スピッツの曲

スピッツの「魔法のコトバ」の感想を語る。歌詞の意味も独自解釈

魔法のコトバのPVに出てくる扉のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「魔法のコトバ」は、スピッツの12thアルバム「さざなみCD」の収録曲。スピッツの温かさと優しさが詰まった、素晴らしいラブソングです。聴いているとウキウキしてくるのも、いいですね!

この記事では、そんな「魔法のコトバ」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察。君との再会を楽しみに日々を進む青年の物語を考えました!

スポンサーリンク

「魔法のコトバ」とは

「魔法のコトバ」は、スピッツが2007年に発売した12thアルバム「さざなみCD」の収録曲。前曲の「P」は静かな闇夜を感じさせるバラードでしたが、「魔法のコトバ」は、太陽の光に満ちた世界が広がる、心の栄養満点な楽曲だと感じています!

曲名コメント一般知名度お気に入り度
1魔法のコトバ人生の友
曲が持つ爽やかなイメージ

 

「魔法のコトバ」の印象

「魔法のコトバ」は、一般知名度も高い大人気曲です。なお、曲のリリース時点ではスピッツ史上初の、映画用に書き下ろされた曲でもあったようです。以降では、そんなスピッツの新たな扉を開いた一曲、「魔法のコトバ」の魅力を語っていきます!

1. 演奏について

「魔法のコトバ」の演奏には、柔らかさと力強さという相反する要素を同時に感じています。柔らかい印象は優雅な広がりを持ったストリングスのアレンジから、力強い印象はそのストリングスの土台となっているバンドサウンドから感じる要素ですね。

ただ、「魔法のコトバ」の演奏の魅力は、それだけに留まりません。その演奏には、上述した二つの要素に加え、「キラキラ感」と「ウキウキ感」を感じるのです。「キラキラ感」に関しては、曲終わりまでテロテロと鳴るピアノに感じる要素です。

「ウキウキ感」は、Cメロ部分のドラムに感じる要素。「1,2,3,4」の4拍全てで叩かれるドラムには、頂上に向かって登っていくような高揚感を感じます。Cメロのドラムがウキウキを生むと言う点で、後年の「大好物」と同じ雰囲気がありますね!

また、間奏のギターソロも大のお気に入りです。穏やかなリズムと音色に合わせて、体を揺らしたくなりますし、ギターに合わせて「ラララ」と歌いたくもなります。優しい気持ちが溢れ出してくるギターソロは、私に音楽の力を強く感じさせる、栄養満点の演奏だと感じています!
曲に感じる爽やかで優しく温かなイメージ

一覧に戻る

2. ボーカルについて

もちろん、「魔法のコトバ」のボーカルも素晴らしいです。サビでは、かなりの高音域が連発されますが、草野さんには苦境ではなく本領発揮の場。サビを中心に、柔らかく膨らみのある、それでいて芯を感じる輝く声を堪能することが出来ますね。

少し掠れ気味のハスキーな低音が主役のメロに始まり、徐々に輝く中音が顔を見せ、サビでは明るい高音が輝きを放つ。草野さんの声の魅力がその高音域にあるのは当然ですが、メロの低中音の声も素晴らしい。草野さんの声は、まさに私の理想の声です。

曲の柔らかい雰囲気を作る、要所要所のコーラスワークも素晴らしいですね。特に、サビでのコーラスは、背後で流れ続けるストリングスの優しい音色と溶け合って、温かな世界を作り出しています。膨らみや優しさを作り出す、ナイスなコーラスです!

「魔法のコトバ」は大好きな曲なので、カラオケでも頻繁に歌います。また、私はこれまで、何度か歌手オーディションに応募したことがありますが、その際に「魔法のコトバ」を選曲したこともあります。簡単な曲ではありませんが、歌っていると心がワクワクしてくる曲だからです!
ウキウキ、楽し気な曲のイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

歌詞ではやや口語的な表現が採用され、真面目過ぎない温かさを醸し出しています。この絶妙なバランス感が、スピッツの歌詞の魅力の一つです。また、メロ部分には悲し気な描写が続くのに、曲は幸せで満たされているのは、殆ど魔法的ですね。

ところで、カタカナは本来、外来語に当てはめる文字だと言えるでしょう。つまり、感覚的には「見慣れない違和感」に対して使用する文字。そして、この曲のタイトルは「魔法の言葉」でも「魔法のことば」でもなく、「魔法のコトバ」なのです。

このことが、サビのフレーズに繋がってくるのだと感じています。他の人には意味が分からないコトバだけれど、二人の間では意味のある言葉。二人だけの秘密、「コトバ」を共有できる喜びが、言葉のカタカナ表記に込められていると感じています。

「魔法のコトバ」は、本筋はラブソングですが、生き方を考えるうえでグサグサ来る表現が多いとも感じています。例えばサビの夢の話では、その実現に重要なのは時間のあるなしではないよなと勝手に感じています。また、万物に美しさを見出そうとする、Cメロの姿勢も好きです!
苦境を越えて輝こうとする主人公のイメージ

一覧に戻る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「魔法のコトバ」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「コトバの力で進め!」としました。なお、そんなテーマを補足するためのトピックとして、以下の4つを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

仰々しくない、シンプルなコトバのイメージ

 

1. 考察の前提

「魔法のコトバ」は、大切な君を想う主人公の物語。主人公と君が、お互い大切に想いあう親密な関係だったのは間違いありませんが、恋仲だったかどうかは微妙です。個人的には、主人公から君への片思いだったとした方がしっくりきますね。

ところで私は、「魔法のコトバ」に人生応援歌的な要素も感じています。そこで、曲中で明示されない二人が離れ離れの理由は、それぞれが夢を追う人生を始めたからだとして解釈します。彼は、夢の道で苦汁をなめつつも、君への想いで復活するのです。

1番と2番のメロにあるように、君なしの彼の日々は辛いものです。ただそれでも、彼は君と交わした会話の端々、大切な「魔法のコトバ」を抱いて日々を渡ります。彼は、約束ではなく自然の流れが、いつか再び二人を引き合わせると信じているのです。

1番と2番のメロを見るに、主人公の人物像は、世界の中心で声を張り上げるようなタイプではなく、自己主張が苦手で世間の隅で縮こまっているようなタイプでしょう。以降では、そんなやや弱気な主人公が「魔法のコトバ」を胸に抱き、君との再会を楽しみに生きる物語を考えます!
苦難はあれど、心は温かく生きる主人公

一覧に戻る

2. 遠くを見つめ

彼は今、この街で一人で暮らしています。君と離れ離れになって、随分と長い時間が経ちましたが、君なしの生活は、相も変わらずに辛く悲しいものでした。世界の中で吹く風は冷たく、彼の心を凍えさせます。ああ今日もまた、寒き一日でした。

悲しいことばかりの日々で、彼の心の堰には涙が押し寄せています。何とか必死にこらえている彼ですが、時にはその堰が決壊してしまいそうなこともあります。そんなとき彼は、遠く離れた、しかしいつか来るはずの楽しい未来に思いを馳せるのでした。

いつか来るはずの、君と一緒の日々。彼が寒い毎日を必死に渡っているのは、今歩いているこの道が、その未来に繋がっていると信じているから。彼は、君とのやり取りを何度も思い返しながら、やっとのことで日々を渡ってきたのでした。

彼は、君と離れ離れになってからというもの、その存在の大きさを痛感していました。もちろん彼は、昔から君が大好きでしたし、君を大切に想っていました。しかし、これほどまでとは。君の想い出がくれる温もりを抜きにして、彼が世界を渡ってくることは出来なかったでしょう。
彼が君の想い出を振り返るイメージ

一覧に戻る

3. 苦しいけれど

全力で日々を生きる彼。ただ、彼の努力が実ったかといえば、そうではありませんでした。彼は毎日、彼が望む未来に近づこうと全力を尽くしてはいましたが、世界に彼の声が届いた気配はないのです。そんな彼が手にするのは、失望と疲労だけでした。

そんな彼の生活は近頃、どうも荒れ気味になっていました。連日連夜、一日が徒労に終わった失望を抱えてねぐらに戻り、泥のように眠るだけ。悲しみは夢の中にまで押し寄せ、彼の枕を濡らすのでした。彼の心は、間違いなく摩耗していました。

最近の彼は、時折、空を見上げたりもしています。離れ離れとはいえ、この空の下には間違いなく君がいるのです。本当なら今すぐ君に会いたい。ただ彼は、今がその時ではないと分かっています。都合のいい想いは空に預け、ただ歩いていくのです。

君と会いたい気持ちは山々ですが、まだ時期尚早。彼は、君との再会に飛びつくのではなく、それを引き寄せるべきなのです。この空の下、君は全力で生きているはず。だから彼もまた、脇見せずに、ただ全力で生き続けるべき。似た者同士は引き合い、必然的に再会も叶うでしょう。
彼が見上げる空のイメージ

一覧に戻る

4. 魔法のコトバ

時には、多忙にかまけ真の望みを忘れることもあります。もうダメだと思うこともあります。しかしそんな時でも、彼には「魔法のコトバ」があるのです。それは一見、深い意味など無さそうなコトバですが、二人の間では特別な力をもったコトバ。

自暴自棄にならずに「魔法のコトバ」を胸に浮かべれば、彼はどこまでも歩いて行けるはず。そのコトバの力は絶大で、全ての物事の明るい面を見せてくれます。例えば、今のトゲだらけの日々すら、長い目で見れば成長の糧となると思えてくるのでした。

そのコトバの力は、半分以上は思い込みかもしれません。それでも、再会した二人が語り合って新たな魔法を生み出すまで、その力が消えることはありません。彼は今日も、歩いていきます。この道の彼方では、大好きな君が彼を待っているでしょう!

私にとっての「魔法のコトバ」は、大切な君と離れ離れになった彼が、日々を全力で生きて、将来の再会に備えようとする物語。二人に明確な約束はありませんが、二人が同じ生き方をしていれば道は自然と交わるはず。その時まで、彼は「魔法のコトバ」の力で進んでいくのです!
自分の道を歩いていくイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

私は、「魔法のコトバ」の歌詞に自分らしく生きる勇気を貰っています。彼は、疲れ果て落ち込むこともあれど、胸に抱いた大切なコトバの力で復活し、前向きに日々に挑んでいくのです。その姿勢は、信念を胸に挑戦しようとする私の刺激になります!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!