種類の愛情だと感じます。
an image of daughter and father

一覧に戻る

 

歌詞の世界を妄想する

ここからは、「魔女旅に出る」のストーリーを、実際に歌詞を追いながら考えてみます。この曲のテーマは、先述の考えを踏襲し、「愛娘の旅立ち」としました。このテーマを考えるにあたり、以下の3つのトピックを準備しました

これはただの妄想であり、他人に押し付ける物ではありません。この曲を楽しむための私なりの妄想というだけですから、ご容赦ください

1. 登場人物とその関係

この曲に登場するのは、僕と君の二人です。それぞれ主人公と魔女だと考えてよいでしょう。この二人の関係性については、今回は親子関係として考え、主人公は中年、魔女は少女から女性へと成長するくらいの年齢であるとしました。

彼にとっての君が「魔女」であるのは、様々な理由が考えられます。未来を自由に描く将来性の輝き、一緒に人生を歩んできた喜び、そしてこの世に生まれてきてくれた奇跡。彼からすれば、君にまつわる全てが、魔法のようなものなのでしょう。

一方、彼の大切な魔女は、父親を愛する心優しい女性だと思います。彼女は、旅立ちを前に涙を流しているようですが、この涙は惜別の涙のはずです。また、最大の愛情を受けて育った彼女が、優しい女性にならないはずがありません。

歌詞による根拠のない妄想ですが、君は一人娘だと考えました。君は、主人公にとって待望の我が子であり、目に入れても痛くないというほどに愛情を注いできました。彼の愛を受けた愛娘も、愛情と思いやりに溢れた女性へと成長しました。そして、物語が動いていくのです。
an image of his daughter who is so kind and cheering

一覧に戻る

2. 旅立つ娘への想い

この曲は全体として、主人公である父親が、愛娘の旅立ちを見送る際の心境を歌った歌だと考えています。そんな心境を歌った曲として、メロの歌詞を考えてみます。まずは、歌詞冒頭で登場する「苺の味」が何を意味しているか、から始めましょう。

苺は、甘みもありますが、意外に酸っぱいです。私が子どもの頃も、苺シロップなしでは食べませんでした。そんな苺が象徴する物は、甘さと酸味を兼ね備えた物であり、それは当然、旅立っていく魔女に向けられた感情を示しています。

「愛娘の成長は嬉しいが、まだ自分の下を離れるのは早いのではないか」という感情かもしれません。しかし、最終的には君の背中を見送ることを決意しています。甘くも酸っぱい葛藤を越えて、彼は魔女の旅立ちを祝福するのです。

サビ直前の「手を放す」という歌詞は、魔女の旅立ちを見送る姿勢を表しているのかと思いますが、同時に魔女が自分の保護下から出ていくことを示唆しているようにも思えます。そんな彼はサビにおいて、寂しい気持ちを隠したポーカーフェイスの猫の顔で、君へ語りかけます。
苺の酸っぱいイメージ

一覧に戻る

3. ガラス玉の世界

2番のメロは、主人公が愛娘に向けたエールだと考えてもいいかもしれませんね。ここに出てくるガラスとは、何でしょうか。私はここでのガラスは、純情さや、少しだけ現実を知らない未熟な物の象徴として使われているように感じます。

子どもは、キラキラ光るガラス玉を喜んで集めたりします。ただ、ガラスには、ダイヤモンドのような価値はありません。しかし、子どもたちにとって、そんなことを語るのはナンセンスの極みでしょう。ガラス玉は、彼らを確実に笑顔にするのです。

ガラス玉の世界が消えるというのは、子どもの頃のような自分自身の価値観をベースにしていた愚かな世界に幕を下ろし、自分以外の主体が指定する価値観をベースにする賢い世界へと旅立っていくことを意味しているのかもしれません。

現実に直面すれば、幼き日に見た夢や憧れを愚かな物と捉えてしまうかもしれない。でも本当は、その幼き日の想いこそが君を照らしてくれる太陽だから、大切にしてほしい。2番前半の歌詞は、主人公のこういった想いが込められているのではないでしょうか。
ガラス玉の世界

一覧に戻る

4. いつでも頼れる光

サビ直前で歌われる「まだら模様」とは、一体何を意味しているでしょうか。私には、アレコレ手を出したどっちつかずの色の集合体を表しているように思えます。つまり、あまり良いイメージがある言葉であるとは考えていません。

そんな迷いや雑念としての「まだら模様」を振り払って、幼き日に描いた夢を胸に灯して、険しい道を歩んでいってほしい。サビで歌われる気持ちは、主人公からのこんなエールであると捉えることができないでしょうか。

また、歪んだ鏡の世界とは、自分の姿を正しく見ることが出来ない世界の象徴かもしれません。適応を優先し、幼き日に見た愚かな憧れを忘れていく世界。主人公は、愛娘にそんな世界とは別の、自分の世界を生きて欲しいと願っている気がします。

旅立っていく彼女は、一人で世間の冷たい風を受けることに不安を感じているはずです。しかし彼は、優しく言うのです。ここはいつでも君が帰る場所だから、思う存分頑張っておいで、と。そんな言葉に涙しながら、彼女は一歩目を踏み出していくのではないでしょうか。
魔女旅に出るの旅立つ君のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

「魔女旅に出る」は、スピッツの奥深い世界観が楽しめる一曲です。私自身は、「深い愛情で結ばれた親子」をテーマにしてみましたが、もちろん恋人関係で考えることもできるでしょう。貴方は、どんなストーリーが一番しっくりきますか?

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!